« 中華思想、この奇異なるもの | トップページ | 今年最初の積丹ぶり釣り »

2008年8月29日 (金)

三島と開高 健のコラボ

Imgp0268 

開高 健の22歳はどん底だった。

著書、「一言半句の戦場」のなかで、以下のように書いている。
食い物がないってことはつらかった。
所詮大学とはラテン語で’暇つぶし’と言う意味でせいぜい顔をだしたのは試験の時くらい。とにかく食うのだ大変な時代だった。

おちこぼれ青春無頼派は就職難、おまけに子供ができて、結婚して・・・・先が全く見えなくなった。

とにかく食っていかなくてはならない、アルバイトに精を出す、育英資金はドライミルクに化けた。やがて大学を終え、寿屋(今のサントリー)に就職する。

やり出したら止まらない、トコトンまでやっちまいたい、盃のフチをなめたら底まで飲みほしたい,その代わりみかん箱を机代わりに使うような家に親子3人、一本5円の豚のシッポばかり食っていた。これをぶつ切りにしてごぼうや生姜と一緒に煮込む、なかなか美味しい。

ある意味、面白い時代であった。
同じ感性でもう一度やれというなら逃げるけど、別の感受性を与えてくれるなら、もういっぺんあの時代をくぐってもいい。

愚考の連鎖つまり、時には自分に追いついたり、追い越したり・・・途端にどっかに消えたり、だから今だって矛盾だらけ。

以上、文豪はあえて、修行の足りない、できそこない坊主の説教を
よそおった小文も書いている。

だが、
「父を疑え、母を疑え、師を疑え、人を疑え、しかし、疑う己を疑うな」と青年時代の未熟さを真摯に受け入れつつも、怖ろしいほどの感性を含んだ眼光で人のエコロジーを洞察していた。

Img1p9953
三島由紀夫が市谷駐屯地に、安ホテルの門番に無理やり白鉢巻きなのか、手拭いもどきを巻きつけた様ないでたちで討ち入ったのは愚生が学生時代の昭和45年11月25日であった。

バルコニーに立ち、読み取れない檄文を垂れ下げ、実戦とは縁のない留守部隊を相手に演説を開始する。

ところが三島由紀夫の演説はマイクを持たなかったので良く聞き取れない、対する自衛官らは私語を始め、演説に耳を傾けるものはなかった。

苛立った三島由紀夫は「静聴しろ、静かにしろ!」と叫ぶ、

しかし聴衆からは「聞こえねえぞ、馬鹿やろう!」と罵声が、

三島由紀夫は蒼白となり
「諸君の中に俺と一緒に起つ奴はいないか?」と、やがて、

「俺は死ぬんだ、憲法改正の為に起ち上がらないという見極めがついた」と、

最後に皇居に向かい正座して、
「天皇陛下万歳」と(猪瀬直樹著、ペルソナ三島由紀夫伝)。

寂。

当時、NY-Times東京支局長であったH Scott-Stokes著、「三島由紀夫 死と真実」には盾の会の隊員が分列行進する様は、まるで’一団のデクの坊’と書かれてあり、

司馬遼太郎は自衛官の発したヤジの中にこそ正論ありとしている。

三島由紀夫のみこころは精神病理的に、「自己愛性人格障害」と診断されるらしい。

なにより万歳されてしまった天皇にとっても迷惑千万であったろう。

Imgp0184

この二人が彼岸ではなしに此岸にいたらなんて考えるのは止す。

同時期、脈絡もないこの二人の天才の時間はあまりにも短かった。

1970年代の擦れたウッドベースとギター、ラッパのコラボジャズを聞き、安酒を少し口にすると何故か、残渣としてのみこの二人は現れる。

もしもが許されるなら、
三島由紀夫から’あまり身に馴染んでいない借り物のイデオロギー’を、開高 健から’絶対という大嘘’の為でもあった’ワインと美女’を取っ払ってみたくもなる。

真夜中にブルーノート旧盤を聞きながら、つい馬鹿な事が頭をよぎった。

|

« 中華思想、この奇異なるもの | トップページ | 今年最初の積丹ぶり釣り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/23341465

この記事へのトラックバック一覧です: 三島と開高 健のコラボ:

« 中華思想、この奇異なるもの | トップページ | 今年最初の積丹ぶり釣り »