« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

グランドゼロ

Imgp2076_2

どうやったなら、大きなお魚さんを釣り挙げられるかと考えながら資料を整理していると、懐かしい、よく通ったニューヨークジャズで名を馳せているbirdlandのパンフレットが埃にまみれて出現。

2000年12月、
奥さん同伴でテキサス州サンアントニオでの学会の出席後、シカゴ経由で何回も通ってるニューヨークに遊びに行った際貰ったもの。

ジャズライヴ通の間ではよく知られた所、時々そこで実況録音された曲が日本でもtv,fm等で流れている。

その時は確か、マンハッタンはミッドタウンのとあるコンドミニアムに宿を取った。

アンティークショップ巡り並びに、よく行く所の一流のジャズライヴ演奏を聞かせる、blue note 、birdland辺りが一般の人には名の知れた所だった。

ジャズには人一倍、拘りがあった。
貧乏学生時代によく、当時のジャズ喫茶とやらに悪友らに連れて行ってもらったが、其の頃聞かされた曲に皆さん酔いしれていた様だが自分は何の感慨も無かった。

その後、
ジャズの良さは日本人ではなかなか理解困難であり、特にライヴ演奏でなければ全く面白くなくなった。

録音された曲は、
愚生にとっては丁度、時代遅れの絵画、アートと変わらず、冷めたコーヒーにたっぷりのクリープと砂糖を入れて無理やり飲まされている様なものになってしまった。

従って、今でもジャズに関するcd、dvdは持合せてない。

悪趣味を披露する気など勿論無いが、

シカゴの古汚い、危なっかしい、小便とビールの匂いの交じり合ったジャズ、

ニューオリンズの軒並み連なるフランスの影響をも受けた色んな年代、色んな民族性を基調とした陽気な音楽と人種の混じりあったジャズ、

とあるマンハッタンの薄暗い、あまり綺麗じゃない、小さな一室で神経質なまでの研ぎ澄まされた繊細なラッパとタイコだけのジャズ等々。

そこには、
才能豊かな演奏者と客とのやり取りがあり、間違いがあったり、頑固で個性的な、損得抜きの強烈な自己主張があり、そして、何よりも驚くような、身震いする様な、新鮮なアドリブが山ほどあった。


9ヵ月後の2001年9月11日、
ニューヨークがテロに見舞われる。
グランドゼロ近くの親しくしていたアンティークショップの親父らにメールを何回も送ったが返事はどれも返って来なかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

真夏の渓流釣り

Imgp1940

7月25日、久しぶりの晴天ゆえ、釣行する。
新緑が眩しく雪渓も殆ど消えていたが水温は可也低かった。
結果は大満足、ただ、今年は昨年に比べて熊の糞をあまり見かけない様な気がしたが気のせいだろうか。

Imgp1925_1

朱色の鮮やかな、釣り師を魅了してやまない見事な捕食行動、そして暴れまくるが数分で終わる。
然し、一つの溜りでアメマス、ホウライマス等と共存している場合、最初に飛びついてくる事が多い様に感じるのは愚生だけだろうか。

Imgp1970

見事なホウライマス、めったに釣れることは無いがその美しさは喩えようの無い位。
難しいのはこの時期、皮膚に可能な限り触れる事無く針をはずしてやる事だが。

Imgp1983

所謂、アメマス、その獰猛さは例え様が無い。
その昔、渓流釣りをしていた所、目の前、数メートル位の川の水面に蝉が飛んで来て落っこちたので、手竿を持ち替えグリップエンドでその蝉を引き寄せ捕まえようとしていた所、突然何処からともなくイワナが飛び出て来てアッと云う間に銜えて水中に逃げ去った事もある凄い奴だ。

又、ある知人が釣り挙げた大小様々のアメマスを移動中、50cm位のアメマスが小さい20cm位のアメマスを飲み込みでしまった事、釣り挙げられた大きいアメマスから小アメマスの他にヤマベ、ニジマス等が喰われている事は時々散見される。

友人、知人らの内、何人かはここいらの水系で80-100cmを超える大物、特に最初は丸タンボと勘違いしたらしいが、ペアでゆっくり遡上するドデカイアメマスを秋に見かけた事も過去にあるらしく釣り師を魅了してやまない。


北海道開発と称して、明治政府以降、無茶苦茶な環境破壊が現在も進んでいる中、何とか後世に残したい素晴らしい自然がまだ北海道には沢山ある。

よく引き合いに出される、
世界中の釣り師が集まるカナダでは、民族性、国土面積の違いもある事は事実だが、見事なまでの自然環境が整備されマナーも徹底している。
一例として、釣行する前にライセンス取得するが、スチールヘッド釣りの場合も、最初に必ずガイドからネイティヴか人口孵化した魚かの見分け方、針のはずし方、逃がし方etcを教わり、其の釣課報告書は日本にまで送られ返送することになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

男の三種の神器

Imgp1794

男として持つべき物と云う事の様だ。
その三種とは、時計、ライター、万年筆と言われはしたが良く考えてみると其の業界筋のプロパガンダ臭が漂ってくる。
その昔、時計がオメガで、ライターがロンソン、万年筆はパーカーと言われていた。

時代が変わり、各々、ロレックス、ダンヒル、モンブランと誰かが勝手に決めたらしいが。
愚生の3種の神器は各々、casioの安物の防水時計、ライターは100円ライター、但し、万年筆はモンブランだが、マイスターシュティック146ではない。

昭和47年、友人より頂いたこのモンブランは使い始めの頃はペン先になじめず、やや太目の握り感覚がしっくりせずはっきり云って全く馴染めず一時ボールペンに変わったこともあったが次第に其の感覚が自分流にぴったりとフィットするとこれが素晴らしい書き味となった。

一般に、よいペンは年を経てからなんて考えているけれども、20代に持ったという事は後の数十年、毎年変わる充実感をたっぷり感じさせてくれる机上の一品となっっている。

今でも重要な診断書、契約書etcは出番である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

生物としての顔

Imgp1725
釣り針を銜え暴れる、獰猛で精悍な顔付のニジマス君。
見た目の美しさと繁殖力の強さ、釣り味等から、数世紀前に、傲慢なアングロサクソンがアフリカはキリマンジャロのとんでもない山奥にある川に迄放流し、釣りを楽しんだと云う、有名な釣り歴史の一頁を飾ったお魚さんでもある。

其の関連からか、ニュージーランドでもニジマス釣りが盛んだが、釣り竿から直結する釣り方は厳禁されている。
当然の事ながら違反した場合は、詳細は忘れたが可也のペナルティが設定されていたと思うが。

Imgp1730
其の釣り針に掛かったニジマス君から見える憎っき、釣り師のニヤケタ、惚けた顔、

’あいつが殺人犯、否、ならず者の殺魚犯だな、ようし何とか逃げてやるぞ’と、言ってるかな。

20066_080
カレイ釣りの際、ヘタクソ釣り師によく掛かる愛嬌のあるカジカさんの顔、しかし、釣り師には何故か’外道、雑魚’呼ばわりされている。

          人権ならず、魚権を無視された嘆き節が聞こえる様。

2006_072
        春眠中を起こされた、眠たそうな、とあるカエル家の親子さん。

Imgp1425
殆んど、食欲と睡眠欲しか頭に無い、やや若年性認知症ぎみのソクラテス気取りが可笑しい我が家のヤギさん。

Imgp1707
    ’腹減った’、’オッパイを飲みたい’と威張る小僧、

    
     等々’進化の過程で上方に位置する程に表情が豊だよ’、

なんて生物学者が勝手にノタマッテいるが、さて数億年後には,,,,,,,,,?

ひょっとして地球上には生物としてのヒトは化石位いでしか存在しえないのでは,,,,,,?
但し、地球が存在してのお話,,,,,。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

道南の釣り

Imgp1670

7月1日、早朝、ワールドカップのウクライナvsイタリア戦をラジオで聞きつつ高速道路を急ぎ、室蘭の若僧君の自宅に寄り、無理を聞いてもらい同乗させて頂き、函館より彼方の涌き元漁港に向かう。
道南に限らず、北海道では名の知れた釣り名人の大政家さん(http://plaza.rakuten.co.jp/turinituki)に紹介された’さと丸’に昼より乗船し、初めてヒラメ釣りをする。
若僧君は二回目のヒラメ釣りで見事に10匹を釣りあげ、愚生5匹であった。
後半はマコカレイ釣りに挑戦、夕刻まで楽しむ、釣果はそこそこであったがきれいな景色と船長の会話が楽しかった??

この朴訥で御高齢な?船長、懇切丁寧に釣り方を指導してくれるのだが専門用語を多用、アクセントが一般人と異なり、非常に難しく、漁師特有の方言に加え、理解困難なフレーズがあり、特に早口で喋るとさっぱり理解できず、まるで異邦人とお話している感じ、しかも此方の質問とチャンネルが一致せずマイッタ。

船長にしてみれば、きっと自信と経験に裏打ちちされた独自の世界があるはずで、其の中に入れない愚生のようなヘタクソ釣り師をなんとか教えてやろうとの一心だったはず。

Imgp1669

翌2日、早朝、函館ドックよりディープワン号に大政家さんらと乗船、木ノ内前浜沖、涌き元前浜沖でマコカレイ釣りに挑戦する。
9時頃より天気が急変し、風波が強くなり時化模様となる。
函館山横の風を凌げるポイントに移動し再度の釣り、時々上空をJAL旅客機が行き交う。
Imgp1682

此のかわいい顔をした、外道のフグが釣れた。

q:食べれないの?
a:食べる人もいるけれど,,,,笑い,,,,.

q:なんて云うお魚さん?
a:ササフグだ、こいつが釣れだすとマコカレイ釣りは駄目、11月になったなら数は釣れないけれど、40cmを超える大物釣りができるよ。

昔、京都でよく食べたフグ料理だが、肝臓、卵巣等に強烈なテトロドトキシンと云われる神経毒素を含むお魚さん。

このテトロドトキシンより抽出された注射薬があったが安全域と中毒域が狭い薬剤の一種、詰り、薬と毒は紙一重か。

大昔、秀吉が朝鮮出兵の際、兵士がフグを食べよく死んだので、フグ料理を禁止にしたそうな、所が明治に至り、伊藤博文がとある料亭でふぐ料理を食べた所あまりにも旨いので解禁したとか、有名なお話があるが真偽の程はさて?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »