« トメ吉が一言 | トップページ | アイヌと巨木 »

2009年7月22日 (水)

静狩峠のイチョウの巨木

Imgp2916_2

北米の山奥にスチール、チヌークねらいで釣り竿を数本抱え、飛行機、フェリーを乗り継ぎ、パスポートを濡れない様しまい込み、ヴァドワイザー片手に山道を車で走ると北海道で釣り慣れた愚生にとって大きな二つの違いが目に付く。

一つは渓水の色が朽ちた古木の木質部から浸み出た?色素にも影響されるのか、薄い褐色化しいる事、そしてもう一点、北米では至る所に巨木が伐採されずに残っている事である。

一本の巨木を残す為、道路を変更する事さえ厭わない懐の大きい、ゆったりした文化が根付いている。アングロサクソンの食に対する欺瞞はさて置き、自然に対する畏敬の念は各所で目にする。

愚生にとって、羨ましい人生を送った旅行作家イザベラ・バード女史を兎角、セクショナリズムに毒されている現代の学者らはやれ民俗学者だの、地理学者だのと、のたまっているが本人が一番嫌っていることを貴本から読み取れないらしい。

Imgp2778

クソ度胸と子供の様な純真なる好奇心、感性に満ち溢れた心を持ち続け、世界中を旅して歩いたイギリス人のイザベラ・バード女史が生まれたのは産業革命後であり、既に近隣ヨーロッパも含めた自然林の多くは伐採され尽くされていた筈である。

女史が北海道旅行された130年前、正しくunbeaten track沿いには各所に大木が生え、素晴らしい手付かずの大自然、及び、数日寝食を共にしたアイヌの様子が生き生きと新鮮な喜びと驚きを持って書かれている。

平凡社出版「日本奥地紀行」の中で函館に到着後、日高の平取を往復した時、例えば、盲人と老人に対する思いやり、いたわりはイギリス人のどんな上品な振る舞いだって、優雅さと親切心では彼らにかなわないと当時のアイヌに付いて記している。

又、題41信、帰路、北海道噴火湾沿いの「礼文華から長万部に至る静狩峠に一本の大きな銀杏の木を見た。高さが地面から3フィートで8本に分かれ、どれも直径が2.5フィート以上あった」と記され、まさに巨木、奇木の類である。

時に女史の脚は鐙から外れ、鞍から後ろへずり落ちそうになりながら、必死にドサンコの尻につかまり、急峻な峠越えした様子等はとても危険だが、自嘲気味に書かれており、騎乗技術は可也のものだったのだろう。

ベットウ(馬子)を一人従えただけのこの逞しき女史の見た静狩峠のイチョウの巨木は果たして131年後の今でも、けわしい断崖沿いの旧道横に生えているのだろうか。

洋上で下手なカレイ釣りを楽しみつつ、木々の紅葉に混じって黄葉が観られれば望外の喜び・・・。

|

« トメ吉が一言 | トップページ | アイヌと巨木 »

コメント

秋口に静狩峠が見える場所でマガレイを釣って楽しみたかったです。
ブログで見ると春には大型のマガレイが釣れるようですので、紅葉の季節に釣行したい釣り場です。
良い情報がありましたら声を掛けてください。

投稿: 北遊人 | 2009年7月24日 (金) 20時44分

こんにちは、北遊人さん

良いですねー、理論派釣り師も誘って、

望遠鏡持参で参りましょうか(爆)!!

投稿: 与作 | 2009年7月25日 (土) 16時10分

我が愛艇で約50分。
秋アジを追いかけながらでは落ち着きが無いので、北遊人さんの意見に賛同しマガレイ釣りでもしながら・・・
釣れ過ぎると、これまた落ち着いて観察出来ないので、地元の遊漁船ではなく、やはり我が愛艇がピッタリです^^

投稿: げん | 2009年8月 3日 (月) 21時59分

こんばんは、げんさん

了解しました、ついでに一本針にミミズでも付けて・・・(笑)。

貴船の女神に今から宜しくと・・・(爆)。 

投稿: 与作 | 2009年8月 5日 (水) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/30650890

この記事へのトラックバック一覧です: 静狩峠のイチョウの巨木:

« トメ吉が一言 | トップページ | アイヌと巨木 »