« 村上春樹の受賞スピーチより | トップページ | 心耳と心眼 »

2009年2月23日 (月)

多田富雄さんと白洲正子

Imgp2530

昨夜のetv特集、nhk教育テレビ「もう一度会いたかった」と題した能が放映されていた。

多田富雄作の新作能、花供養の中で「花は両性具有なり、おしべめしべを取り巻き、心は男、姿は女、その寂寥の思い出を変性男子の願いをこめて語り申さん、聞きたまえ」と言わしめて、故白洲正子の深い美意識とともに茫漠とした世界が見事に表現されていた。

川瀬敏郎の献花で始まり、シテが梅若玄祥、アイが真野響子という豪華メンバーで女史が生前好んだ椿の華にも喩え、今と過去を同時軸で表し、無常を演出している。

現代劇とのクロスオーバー的演出もみられたが残念ながら一回だけの公演という。

Imgp2493

すさまじい執念、エネルギーが車椅子上で左手の指一本のみで打つ声代わりのキーボードに乗り移って、能を演ずる側であった白洲正子を被写体として又、山姥としてまで白洲正子との邂逅を望んだでのあろう。
脳梗塞で倒れ声を失った免疫学者でもある多田富雄さんの胸中に去来したものは一体何だったのだろう。

テレビでは断片的であったが凡人にはうかがい知れない個人対個人、現在対過去等を取っ払った高い精神性を含んでいるのだろう。

|

« 村上春樹の受賞スピーチより | トップページ | 心耳と心眼 »

コメント

はじめまして。
コメントありがとうございました。

途中からでしたが、とても心に残る番組でした。他にも多田さんは意欲的に新作能に取り組まれております。残念ながらまだご縁がなく見ていませんが・・・。

ところでドーベルマンを飼っていらっしゃるんですね。昔、近所のお友達の家にいました。よく吠えられたのを思い出します・・(^^:
家には甲斐犬がいます。今度じっくりいろいろな記事を読みにお邪魔しますね。

では。

投稿: みゆみゆ | 2009年2月23日 (月) 23時46分

こんばんは、みゆみゆさん
コメントを感謝します。

現代風にいうなら、お金も情報も関係なく、生命の連鎖を感じとるイマジネーションといったなら・・・・・。

免疫学の根底にもあるが故に、多田富雄さんのお心をほんの少しだけ理解しているつもりの若輩者です。

本当に深いですね。

投稿: 与作 | 2009年2月24日 (火) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/28319458

この記事へのトラックバック一覧です: 多田富雄さんと白洲正子:

« 村上春樹の受賞スピーチより | トップページ | 心耳と心眼 »