« 感謝の念 | トップページ | 僧侶の責任 »

2008年6月28日 (土)

虚空と西洋の虚無

Imgp2375

学生時代に読んだ、川端康成の「美しい日本の私」の最初に出てくる、

   春は花 夏ほととぎす 秋は月
   冬雪さえて 冷しかりけり

"In the spring, cherry blossoms,
in the summer the cuckoo.
In autumn the moon, and in winter the snow,clear,cold." 
                   Seidensticker訳 
道元禅師の「本来ノ面目」を引用してはじまる小文を改めて読み直す。
氏は禅に関し、文中で瞑目して無念無想の境に入り、「我」をなくして「無」になる。
この「無」は西洋の「虚無」ではなく逆で万有が自在に通う空、無涯無辺、無尽蔵の心の宇宙なのです、と1968年のノーベル賞授賞式で述べている。

Presently he enters a state of impassivity, free from all ideas and all thoughts.
He departs from the self and enters the realm of nothingness.
This is not the nothingness or the emptiness of the West. 
It is rather the reverse, a universe of the spirit in which everything communicates freely with everything, transcending bounds, limitless.
                         Seidensticker訳

同氏は又、「美しい日本の私」の対極に大きく存在する西洋のnihilismという単語を用いて東洋の虚空との違いを述べている。

Here we have the emptiness, the nothingness, of the Orient.
My own works have been described as works of emptiness, but it is not to be taken for the nihilism of the West.  
                         Seidensticker訳                                                            

Imgp2563

愚生なりに262文字に例えると次の様に解釈できるかも知れない。
日本人は昨今の秋葉原で起きたnihilisticな行動を経験しているが
色即是空、つまり『目の前にあるもの一切はこれと云う実体が無い』と解釈されるならこれはひょっとして日本のニヒリズムなのかと思いきや、続いて出てくる『空即是色』、つまり『全ては元々実体はないが、その存在には大きな意味がある』と帰する所に仏の智慧が集約されているのだろう。

横道にそれるが、その後26年経過した1994年、大江健三郎氏のノーベル賞受賞式講演のタイトルは川端康成氏の「美しい日本の私」を意識した、「あいまいな日本の私」 -the ambiguous and myself であった。

川端康成の「美しい日本の私」に続く大江健三郎の「あいまいな日本の私」、そしてなぜか、何の脈絡もない安倍晋三は愚かな事に大江健三郎のアンチテーゼとでも安易に考えたのか、「美しい日本」と川端康成にあやかる下心でもあったのか、訳のわからない、空疎な政治スローガンを立ち上げた。

この安倍晋三著の「美しい日本」と一見マイルドな表現ながら強烈な国粋思想を包含した本を出版するが、こちらは日本人のバランス感覚の前に外道あつかいされ、見向きもされていない。

当然であろう。

「良書を読むための条件は悪書を読まない事」と
ショウペン.ハウエルさん?は言っていた。

|

« 感謝の念 | トップページ | 僧侶の責任 »

コメント

はじめまして。私はユウと言います。韓国のソウルに住んでいる韓国人です。
日本の渓流釣りを検索したらここにたどりつきました。私は去年まで日本の大阪で留学をしておりました。やはり北海道であって風景もすばらしくて、モデルの犬も格好いいですね。たびたび遊びに来ます。よろしくお願いします。

投稿: ユウ | 2008年7月 2日 (水) 16時01分

re,ユウさん
お隣の韓国からわざわざ訪問して頂き有難う御座います。
貴国ほどではありませんがまだ北海道には自然が残っております。

大いに愚ブログを見て笑ってください。
ユウさんの語学力には敬服いたします。

こちらこそ宜しくお願い致します。

投稿: 与作 | 2008年7月 3日 (木) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/21942301

この記事へのトラックバック一覧です: 虚空と西洋の虚無:

« 感謝の念 | トップページ | 僧侶の責任 »