« さゆり | トップページ | 無宗教者の屁理屈 »

2008年3月28日 (金)

慎太郎銀行と止め時

1imgp9291

人生、色んな局面で悩むものの一つに’止め時’がある。

第二次世界大戦時、日本軍参謀本部はサイパン、グアムの惨敗で殆んど勝つ見込みのなくなった事を明らかに悟ったがその時、何故潔く、戦争を止めなかったのだろうか。
その一点に大きな疑問、そして最大の戦争責任が集約されている様にも思える。

あの悲惨なカミカゼ特攻、原爆投下、沖縄戦、東京大空襲等から思い起される事だ。

そして後の軍参謀の代表的存在であり、ある種の化け物の様な東条英機が唱えた戦陣訓、所謂、’生きて捕虜の辱めを受けるな’等と云う、世界戦史上でもあり得ない馬鹿げたフレーズで無意味に沢山の命を失う事もなかっただろう。

何より歴史は大きく変わっていただろう。

昨今の「慎太郎銀行」とも揶揄される新銀行東京、400億円の追加融資も殆んど成功しない事は自明の理であるにも拘らず、賛成票を投じた東京都の自民、公明議員の思考回路は戦前の軍の暴走を止められなかった国会議員とあまりにもよく似ている。

Imgp9494_2

その戦陣訓に似た石原慎太郎の強がり節、自爆覚悟の強硬姿勢に多くの日本人はうんざり感を抱いているし、何より盲目的に戦争に突っ走り、70年近く経過しても政治スタイルは全く進化していない。
これでは石原慎太郎が常日ごろお得意とする、中国、韓国の政治、国民性をとても笑えまい。

両者とも、止め時を完全に失してしまいその結果、東条英機は刑に服したが、一方の安っぽい憂国の士を演ずる石原慎太郎は予想されるであろう銀行経営が行き詰ったとき、果たして如何な屁理屈を並べる事であろうか。

その時こそ、逃げ徳は絶対に許されない。

昨年の安倍晋三辞任劇は考察にも値しないが
そもそも、人として又、政治家としてもあまりにも資質の欠如した未熟な二世議員の典型と云われる虚弱な輩が首相に選出された事に大きな誤りがあったが、それにしても突然に、しかも素早く首相の座を辞した事は異論もあろうがあれでも遅すぎた。

その後、止せば良いのに誌上等で女々しく読むに値しない空疎な理屈、言い訳がましい御託を並べているが政治家である前に人間性を問われるべきだろう。

三者に共通している、責任逃避行動の深層には風を読みきれない、自信過剰のnarcissistに往々にして宿っている、精神病理的な愚かな自惚れ、自己愛的な自尊心が影響を与えているのかもしれない。

|

« さゆり | トップページ | 無宗教者の屁理屈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/11894543

この記事へのトラックバック一覧です: 慎太郎銀行と止め時:

« さゆり | トップページ | 無宗教者の屁理屈 »