« オショロコマとdolly varden | トップページ | 豊饒の海 »

2007年8月 4日 (土)

安倍晋三論

Imgp2100

身内に総理、閣僚経験者を持ち、小、中、高、大を成蹊大で終え、Long Beachの語学学校に通い1978年、南カリフォルニア大学に入学許可されるが翌1979年、未卒業でdrop outした経歴の持ち主。

其の後、神戸製鋼に入社、外務大臣であった父、晋太郎の秘書から、衆議院議員となり、小泉首相後の現在に至っている。

司馬遼太郎は長州人論として、

「戦国期には’中国者の律儀’といって毛利と同盟すれば裏切らないと大名のあいだでは評判であった」と述べている。

一般国民も同様に、長州人のある意味での誠実さ、そして幕末期の革命を演じた行動力に似せ、同郷人である安倍晋三に大いに期待したのであろうが結果は全くの逆であった。

所詮、時代感覚の欠如、庶民感覚の欠如、思慮深さに欠け、世間知らずのぼんぼん、イデオロギー上は困った事に極右ときている。

こんな未成熟な男に政権を担当させた自民党。

経済界と異なり、
今の政界は、旧態通りの老害が蔓延り、人材不足は可也深刻であり、日本の進路が危機的な状況である。

Imgp2078

安倍晋三は又、政界のサラブレットとも揶揄される。

サラブレットとは、血統、品格、実力とも素晴らしいとされ、其の期待を一身に受け競馬場に登場する馬達の事を云う。

其の競馬場には優秀なサラブレットが沢山おり、其の中でも一握りの超エリートが持て囃される。

逆に能力の欠如した、結果の出ない殆どのサラブレット達は用途変更と一般的に云われている、乗用馬等に使用される事となる。

然し、用途変更とは美辞的な表現であって、其の実際は殆どが屠殺される運命にある。

さて、本論に戻るが、

言質、顔貌に頼り無さ、自信欠如があまりにも目立ちすぎるこの男。

周囲に煽てられ、又、血族的に政治家になってしまった事、否、されてしまった事が悲劇の幕開けとなってしまった。

例えばアメリカ、中国の政治史にみられる様に、
政界のトップを目差す野心を抱き、策謀を張り巡らし、過酷なまでの政争を生き抜いて選出された政治家から、この三流の、ドタバタ田舎喜劇の主役を演じる我等が安倍晋三を視れば、一体、どの様な答えが返ってくるのであろうか。

|

« オショロコマとdolly varden | トップページ | 豊饒の海 »

コメント

自民党は総理にすべき人の選択を完全に誤ったようですね。
どの新聞のコメントを見てもこの総理が辞職しないのは問題ありと書かれています。
この先の政治の行方が心配です。

投稿: 清水小政 | 2007年8月 6日 (月) 12時45分

何処かの国の諺で、
「政治家は国民の顔?」、なんてフレーズがあったと思うけれど。

先見性、バランス感覚、度胸の据わった人物がおれば良いのでしょうけれど、中々いませんよね。

その昔、ピッタリの人がおりました。
上記に加え、人格、品性、誠に素晴らしく器の大きい方でした。

其の方の御職業は、「ヤクザの大親分」でした。

投稿: 与作 | 2007年8月 9日 (木) 09時34分

先日はせっかくご来店いただいたのに、不在で失礼いたしました。
8月11日清水小政さんが店に立ち寄り富浜の話を詳しく聞きました、ご迷惑と思いますが、平日その船に乗って見たいのですが、なんとかご紹介いただけないでしょうか?
よろしければ、ご一緒に釣りをいかがですか?
メールをいただければ助かります。
勝手ですが、何卒よろしくお願いいたします。

投稿: オアシス | 2007年8月12日 (日) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/7408168

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三論:

« オショロコマとdolly varden | トップページ | 豊饒の海 »