« 私論-O.J.シンプソン | トップページ | ミャンマーのお坊さん »

2007年9月24日 (月)

中村 哲医師の見解

Imgp6572

徹底した、現場主義者の様にお見受けされる。

山登り、虫取りが高じてパキスタンやアフガニスタンで長年、臨床医のお仕事をされている。

医師として、
衛生、栄養問題の改善がなされる最良の方法という事で、井戸を掘り、川を作り始めたならいつの間にか井戸掘りがメインになったとの事。

詰り、土建屋さんの方が地域の人々に貢献するらしい。

素晴らしいお仕事だ。

氏は、現地に派遣された「国連の国境無き医師団」を
潤沢な資金の元で、毎晩パーティを開き、高級ホテル住まい、そして現地の人達と隔たった彼らの活動を批判している。

又、氏は以下の様にも申されている。

’戦争協力が国際貢献とは言語道断である’。

’国際化の致命的な欠陥は下から上を見る視点の欠落である’。

Imgp6565

現地人と同化した視点での発言が時として誤解を生んでいるやに思われる。

でも、
我々平和ボケの日本人は、異なった切り口の彼の貴重なペシャワール臭をプンプンさせた意見も真摯に聞かなくてはならないだろう。

ね、自民党の議員さんたち。

|

« 私論-O.J.シンプソン | トップページ | ミャンマーのお坊さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/8079827

この記事へのトラックバック一覧です: 中村 哲医師の見解:

« 私論-O.J.シンプソン | トップページ | ミャンマーのお坊さん »