« サダムフセインの手紙 | トップページ | 沸元漁港へ »

2007年1月 1日 (月)

リサ・ランドールの5次元宇宙

11imgp4131

NHK、御正月テレビ番組で、リサ・ランドール博士に宇宙飛行士の若田さんがインタビュー、放映されていたが最後の数分間ほど見ることが出来た。

現在、人類の存在している所は3次元だが宇宙には時間軸と、他に別方向の未来軸があり5次元宇宙を形成しているとし、我々の宇宙は途方もない規模の5次元宇宙の一部であるとする論理を展開していた。

もしも、
キリストが、釈迦が、或いはアッラーの神様達がこの仮説を聞き、理解し得たなら失神してしまうか。

そして、もしも事実なら失業してしまうかも。

聞くほどに難解な理論だが、我々ちっぽけな生命体は今、現在3次元に存在していると云うべきか、存在しているはずだが?

愚生にとっても実感として全く理解不可能であり、誰か判り易く説明してほしい。

ニュートンの力学からアインシュタイン相対性理論、ホーキング博士宇宙論、そしてリサ・ランドール博士の5次元宇宙論と今、世界中から最も注目されている理論物理学者であり、今年中にスイスで実験を行う予定らしい。

独創性並びに想像力に富んだすばらしい科学者の様にお見受けした。

最後に、今後の重要な3つの単語を上げた。

探究心、

理解力、

友情、

もし、立証されたならsfの世界ではないが、時空を超えて行き来が可能となったなら、現在の科学、生物学をはじめ宗教、哲学に至る大変革が・・・・・

なんて新年の夢の又夢・・・・・。

是非、子供達に見せたい番組。

|

« サダムフセインの手紙 | トップページ | 沸元漁港へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/4761820

この記事へのトラックバック一覧です: リサ・ランドールの5次元宇宙:

« サダムフセインの手紙 | トップページ | 沸元漁港へ »