« 佐高 信氏の講演を聞く | トップページ | ホンダとヒュンダイ »

2007年11月 1日 (木)

アルカイダも怒ってる

Photo

愚生、アルカイダがイコール、’全て悪’の単純な論理がまかり通る昨今の世相は誤っていると思う。

自民党、鳩山法相が今度は’友の友はアルカイダ’などと失言してしまい火に油を注ぐ有様。

確かにこの男、鳩山一郎総理大臣の孫で、東大法学部卒のエリートだが人間に限らず動物本来、兼ね備わっているはずの、T,P,Oを肌でを感ずる力といったらよいか、風を読む力といったらよいか分からないが、野生本能を失い家畜化された動物でも、はたまた中学生でさえも置かれたその場を瞬時に判断し、行動、言動に注意が注がれ、時には抑制的、自己防衛的に心の働きを作動させるシステムが備わっているが、何故かこの男は欠如している。

赤提灯の下で安酒を煽りつつ、赤ら顔のオヤジが放言しているのならいざ知らず、日本の法務大臣発のワンフレーズが世界中を駆け回り、国益を損ない、どれだけ信用を失墜していることか。

この男、何の為に政治家をしているのだろう。

ガンジーの有名なことばの中に、七つの社会的罪-seven social sinsがある。

1.理念なき政治 /politics without principles
2.労働なき富 /wealth without work 
3.良心なき快楽 /pleasure without conscience
4.人格なき学識 /knowledge without character 
5.道徳なき商業 /commerece without morality 
6.人間性なき科学 /science without humanity
7.献身なき信仰 /worship without sacrifice

0710

トコロテン式で大臣になってしまった惨めな、情けない、世襲議員のなれの果てか。

しかも、対する民主党にも兄弟の鳩山由紀夫がいる以上、党派間の議論にもならないだろう。

親の七光りもここまで曝け出されると、日本国民は’もういい加減にしてくれ’と悲鳴に近い溜息ばかりが漂う。

この国が次第にあらぬ方向に向っている様な気がしてならない。

所でアルカイダ(Al-qaeda)とはアメリカ経由で国際テロ組織と訳されるが、中村 哲医師の説明によると本来、アフガンに住む純朴なお百姓さんの事をさし、全く政治性はない山岳民族の人達の事をいうらしい。

|

« 佐高 信氏の講演を聞く | トップページ | ホンダとヒュンダイ »

コメント

この発言は、ブッシュ大統領の「アウン・スン・サーチー」発言や、森元首相がクリントン前大統領へ言ったおバカ発言なんかと同じ匂いがします。
若輩者の私はこの「アルカイダとお友達」とゆう鳩山法相の「お友達」について何故徹底追求しないのかと不思議でなりませんが・・・

投稿: トヨハタ | 2007年11月 3日 (土) 17時10分

ブッシュのスン、サーチー発言や森元首相のクリントンに対するwho are you発言には単なる勘違いで許容範囲、ジョークで済まされた?としても鳩山法相の度重なる発言をみてみると、国会議員、又は社会人として云々よりも、むしろ幼児期、少年期の人格形成時になにか大きな問題が生じた結果ではないでしょうか。

ある人はそれをself oneとself twoを例に挙げ説明しうるかも知れないし、

関西風に云うなら、
「あのボン、ちょっと........」となっちゃうのでしょうか。

要は社会経験の未熟性だけではない、幼児性が抜けきらず、政治家の命とも云える、

’発言とその対価’が

即座に判断付かない哀れなお人なのでしょう。

投稿: 与作 | 2007年11月 3日 (土) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/8705518

この記事へのトラックバック一覧です: アルカイダも怒ってる:

« 佐高 信氏の講演を聞く | トップページ | ホンダとヒュンダイ »