« 生命体とはなんぞや | トップページ | 現実と仮想のはざま »

2009年1月31日 (土)

万能ワクチンの意味するもの

Imgp2091

インフルエンザに対しパンデミックなる用語まで飛び出し、集団パニックを引き起こしているのは世界中探しても日本くらいだろうが冷静な判断をしている研究者も多数おられる。

もしもパンデミックが起これば死者は60万人などと全く根拠のない数値が一人歩きしているが、よく引用される1918年のスペイン風邪は劣悪な生活環境下で抗生物質もない時代のパンデミックであり、死因は二次感染症である事は既に証明されている。

つまり現在とは全く異なる条件下の馬鹿げた机上計算値である。

高病原性なる用語は鳥類間の感染による、鳥の致死率の高さを示すもので本来の医学用語ではなく、鳥から人へ感染し死亡した例はあくまでエピデミックであり、人から人に感染した例は今だない。

冬期間にインフルエンザが流行するのは通例である。
にも拘らず、’新型’とか’高病原性’なる接頭語をごちゃ混ぜにして今すぐにでも強毒株が人から人に感染するかの如き報道が巷にあふれ、危機感をあおっているのはマスコミ関係者の誤解か、無知か。

Imgp2004

一昨日、インフルエンザウィルスに対する万能ワクチンの報道があったが従来の膜抗原一本やりからシフトした様だが臨床治験にはまだはいっていない。

この方法が有効なら、やがて他の感染症を含めて人類は感染症を完全に駆逐する事が可能なのか?

夢のまた夢ような話だったのがもうそこまで来ているのか。

そう信じたい。

|

« 生命体とはなんぞや | トップページ | 現実と仮想のはざま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/27634521

この記事へのトラックバック一覧です: 万能ワクチンの意味するもの:

« 生命体とはなんぞや | トップページ | 現実と仮想のはざま »