« 北京オリンピックと謝罪 | トップページ | 三島と開高 健のコラボ »

2008年8月26日 (火)

中華思想、この奇異なるもの

Imgp0304

矢張りと言ったら言い過ぎか、
北京オリンピックで日本選手に対する露骨なまでのブーイングもどきはまだ我慢しても、又、マナーの欠如は仕方ないにしても、中華思想を絡めた、恥も外聞もない行動に呆れる事しばし。

中華思想の’中’とは世界の中心、’華’とは支那つまり中国、その意味する所は’世界の中心の中国’という意味、そして彼らからすると、日本は東に位置する野蛮な国(東夷)と言い表されるらしい。

大迷惑で、馬鹿げた独善的思想であるが、漢民族の思考、行動の基本となっているとするなら、そこに問題の根っこがあるのか。。
ベルリンオリンピックでナチズムに於けるゲルマンの優秀性を説いた民族概念を彷彿とさせる。

愚生、もしもこの思想が前面に現れるとしたなら北京オリンピックは汚点を残すだろうと思ってテレビ観戦していた。

案の定、である。

開会式から’やらせ’行為が露見してしまう。
日本のマスコミ各社はなぜか遠慮半分、同情心半分で

’おかしい’程度の表現、しかし、欧米各社は至極当然に

’嘘つき、だまし’ときっぱり報道する。

対する本家の中国は’当然の演出’と大反論していた。

Imgp0236

ここにも、近代化の意味がまだ理解出来ずに、慣れ親しんでいる何でもありの中華思想が顔を出してしまっている。

オリンピックという世界が見ている大舞台で言い逃れし、平気で嘘をつくそのスタンスには、あきらめに近い、ため息しかでない。

誠実性の欠如である。

くさい物には蓋をしたつもりが中国当局が選んだその蓋なるものが少し小さすぎた程度にしか思っていないのだろう。

彼らにとって近代化ってこんなものなの?

世界の先進国と称される国々は近代化と云われる’難産’を経てきている。我が日本は明治以降を近代化とするなら、愚生の知る限りその過程に於いて少なくても’嘘、不誠実、偽、詐’はなかった。

近代化って’国家の成熟’と言い換えるなら、なにか別なものが見えやしないかな。

|

« 北京オリンピックと謝罪 | トップページ | 三島と開高 健のコラボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/23264345

この記事へのトラックバック一覧です: 中華思想、この奇異なるもの:

« 北京オリンピックと謝罪 | トップページ | 三島と開高 健のコラボ »