« 今年最初の積丹ぶり釣り | トップページ | NY,9.11の裏側 »

2008年9月14日 (日)

地震後のババカレイ釣り

Imgp0270
震源地を襟裳岬の東南東110キロとする震度5弱の地震が発生した2日後の9月13日、ババカレイ釣りを楽しむ。
同行する遊び心たっぷりの理論派の釣り師(笑)は’ソイはルアーでも釣れる筈だ’のたいへん手前勝手な仮説を実証する為、数日前より毎晩ビール片手に試行錯誤の末、遂に一組の、’日本初、オリジナルソイ用ルアー仕掛け’を完成させ、それを竿にセット、ロッドキーパーに装着後、近くの港より薄暗い早朝の4時40分頃に出港する。

所が問題発生。
ポイントに到着、いざ釣りを始めようとしたなら途中海面に浮いているブイにでも引っかかったのか、理論派の釣り師の仕掛けがもげちゃって無くなっていた。(笑)

美女とワインをこよなく愛した文豪が、
’釣り竿の先に糸があり、その先に馬鹿がついているのが釣りだ’のワンフレーズはこの理論派の釣り師の為にあえて遺してくれたのだろうか。(笑)

台風の影響下、長い波長のうねりが強い中、先ず最初は水深25mの荒根で根魚のソイ釣りをするが愚生にとってこれはあまり興味ない。

Img1p9906

続いてババカレイ釣りのポイントに船を移動し、いよいよ本番が始まる。

ここら辺のババカレイはあまり小突きには反応しないが何故か今日はやたらに反応が良く、魚体をクネクネさせ引きの強い、黒褐色のババカレイがたて続けに3匹釣れる。

ここで再度、問題発生。

理論派の釣り師が自作した’奇妙なカレイ釣り仕掛け’には何故かあまり掛からない。(笑)
たまに掛かりはしても外道ばかり。

止せば良いのに、

「今度は間違いなく、大きなカレイだ!」

などと一人で大騒ぎし、釣り挙げたのは通称’ドンコ’と酷い名前をつけられた、まるで進化を忘れた、深海魚の様な気味の悪いのっぺらぼうなお魚さんであり、皆から失笑を買っていた。

その後、マガレイ釣りのポイントに移動しトライする。
マガレイは喰いこみが浅く結構、針が外れる事が多いかったが、これは地震の影響で特にマガレイは臆病になり、より神経質な大型のマガレイは喰い付かないのだろうと船長さんは仰っていていた。

Imgp0446

今日の釣果は30-40cmのババカレイが7匹、30-38cmのマガレイが17匹であった。
途中、数回大型のババカレイ?を想わせる強烈な引きがあったがホンテロン3号のハリスが一発で切られてしまった事が悔しい。

その瞬間を見ていた横にいた釣り師はまるでブリが喰い付いたみたいだった、と言っていた。

だから釣りは止められない(笑)。

また、行こうっと!!

|

« 今年最初の積丹ぶり釣り | トップページ | NY,9.11の裏側 »

コメント

中々面白い釣り仲間と釣行されたようですね。
最近インチク(インチキではありません)なるルアーのような仕掛けでソイが狙えるようでした。
ババガレイ7枚は魅力的ですね。
長万部方面のマガレイは今年も今の時期絶好調のようで、来週に釣行予定しておりました。
後は、天候が良い事と地震が起きないように祈るだけです。

投稿: 北遊人 | 2008年9月15日 (月) 16時10分

hi,北遊人さん
その’インチク’なるものを同行した釣り師に伝えておきます。

そのババカレイですが、上手に釣れば10匹は釣れたと思います。

長万部、いいですね、カニ飯も旨いし!!

投稿: 与作 | 2008年9月16日 (火) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/23734783

この記事へのトラックバック一覧です: 地震後のババカレイ釣り:

« 今年最初の積丹ぶり釣り | トップページ | NY,9.11の裏側 »