« 社畜 | トップページ | ホーキング博士曰く »

2006年11月30日 (木)

山本一太という男

Imgp3679

山本一太という多弁で、テレビ出演の多い国会議員がいる。
tv朝日放送の番組、「朝まで生テレビ」でも、特に印象的な事があったのを憶えている。

国論を二分した2003年、アメリカのイラク侵攻に際し、寺島実郎氏らが,アメリカの介入により、内戦状態になる危険性があり反対の意見を述べたのに対し、’山本一太議員はアメリカのイラク戦争を熱烈に支持し、しかも大量破壊兵器はいずれ見つかる’とまで断言してしまう。

その後、2006年に至り、止せばいいのに,
’あの時はアメリカを支持するしか他に選択肢はなかった’と、いとも簡単に前言をくつがえしてしまった。

言葉のお遊びではない、これが国の命運をになった国会議員の現実の発言である。

この男、例えて云うと大学の政治、経済ゼミの延長線上の気軽で無責任、目立ちたがり屋の学生程度のレベルか。

山本一太を選んだ選挙民自体も笑いものになっているが、群馬の有権者は事の重大性をもっと認識しなければなるまい、こんな政治家がいる事自体、日本の危機でもある。

Imgp2799

あの昭和初期、第二次世界大戦に突き進んでいった軍首脳、政治家らの方がまだ、是非はどうあれ、肝は据わっていたし、ましてや重要決定を翻す事は決してなっかた。

そして、責任をとった筈である。

それに比較し、言葉の重要性を無視した国会議員、己の言質に何等責任を有せず、しかも最低限の先見性、バランス感覚をも有しない人物に大きな喪失感を抱くのは果たして愚生だけであろうか。

この山本一太なる者、政治家になるという事の最低限の意味すら理解していないばかりか、国会議員としての資質を論ずるのであれば未熟性以前の、能力が欠如しているのではないだろうか。

世襲議員問題を含む、政界の人材不足はここまできている。

|

« 社畜 | トップページ | ホーキング博士曰く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/4368094

この記事へのトラックバック一覧です: 山本一太という男:

« 社畜 | トップページ | ホーキング博士曰く »