« カムイワッカの滝の側でアキアジ釣り | トップページ | 私論-O.J.シンプソン »

2007年9月17日 (月)

世襲制-日本の恥

Photo

今更ながら、世襲議員の一人である安倍晋三を見てみると、適正欠如、無能力、無先見性という事が再認識される。

この安倍晋三の辞任劇から透けて見えるは簡単な事だ。
形式上、選挙で選ばれた事にはなっているが、
実際は世襲で政治家という職業を後継ぎが出来る、又は跡継ぎをさせられてしまうこの世界に競争原理が働いているなどと誰が信じるであろうか。

自民党、民主党衆議院議員の約半数近くが世襲議員とも云われ、世襲議員の一覧表を眺めてみると、これじゃとてもじゃないが、一流企業のサラリーマンにもなれない、ひ弱で、姑息な集団にしか見えない。
たとえ、コネで入社しても、その会社を駄目にしてしまうか、昇進するだけの資質を決して有しているとは到底思えない。

日本では経済界、科学界等と違い、何故、政治家に優秀な人材は集まらないのであろうか。

プロ野球に例えるなら、長島一茂とか野村カツノリのレベルでチームを作った様なものだろう。

最先端を走るIT業界に世襲はないだろうし、実力がものを云うのヤクザの世界にも世襲はないだろう、若しあったなら.....笑い話では済まされまい。

詰まる所、成果、結果主義を重要視するなら政治の世界ほどいい加減な世界はないのであろうか。

H2

国家的な大問題にも関わらず、
其の議論をすべき議員の半数近くが世襲議員というみっともない現象。

例えて云うなら、犯罪者に自らの量刑を決めさせる様なものだろう。

しかし、この日本の’恥部’に対しても解決策はある。

かのイギリスに於いて、
政治家の世襲制問題は、はるか150年ほど前に解決されたと聞く。

この国に損害を与える様な政治家の偽物は
断じて許す事は出来ない、大鉈を振っても早急に排除しなくてはならない絶好の機会のはずだが.....。

とりあえず、
ここで理由を述べるまでも無く、安倍晋三は潔く議員辞職すべきである。

そして、2度と政界に戻る事は絶対に許されない。

|

« カムイワッカの滝の側でアキアジ釣り | トップページ | 私論-O.J.シンプソン »

コメント

コメントを色々と考えていたのですが、以外に大きな会社でも2代目・3代目の社長が居りますね。
もっとも優秀な経営陣がおれば会社としては存続していくのでしようが。
サラブレッドもその血統が大きなウエイトを占めると聞いておりましたが。
優秀な家系であれば救われるのでしようが、どうも今の政治家はそうではないようです。

投稿: 清水小政 | 2007年9月19日 (水) 14時44分

こんばんは、komasaさん
元来、サラブレット種に必要はモノは3つあるよと、各牧場に進言しております。
血統、調教、そして栄養の3つです。

その厳しい世界で生きているサラブレット種の中で、名馬と称される馬の出現率は数千頭に一頭です。

ちょっと、お堅い話になってしまいましたが、下方の写真はオロフレ方面から眺めた、洞爺湖、山頂のウィンザーH、左端に微かに見えるのが今春、全く釣れなかった礼文のイコリ岬です。

又、釣行したいですね。

投稿: 与作 | 2007年9月19日 (水) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/7979496

この記事へのトラックバック一覧です: 世襲制-日本の恥:

« カムイワッカの滝の側でアキアジ釣り | トップページ | 私論-O.J.シンプソン »