« 松下村塾と松下政経塾 | トップページ | windsor hotelの麓でカレイ釣り »

2007年3月26日 (月)

城山 三郎氏の事

Imgp5229

既に故人となられた氏は二十歳前に海軍に入隊するが、其の想いは忠君であり愛国だったと述べている。

しかし、そこで行われていた事は全く無意味な上司による新兵への暴力、虐めであり棍棒が振るわれる現実をかいま見、軍隊組織の中での大きな矛盾に突当る。
そこで大義名文の怖さ、組織の恐ろしさを文章に書き残す事に着手したとされている。

そして愚生にとっても名著、「大義の末」が出版される。

リーダー論も色々書かれたようだが
「落日燃ゆ」では広田弘毅の事を国家の政策に反対しながらも、責任を取りA級戦犯として処刑された人物として記した。

又、個人情報保護法の審議では、
自民党と連立政権を組む公明党から出された法案だが、要は出版ジャーナリズムの新潮社から出版される其の宗教団体のトップを批判した記事をこの法律によって抑えたいもくろみが露骨に見え隠れしていたが、この天下の悪法に対し断固反対の立場を貫き通した。
しごく、当然の事であり、それを無視したジャーナリズム、ダーティな政治家に日本の後進性が如実に表われている。

振れの無い、信念の男と云った印象が強烈に残っている。

又、「先の戦争で得たものは憲法だけだ」(朝日新聞引用)と述べたとも云われる。

Imgp5051

氏が書かれた事は、崇高な倫理、正義であり、人が生きる事のある種の道しるべであり、物凄い勢いで変化をとげる国家の行く末を案じての事だったのだろう。

司馬遼太郎氏と共にこの歪みつつある日本を深く、鋭い眼で察せられていた。

済んだ眼と真っ直ぐな背筋が忘れられない。

忘れてしまった本も多々あるが、引っ張り出して又、読み直そうか。

|

« 松下村塾と松下政経塾 | トップページ | windsor hotelの麓でカレイ釣り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/5820596

この記事へのトラックバック一覧です: 城山 三郎氏の事:

« 松下村塾と松下政経塾 | トップページ | windsor hotelの麓でカレイ釣り »