« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

新世代の熊

Imgp0567

9月28日、4時間ほど与作と渓流に行き、釣り、写真撮影を楽しむ。

遠くに見えるイドンナップ岳山頂は既に冠雪、山道はもう初秋のたたずまい。

外気温は10度、手が凍える、寒い!!

Imgp0611

本流の流れ込みで痩せた40cm足らずのアメマスが喰い付くが直ぐ逃がしてあげる。

腹はペチャンコ、こいつ食欲減退か??

Imgp0634_2

帰り際に、与作がtwinの小熊を連れた通過して間もないメス熊の足跡を見つけた。山裾の藪に消えているその足跡の臭いを嗅ぎ、探しまわるが発見できずに帰ってくる。

母熊の右前足跡の横径が約17cm、縦径が約22cm、右後足跡の横径は約16cmで踵跡はない所から忍び足か(笑)。常歩で母熊の左側を歩く小熊はもう一頭の母熊の前または後を歩く小熊の足跡より少し大きめなので子供達はオスとメスかな?

両小熊の足跡は共にもみじの葉に似ているが犬族は熊の足跡に自らの鼻先を摺り寄せ、足踵部にある汗腺、脂腺より分泌された特有の臭いを嗅ぎわけ他の動物と瞬時に区別する能力をもっている。

その後、沢伝いの帰り道で先程の熊が入った小高い山の反対側で視界の開ける所に出ると、一瞬ではあったが黒い影が眼に入る。横を一緒に歩いていた与作もほぼ同時に気付き、ドスの効いた呻り声を発し、勢いよくその方角に走り出す。

小熊を連れていては、おのずから行動も制限されるのだろう、やがて頂上付近で睨み合いになったのであろうか、こちらからは全く見えないが、約150メートル先で気合の入った与作の大きな呻り声が場所を移さず、藪のガサガサする音と一緒に聞こえくる。

Imgp0648

もし、相手が鹿ならこの時期の体毛はネズミ色、しかも逃げ足が速いので与作の呻り声は次第に遠のくのが普通だが今回は殆ど移動しない。

きっと、先ほどの熊だろう!!

Imgp0637

万が一、熊の親子がこちらに向かって走って来たら、かなわないので(笑)身を低くして岩陰に隠れ、決定的一瞬を撮ってやろう(笑)なんてカメラを構えていたが約10分間程大騒ぎの後、与作が勝ち誇った様に帰ってきた。

勿論、怪我はなく口の周囲にも熊の毛髪、血液の付着もなかった。

Imgp0639

与作は離乳時より熊肉、鹿肉を与えていたのでご馳走とでも思ったのだろうが実際には決して喰い付かないように厳命してある。(笑)

熊にとって数十メートル先にいる、いちばん怖い筈の人間の存在を探知できないわけがない、これは熊自身の防衛本能が希薄化してきている証でもある。

まもなく、狩猟が解禁される。
昔の猟師は命中精度が悪く、連射の出来ない村田式?とかいわれる単発銃を用い一人で熊と対峙したそうだが、現在は大人数で精度の高いライフル銃を使用している。

最近の人を見ても逃げない’新世代の熊’は簡単に射殺されてしまう事だろう。

この熊ファミリーにとって与作との出会いはどれほどの人生勉強になった事か!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

作家の洞察

Imgp2603

優秀な作家の物事の本質を見極める眼、洞察力は凄いものがある。

バイウォターという作家が第二次世界大戦における日本惨敗に至るまでの経過を詳細に予測していた。

彼の著書「太平洋戦争と其批判」(大正15年出版)の中に、「日本は奇襲で日米開戦し、当初は優勢を保つがアメリカは南方諸島を経由し次第にもりかえし日本はいずれ負けると書かれている。

同じく日本では、清水広徳が、著書「次の一戦」(大正3年出版)の中で東京大空襲を含め日本の負けを見事に予測していた。

つまり、両作家とも第一次世界大戦をつぶさに観察した結果より導き出された、日本惨敗という答えを大正時代に既に出していたわけだ。

20066_133

同様に、今回のアメリカ発の金融危機を数年前から警告していた経済学者がいる。

ノーベル賞経済学の受賞者スティグリッジ教授の著書、「世界を不幸にするアメリカの戦争経済」の中にも書かれていたが、
「昨今のアメリカ、サブプライム問題は結局、イラク戦争の経済的影響を隠蔽する為に減税、低金利政策を時間稼ぎに長々と続け、その間にサブプライムローン債権問題が生じた」と論破している。

そして、連邦準備制度理事会のグリーンスパン元議長は「裸の大様」と揶揄されている。

その根底には住宅バブルで土地、建物は値上がりするという条件下で不動産を債権、証券化しても自国の金融市場はアメリカ政府が完全に制御できうると考えていたらしい。

余談だが森田 実氏は、この本はすべての日本人に読んでもらいたいと言っていた。

Imgp2112

世界を人質に取ったサブプライムローン問題の本質を一言で言い表わすなら、

’マネーゲームのなれの果てのあきらかな人災’である。

しかも、イラク戦争が引き金になっている。

イラク戦争の戦費が300兆円、サブプライムローン債権問題の解決にその数倍必要とされる。

アメリカの仕出かした大問題を黙って尻拭いさせられている日本だが、アメリカの不透明でギャンブル性の高い金融手法に対して非難する声を誰一人としてあげていない。

又、無能な政治家のブッシュ、コイズミ、ブレアの責任を問う声もまだあがっていない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

自由という屁理屈

20066_125

これ以上、アメリカのやりたい放題を見逃しては世界が駄目になる事をようやく悟ったのだろうか。
イスラムに難くせをつけて戦争を仕掛け、世界のお金を収奪する仕組みを作りあげ、世界の政治、経済の覇権を確立した、まるで映画の世界の極悪マフィアそっくりだ。

アメリカ人の大好きな「自由」という単語は先住民のインディアンをほぼ抹殺した大いなる矛盾を内在した征服者の屁理屈であり、同じく「チャンス」という単語は階層社会の最下層にいる人々のガス抜きでしかない。

ましてブッシュが好んで使う「正義、平和、民主主義」なるものは石油、兵器産業の発展に欠かせないフレーズと成り下っている。

サブ、プライムローンの破綻という形でアメリカの金融システムがガタガタになり、そこから見えてきたものは世界中から集めたお金でいろんな金融商品をつくり売り買い、挙句に不動産まで証券化してしまい、国内産業の4割前後を金融ビジネスが占めているという異常な産業形態だ。

Imgp0189

これは国を挙げてマネーゲームを先導している証でしかないし、その’つけ’を日本も支払わされるなんて全く馬鹿げている。

でも、どうやって世界のお金を集めたのか?

一例がある。
NY、ウォール街の証券取引所/NYSEの様子は2Fのギャラリーが歩いて観れる通路右側下方に設置されているカメラで撮影され日本にいても常時株価がテレビで放映されている。

このウォール街のオピニオンリーダー紙とも云われるウォールストリートジャーナルが小泉政権の時、例の郵政民営化改革を応援して日本人がこつこつと働き郵便局に預金している郵貯、簡保の350兆円をウォール街に引っ張り込む為の論陣を張った有名な話がある。

20066_103

日本国内に向けた宣伝費用として数兆円にものぼる巨費を注ぎ込み、まず日本の大手マスコミである、テレビ東京、テレビ朝日ほか民放各局を取り込み、小泉改革なるものを宣伝しまくったとされる。

その当時、日テレ系出演のシャーナリストは言うに及ばず、田原総一郎までが小泉改革賛成の論陣を張ったがジャーナリストの中でも一目おかれていた森田 実氏だけが反対した。

その結果、首相官邸、若しくはアメリカから強力な干渉があったのか、突然ある日をもって全ての日本のマスコミ界から完全に干されてしまい、その後テレビ出演はない。

これなど、日本のジャーナリズムの後進性を如実に表し大きな誤りであり、損失である。

Imgp0165

たとえ、自民党の全て世襲国会議員がいなくなったとしても問題にはならないが日本にとって今一番必要なものは森田 実氏の様な卓越した時代感覚、先見性を有したオピニオンリーダーであろう。

アメリカをヤクザに喩えるなら、
何れの日にか収監、没収される恐怖をいだいた頭の冴えない、老いぼれヤクザの大親分であり、日本はいつまで経っても腰巾着か、三下以下のコワッパか!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

かたわ動物でいっぱい

Imgp3373_2

人類の有史以来、いよいよ食糧、環境に危機が迫ってきている。

歴史上、四代文明は徹底して近隣の豊かな森林をぶっ潰し生産活動の為、あるいは食糧を得る為に農耕牧畜文化を発達させ繁栄はしたが、必然的に生じた砂漠化でその四代文明は全て終焉を迎えている事は今の中学生の方がより詳しいだろう。

人間が選択したその生存方法は大きな誤りであった事の証明の様ですらある。

農耕牧畜文化、詰り牛を飼い、乳肉を食料とするには大量の穀類、及び広大な草地を必要とし、最近の研究では牛によるCO2排出量は総排出量の約10%を占め、環境汚染物質のアンモニアは総排出量の60%以上が牛の消化器等より発生しているとする牛悪玉論のにぎやかな事。

乳牛をあえて差別用語で表現をすれば、自己増殖抑制システムの欠如した人間と称するおごり高ぶった動物が人工的に作ったある種の’かたわ動物’だ。

Imgp3089

人類がはじめて牛なるものを飼養した時の泌乳量は極僅かだったのだろうが、トウモロコシ、穀類を食べさせると乳量が増加する事がわかり、加えて徹底した品種改良の結果その泌乳能力は異常とも思えるほど高くなった。

現在の酪農は世界中から動物虐待として顰蹙を買っている美食家のフランス人が考案したガチョウを狭いゲージに閉じ込め、嫌っているにも拘らず、無理やり、じょうごで高蛋白、高カロリー食を胃内に流し込み最終的に病的脂肪肝を造るフォアグラ生産と似てなくもない。

牛にしても、ガチョウにしても、心身とも健常な状態とは程遠い、まして動物本来の尊厳なんて何処へやら。

突詰めると究極の酪農は牛体を用いず、オッパイ、つまり乳腺組織だけを培養し、牛乳を作る方法に辿り着くのかもしれない。

解剖学者の養老孟司氏が
「今の日本人の生活はどう見たって贅沢の極み、こんなものがつづくわけないよ」と仰っていたその言質も妙に気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

NY,9.11の裏側

Imgp0102_2

ニューヨーク、9.11テロ直前にもグランドゼロ近くの骨董屋の親父らと出されたクッキーを食べながら、安物のアール、デコ期のドイツ製オンボロカメラvoigtländer superbの値切り交渉をした事が今でも忘れられない。

夢を求めていろんな人種が世界中から集まる所で一発屋がおり、ホームレスがおり、ニューヨークの地下鉄なんて、まるで動物園の檻の中の様であり、あくまで原則だがお互いの文化の尊重がある。

おおかたのアメリカ市民は9.11テロに関する自国政府の発表を疑っており、ヨーロッパでは政治家、ジャーナリストらが集まり真相を究明する動きがある。

だが、日本人の視点は邦人の被害者も出ている犯罪にも拘らず、相も変わらず自閉的思考方式でもある為なのか、論点にすらならない体たらくの様。

Imgp0101_2

当時、ドイツの連邦銀行総裁は欧州の証券市場で9.11テロ直前に明らかなインサイダー取引があり、航空、保険、石油市場で不可解な売買が行われていたと明言している。

具体的には株の取引高がテロの前週いっきに1,300%も増えて、なんと1兆6千億円以上が’極悪人’の手にわたった計算になる。

これなど9.11テロ情報をその筋の輩が前もって得ていた明瞭な証拠であろうし、情報大国でもあるアメリカが常識的に考えてもその情報をブッシュ大統領が知らない筈はない。

wtcビル崩壊の落下速度はあまりにも速く、所々にビル爆破の際に生ずる小爆発痕を想わせる無数の硝煙が画像に明瞭に残されており、ビル崩壊の原因となった、枠組に使用された鋼鉄製の鉄骨はジェット燃料の燃焼程度では溶解されない事は建築家の常識とされる。

ペンタゴンでは、巨大なアメリカン航空-AA77便のボーイング757が時速400km以上のスピードで、両翼にまだ消費されていない約30トン位のジェット燃料を抱えて突っ込んだとされるが、予想されるダメージとははるかに少ないものであった。
御巣鷹山のJAL墜落事故でも分かるように機内のシートベルト、座席等のパーツは粉々になって散乱するだろうが、AA77便の残骸、そして乗客も誰一人発見されておらず当地のマスコミは’蒸発した’と皮肉っている。

Imgp0213_3

この様に真実を幼稚な方法で偽り隠し、虚偽の報道に終始するアメリカ政府の姿勢に対して疑問視する報道が出始めている。
アメリカでは9.11テロの真相を追求しているジャーナリストらに不審な死者が続出している。

壮大なノンフィクションは既にはじまっているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

地震後のババカレイ釣り

Imgp0270
震源地を襟裳岬の東南東110キロとする震度5弱の地震が発生した2日後の9月13日、ババカレイ釣りを楽しむ。
同行する遊び心たっぷりの理論派の釣り師(笑)は’ソイはルアーでも釣れる筈だ’のたいへん手前勝手な仮説を実証する為、数日前より毎晩ビール片手に試行錯誤の末、遂に一組の、’日本初、オリジナルソイ用ルアー仕掛け’を完成させ、それを竿にセット、ロッドキーパーに装着後、近くの港より薄暗い早朝の4時40分頃に出港する。

所が問題発生。
ポイントに到着、いざ釣りを始めようとしたなら途中海面に浮いているブイにでも引っかかったのか、理論派の釣り師の仕掛けがもげちゃって無くなっていた。(笑)

美女とワインをこよなく愛した文豪が、
’釣り竿の先に糸があり、その先に馬鹿がついているのが釣りだ’のワンフレーズはこの理論派の釣り師の為にあえて遺してくれたのだろうか。(笑)

台風の影響下、長い波長のうねりが強い中、先ず最初は水深25mの荒根で根魚のソイ釣りをするが愚生にとってこれはあまり興味ない。

Img1p9906

続いてババカレイ釣りのポイントに船を移動し、いよいよ本番が始まる。

ここら辺のババカレイはあまり小突きには反応しないが何故か今日はやたらに反応が良く、魚体をクネクネさせ引きの強い、黒褐色のババカレイがたて続けに3匹釣れる。

ここで再度、問題発生。

理論派の釣り師が自作した’奇妙なカレイ釣り仕掛け’には何故かあまり掛からない。(笑)
たまに掛かりはしても外道ばかり。

止せば良いのに、

「今度は間違いなく、大きなカレイだ!」

などと一人で大騒ぎし、釣り挙げたのは通称’ドンコ’と酷い名前をつけられた、まるで進化を忘れた、深海魚の様な気味の悪いのっぺらぼうなお魚さんであり、皆から失笑を買っていた。

その後、マガレイ釣りのポイントに移動しトライする。
マガレイは喰いこみが浅く結構、針が外れる事が多いかったが、これは地震の影響で特にマガレイは臆病になり、より神経質な大型のマガレイは喰い付かないのだろうと船長さんは仰っていていた。

Imgp0446

今日の釣果は30-40cmのババカレイが7匹、30-38cmのマガレイが17匹であった。
途中、数回大型のババカレイ?を想わせる強烈な引きがあったがホンテロン3号のハリスが一発で切られてしまった事が悔しい。

その瞬間を見ていた横にいた釣り師はまるでブリが喰い付いたみたいだった、と言っていた。

だから釣りは止められない(笑)。

また、行こうっと!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

今年最初の積丹ぶり釣り

Photo

8月31日午後9時30分、積丹の余別港より遊漁船、和光丸で出港、ブリ釣りを楽しむ。
今年はジグ、テンテンでは喰いが芳しくないらしく、はじめに生き餌となるイカを調達する。
所が肝心のイカが釣れず、数時間かけて何とか数ハイ釣上げ、ブリ釣りを開始したのは翌9月1日になる。

そして必然的に襲ってくる睡魔と闘いながら、漆黒の日本海を眺めつつ只待つのみ。昔の釣り師は待つ時間帯に無念、無想、無私の心境になったとか。

同じく、ただ待つ身の愚生の心境は、
釣行前の船頭さんの説明とまるっきり異なる状況に邪推、疑念の想いが時と共に次第に高まる(笑)。

そして長い、長い、沈黙の後、午前3時過ぎに、ようやく愚生の竿がいっきにしなり、水深45mからドラグを逆回転させ、大暴れしながら挙がってきたのは、なんと体長80cm、体重9kgの見事な魚体をしたヒラマサを彷彿とさせる美しい魚体のブリであった。

久々の過肥とも見える、メタボなお魚さんと出会えた。

’船頭に対する不信感’が
’船頭さんに対する絶大なる信頼感’に急変した瞬間でもあった。
                                 (大笑い)

Imgp0353

釣り師って人種はほんとうに我がまま。
釣れれば己の腕を誇り、逆に釣れなければ船頭を虚仮にし、ぼろ雑巾の如くに比喩するのが慣例の様であるらしい(笑)。

古今東西、今もって変わらず、

まるで医師と患者の関係、星野監督と野球選手の関係みたい。

「釣り師も勝手だねー!」。

大反省!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »