« 中村 哲医師の見解 | トップページ | 釣り師の痛み »

2007年9月28日 (金)

ミャンマーのお坊さん

Imgp6421

愚生の年代はビルマの呼称が懐かしい。

今度こそ革命なるか?

革命後の国家としての安定は?

後で蠢いている中国はどうでる?

先頭に立ち、体をはって銃口の向かい、デモ行進されているのはお坊さんらしい。

そのお坊さんはbbccnn newsを見る限り、政治性は帯びていない様に見える。

Imgp6551

ある人が、近代化とは政治と宗教の分離だと云っていた。

近代日本国は表立っては政教分離されていると一般論。

しかし、日本に於いて誰がそんな事を信じようか。

特定の宗教団体の教祖様が’右向け右’とのたまったならその殆どが右ならい、

その中世的な行動様式が如実に現われるのは、ローカルから国政選挙まで多岐に渡る。

この政教合体した政党は自民党に擦り寄り、選挙の時には見事な指揮命令がなされる。

ご褒美として大臣ポストが与えられ、閣僚写真撮影には最前列で得意顔でパチリ。

しかもそれ以上に恐ろしい事は、
日本の汚点とも云うべきこの現象を、大方の政治家を含め、ジャーナリズムも、批判しようとしないばかりか、当然の如く報道するのみ。

落選が、そして不買運動が怖いだけの理由とは到底考えられない。

それに対し、ビルマのお坊さんは尊敬されていると聞く。

宗教家に対する評価がこんなに異なる事実を日本人はもっと自覚せねば。

|

« 中村 哲医師の見解 | トップページ | 釣り師の痛み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/8152044

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマーのお坊さん:

« 中村 哲医師の見解 | トップページ | 釣り師の痛み »