« アイヌのおじちゃんの釣り | トップページ | 三流国家の卑しい検察 »

2009年3月21日 (土)

イトウ、タイメン、興安マグロ

Imgp2589

日本でイトウ、ロシアではタイメンと称され、釣り師を魅了する所か、釣り師の人生そのものまで変えてしまうお魚さんである。

漫画、釣りキチ三平の矢口高雄さんが中国ハン陽から列車で20時間、農耕車で湿地帯に分け入り、さらに4時間、最果ての川に日本で一番乗りと喜んでいたら、白いあごひげを蓄えた日本人に出会う、それが週刊釣り情報の小西和人であり、イトウを釣っていたとある。(朝日新聞より引用)。
常人では考えられないイトウ釣りの魔力は喩えるなら原理的シャーマニズムに近いものがあるのかもしれない(笑)。

Imgp2421

イトウ釣りでは開高 健が有名だが数十年前、神田古書街で入手した、今野 保著、「秘境釣行記」中公社出版の中にも朴訥な語り口ながら、イトウ釣りの度肝を抜く、凄まじい獲り込みの様子が詳細に紹介されている。

昭和16年、筆者は中国の奥地でどうにか手に入れた綿糸、オモリとなるナット、自製の釣り針、そして餌となるスズメ2羽を袋に入れ一人で馬に乗って深淵のあるハルハ河の支流に向かった。
綿糸を柳の枝に結び待つ事30分、そのスズメを餌にした仕掛けに巨大なイトウが掛かり、釣竿等はなく両手で紐を引っ張るがズルズルと川面に引っ張られる始末、やもうえず近くにいた愛馬の鞍にミチ糸ならぬ紐をくくり付けて引かせ、苦労した挙句にやっと浮いた魚体は2.3メートル位であったが獲り逃がしてしまった。
翌日、筆者は軍隊仲間数名と伴にトラックに乗り込み再度行き、今度は川で火薬を爆破させて浮いたイトウを仲間と伴に危険覚悟で手づかみにした。
捕えた中で最大のイトウは体長2.8メール、太さ2メール、それより大きいイトウは逃げてしまった。
そして脂ののったイトウを皆で刺身にして美味しく食べた。
この巨大魚を中国では興安マグロと呼ぶそうだが、著者には北海道に棲むイトウとしか見えなかった・・・・・以上、要点のみ抜粋。

Imgp2588

昨日の新聞紙上で、「幻の魚、イトウの保護条例が道央の南富良野町で制定」とある。
川を守る事は即ち木を、森を守ること、快挙である。

これが無規制で激減している渓流魚復活にむけた静かな革命のはじまりになればいいのだが。

釣り師は少しだけ、我慢しよう!
2メートル以上に成長する事を夢見て、応援しようではないか!

余談だが、キャッチ、つまり釣る技術以上に、リリースする技術のほうが難しい。
北米のある所では子供に対して、釣り挙げる技術より、針外しの方法、渓流への逃がし方を、そしてクーガ、熊から身を守るすべを最初に教えている。

今、オーストラリアニュージーランドに限らず北米でも在来の大型魚を乱獲から守り、生息数を増やし、世界中の釣りキチが集まって来て、一大産業が成り立っており、ネイティブインディアンのガイドも沢山いる。

|

« アイヌのおじちゃんの釣り | トップページ | 三流国家の卑しい検察 »

コメント

釣って食べるのを楽しみますので、リリースはほとんどありません。
ただし、黒鯛釣りの外道のホッケとアブラコはリリースしていました。
今年はタナゴが煩かったので、スイートコーンの缶詰で狙ったら、タナゴは釣れませんでしたがホッケとアブラコは入れ食いでした。
もちろん黒鯛は釣れませんでした。(爆)

投稿: 北遊人 | 2009年3月23日 (月) 17時00分

スイートコーン?
一体、その発想は何処から・・・?

生物の味覚は本当に不思議ですよね。

今度釣りに行く時、そのコーンを持参します。
でも、缶詰ですか・・・、

余れば、おにぎりと一緒に食べちゃえば良いですよね(爆笑)

投稿: 与作 | 2009年3月26日 (木) 23時41分

広い雪原と太陽・・雄大な風景ですね。
こんな中走れるワンコは幸せですね!!

投稿: みゆみゆ | 2009年3月29日 (日) 21時22分

ハイ、みゆみゆさん、
素足で走るので足の裏側はひび割れができちゃっていますが平気です。

極寒の中でも、氷が割れて顔を出しているきれいな小川に浸かり、伏せの体位で体を休めます。

何んとも不思議な習慣もあります(笑)。

ハイ!!

投稿: 与作 | 2009年3月30日 (月) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/28725442

この記事へのトラックバック一覧です: イトウ、タイメン、興安マグロ:

« アイヌのおじちゃんの釣り | トップページ | 三流国家の卑しい検察 »