« 日高山系、6月の渓流釣り | トップページ | オショロコマとdolly varden »

2007年6月28日 (木)

熊本 典道氏の心

2imgp5268

6月25日、
耳を疑う様な報道。

袴田事件の第一審を担当され、死刑判決を下された裁判官のお一人である、熊本 典道氏が陳述書を添え、再審開始を求める上申書を最高裁に提出された主旨。

遂にまともな人間が法曹界から現われたか、嬉しい限りである。

愚生、学生時代に興味を持った、狭山事件、そしてこの袴田事件と、誰がどの様に、常識的に考えても無罪とすべき事件を何故、かたくなに有罪としつずけるのか大きな疑問であった。

結果、これ等の判決に関わった裁判官たる者の人間性に対する大きな疑問、そして裁判所とは一般世間で言われる所の最低限の正義感等を持ち合わせていない人間の集合体の様にも思われた。

考え過ぎかもしれないが、猛勉強で最難関と言われる合格率数%の司法試験にパスした裁判官の資格を有する人達は、裁判所という組織の中で唯、盲目的に従属する事を暗黙に強制されているのか、或いは、自己保身のためなのか、或いは、最高裁トップを目差す出世競争の為にのみ心血を注いでいるか。

判例から察するに、超保守的、右より、事勿れ主義が蔓延りあまりにも後進性が目に余る思考構造にうんざり感が漂う。

Imgp6120
この日本の’闇’とも思える法曹界に切り込んだ、熊本 典道氏は今後の展開を深慮されている事と思われるが、

「可能ならば袴田氏無罪の陳述を行う為、最高裁判所に出廷したい」主旨も述べておられる。

3人の裁判官の合議制の為、自らは無罪と判断したが他の2人は死刑とした為、第一審後の熊本 典道氏の心を察するに気の毒なほど揺れたに違いない思われる。

立派なお覚悟だ。

故、城山 三郎氏は文字で、’人としての崇高な倫理、正義、そして生きる上でのある種の道しるべ’を提示されたが、69歳になられた熊本 典道氏の今回の行動は颯爽としており、両者に共通する人間性を感じ取る事ができる。

賞賛に値する行動だ。

|

« 日高山系、6月の渓流釣り | トップページ | オショロコマとdolly varden »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/6955944

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本 典道氏の心:

« 日高山系、6月の渓流釣り | トップページ | オショロコマとdolly varden »