« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月25日 (水)

windsor hotelの麓でカレイ釣り

Imgp3112

22日、豊浦漁港より西方の静狩に向い、春のマガレイ釣りに挑戦する。
釣果は10匹前後で大物は釣れず、まだ早いとの事であった。

知床半島ウトロ側を想わせる、素晴らしい景観の断崖絶壁には常緑のトド松、真柏が冬枯れした斜面に自生していた。

船上より微かに視えた、円空仏を安置している岩屋観音と云われる小幌洞窟には松浦武四郎らも訪れたと言われているが、今度、陸路で一度見に行ってみようかな。

済んだ噴火湾で春霞の中、大満足の一日であった。

翌日、サミット開催が豊浦漁港より山頂に見えた洞爺湖のウィンザーホテルで決定との報道を聞く。

同名のwindsor hotelは経営者は異なっているが世界各地に建てられている。

ニューオリンズにもあったし、スイスはジュネーヴのレマン湖近くにも確かあったはずだ。

ニュージーランドのmercure hotel windsorはオンボロでエレベーターが遅く、停止するとガクンと反動がくる旧式であったが、オーストラリアはメルボルン市街のwindsor hotelは17,8世紀の古い絵画も展示され、又、建物自体、歴史の重みを強く感じさせる素晴らしいホテルだったなー。

それに比べこの洞爺ウィンザーホテルは
成金趣味のド派手なキンピカで、拓銀を喰い殺しちゃた俗に云われる、ベンツを乗り回し、黒い服を身にまとった、得体の知れないバブルに踊った輩が他人のお金で建てた挙句に廃墟と化してしまった、北海道の代表的な負の遺産であったのだろう。

現在、バブルの自称紳士らはその殆どが収監されているか、自己破産宣告しているらしく一般社会から隔離されていると云われている。

なのに、
寄りにもよってこんな如何わしい、悪趣味の、いわく付きのホテルでサミット開催なんて何を考えている事やら・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »