« 黒の法衣と天ぷらのコロモ | トップページ | 竿、折れそう »

2009年6月25日 (木)

漁師魂

Imgp2603

スタンプ川で釣ったスチールヘッドを手荷物に、カナダからの帰りはいつも12月の早朝、バンクーバー空港を発つ。

エアーカナダ機は先ずアンカレッジに向かい、アリューシャン列島上空を通過する頃には薄暮となる。
時には薄暗い月明りの中13,000フィート上空から眼下にカムチャッカ半島から南西方向に連続する大小23島からなる千島列島、ロシア名クリル諸島が雪、流氷群の中にそれこそ見事に美しく浮き上がって見える。やがて北海道の網走漁港上空を通過する日本時間は昼過ぎとなる。天候次第だが正しく絶景の連続、だがそこは命をかけた北洋漁業の大舞台でもあった。

1944年9月3日、主に様似の漁船員を乗せた、第五新栄丸がカムチャッカ半島近くに位置するエルカマ島(越渇磨島)付近でアメリカ潜水艦の攻撃を受け大破、沈みつつある甲板にしがみつく漁船員めがけて機銃掃射、撃沈させられた生々しい様子が生き残り船員の証言のなかにある。

又、なかにし礼作詞、「石狩挽歌」の中にも出てくる、晩年の「かさと丸」はあたかも最後を迎えるべく小樽を出航、ソ連の宣戦布告の翌日、1945年8月9日、拿捕、漁船員は下船させられ、ソ連軍により爆破、カムチャッカ沖に沈んだ。

1imgp0234

ポンポン船とよばれた小馬力の小船一隻のみで、勿論GPS、レーダー、海図などなく小学生用の地図帳だけを頼りにオホーツク海を横切り、ぶつかった陸地がカムチャッカ、そこで見つけた他船に目的地を聞き、ようやく漁場にたどり着いた事が、竹中 猛、森 勇二共著「エルカマ島沖に消ゆ」発行所、’様似、戦争を記録する会’に記されている。

現在、プロをなのる漁師にその真似はできようか。
ツワモノ、そして強屈な漁師らが体を張って挑んだ豊かな海、底知れない勇気、度胸が凝縮された海でもある。

余談だが、「笠戸丸」とはイギリスで造船、周航、その後、ロシアに売却、日本が旅順の戦利品として分捕った船で、移民船としても使われた。

盗られた側であるロシアのスターリンは笠戸丸撃沈の報告を聞き、歓喜したともいわれ、船乗りは強制的にシベリア送りと他書には記載されている。

読みながら、冷蔵庫の隅に残っていたスチールヘッドの切り身で一杯。

同時に釣ったウィンターランより、数段旨い!

不謹慎ながら・・・。

|

« 黒の法衣と天ぷらのコロモ | トップページ | 竿、折れそう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/30265148

この記事へのトラックバック一覧です: 漁師魂:

« 黒の法衣と天ぷらのコロモ | トップページ | 竿、折れそう »