« 一流と三流 | トップページ | 献杯の愚かさ »

2009年1月 3日 (土)

1ドルのジャズライヴ

Imgp1678

今でも、不思議なライヴを思い出す。
三浦和義のロス疑惑事件2年後の1983年、1$がまだ240円前後と極端な円安の頃であった。
LAのとある薄汚い、安酒臭がただようハーレムの裏通りの様な貧民街にヒスパニックは当時まだ殆どおらず、黒人のだらしない酔っ払い、売春婦、薬物中毒、エイズ患者らしき者らがたむろする雑踏の中を夜、一人でふらふら歩いていた時の事だった。

角を曲がった薄暗い、人通りの少ない路地奥で、中腰でゴミ箱にもたれながら一人の黒人がスウィングしながらラッパを吹いていた。

近づいてみると、ジーパン、シャツ姿の男性が持つトランペットの金メッキは剥がれ、所々が凹み、奏者は最後まで愚生と目をあわす事もなく、また立ち止まって聞くギャラリーもおらず皆、無視したように通リ過ぎて行く。

空きカンも、賽銭箱もないので、1ドルを差し出すと無造作に受け取った。

あたかも、薪能の如く、フレーズのつなぎめの’間’を見事に作り、ハイポジションの絶妙な響きが空間にさりげなく調和している演奏で、喩えるなら能楽師が無私の心で舞うが如くであった。

ニューオリンズの訳の分らないミックスしたジャズ、シカゴの騒々しい、マンハッタンの気取った、時には胸糞悪いジャズともどこか異なる。

押付けがましくなく、さりとて脂ぎっておらず、余計な装飾をすべて取っ払った、今にして思えば、聴かしてやる、聴いてくれ、となってしまった現代ジャズに対する強烈な批判だったのか。

それまで聞いていたジャズがジャズモドキになった瞬間でもあった。

Imgp1673

ホテルに戻り、顔見知りになったフロント、コンシュに伝えると皆驚いたり、呆れ返っていたがその当時、強盗、殺人は当たっり前、警察もあまり巡回出来ない無法地帯、まして夜など誰も近づかない所だと知らされた。

超一流のテクニックがさりげなく顔を出し、リアリズムに満ちあふれていたが反復練習だけではとうてい習得出来得るものではない、身震いする様な感性を一体どうやって身につけたのか、今でも不思議である。

その後、ヨーロッパを含めあちこち行ったが、それ以上の演奏にはまだ出会っていない。

世の中のとてつもない広さ、大きさを実感させられた一瞬でもあった。

|

« 一流と三流 | トップページ | 献杯の愚かさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/26865225

この記事へのトラックバック一覧です: 1ドルのジャズライヴ:

« 一流と三流 | トップページ | 献杯の愚かさ »