« イトウ、タイメン、興安マグロ | トップページ | 上原、ヤッター! »

2009年3月26日 (木)

三流国家の卑しい検察

Imgp2498_2

民度の低さを見透かしたかの如く麻生首相らは政権維持の為、最後の一手として検察を刺客、あて馬代わりに使っているのか。

弄ばれている東京地検は予想通リ、ゼネコン献金問題を民主小沢に対してのみ捜査を行い、逆に返り血をたっぷり浴び、検察批判の嵐に曝され続ける惨めたらしさ。

それにしても不思議に思うのは、余りにもレベルの低いこの程度の無謀な決断がなされた検察内部の思考、議論の過程である。やはり外部から大きな圧力が加わったするなら納得もゆくが・・・。

昔から内在する検察不信が表面化すると、自己保身の為に検察の独立をうたい、時々発表される世論誘導とも思われる検察当局のリークが検察の自信のなさ、焦りを如実に語っている。

検察は法務省の管轄下、予算、人事は牛耳られ、時の政権から政治的干渉に唯々諾々と従い、ご褒美として検察トップは美味しい天下り先にたどり着くという古典的図式を内在しつつ、悪徳ゼネコンの政官財の癒着構造を暴く、というのだからとっても可笑しい。

Imgp9635

検察が守るべき日本の国益、それは当然、国民の権利のはずだ。
所が与党、野党伴に同根の犯罪性が提起されているにも係わらず、与党は見逃し、野党党首の法的責任は結局追及できず、道義的責任のみ露呈させ、余命いくばくもない時の政権を死守する今回の捜査はバランスを失した検察の自殺行為としか思えない。

検察の説明責任だけでは済まされない重要な問題が提起された。

マスコミ大手に元検事総長が天下っているからなのか分らないが、今回マスコミ各社の検察に対する報道姿勢は余りにも弱腰すぎる。

この国の司法も又、政治同様に三流国家となんら変わらない、ならば今必要なのは検察を監視する第三者機関として検察監視装置かもしれない。
この外部から監査されない姑息的な検察という集団、今は組織防衛と自民、公明へのすり寄り、そして何より恐れる政権交代に慌てふためく日々だろう。

|

« イトウ、タイメン、興安マグロ | トップページ | 上原、ヤッター! »

コメント

こういうレベルの低い陰謀論を垂れ流してる人って、恥ずかしくないのかなぁ・・・

投稿: 通りすがり | 2009年3月27日 (金) 10時23分

通りすがりさん、
正直なコメント有難うございます。

検事なのか、検事事務官なのか分りませんが、再度ご訪問頂けるのでしたならはじめに実名、役職をどうぞ、そして度量のあるところを存分にご示し下さいませ。
ならば、なかなかの人物と判断いたします。

お待ちしております。

投稿: 与作 | 2009年3月27日 (金) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/28821620

この記事へのトラックバック一覧です: 三流国家の卑しい検察:

« イトウ、タイメン、興安マグロ | トップページ | 上原、ヤッター! »