« 生き物の基本 | トップページ | 一流と三流 »

2008年12月28日 (日)

田中 小実昌の似合った時代

Imgp1744

何時も禿頭にイスラムハットもどきをかぶり、爬虫類の様な定まらない視線、照れ屋だが常人の数倍の好奇心を持ちあわせた田中 小実昌が亡くなったのはアメリカのL.Aだったらしい。

その昔、L.Aのまだ活気のあったリトル東京界隈にあった薄汚い日本食風何でもありの居酒屋で一人で飲んでいた所、手垢にまみれた色紙らしいものに斜めに小さく、個性的な書体で田中 小実昌のサインがあった事を憶えている。

その後、エリモの寒風吹き荒れる漁師が集う賑やかな居酒屋、そして雪深い小樽の赤提灯でもで同様の書体、筆跡でサインを見かけた。

世界中をジプシーみたいに放浪したとんでもないオヤジであり、愚生の先回りをしていた、にくい作家でもある。

Imgp7978

東大哲学科を中退、常人では計り難い独特の感性を持ち合わせて、気の向くまま世界中の酒を呑み、世界中の女性を見て回ったのか、直木賞なんてめんどくさいものは必要なかったのかもしれない。

この田中 小実昌の視点、感性は実に興味深い、晩年の科白などは哲学者の如きであり、17世紀、道南にまで来られた円空とつい比較してしまうが、宗教者と作家という垣根はあるにせよ、ある種の共通した心情があるかもしれない。

「健康のためなら死んでもいい」等のフレーズは、あの善人なおもて往生をとぐ、いわんやなんたらの・・・悪人正機説に匹敵する名言である。

その意をいまだに理解し得ない了見の狭い愚生、相変わらず悪徳な人生を歩んでいる。

|

« 生き物の基本 | トップページ | 一流と三流 »

コメント

今年の釣りも迷いが多いままで過ぎました。
ましてや、その他のことがらに関しては混迷の度合いを深めておりました。
来年も今年の延長線上にあるのですが、少しはもがいて、もつれた糸を解きほぐす努力をしてみます。
良いお年をお迎えください。

投稿: 北遊人 | 2008年12月31日 (水) 07時52分

Ara’s秘密基地の Araです。

まいどさまです、小生一杯飲んで一寝入りして、マッタリとしております。
与作さんも、良い年越しを迎えていることと思います。

ところで
アドバさんの連絡先わかりました。メールいただければ、返信にてお知らせいたします。

投稿: Ara | 2008年12月31日 (水) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/26578354

この記事へのトラックバック一覧です: 田中 小実昌の似合った時代:

« 生き物の基本 | トップページ | 一流と三流 »