« ル・クレジオの言う宗教性 | トップページ | 釣り師の物差し »

2009年12月19日 (土)

臨床

2imgp3538

動的に物事を考え、与えられた現象を的確に、ある時は命をかけて処することを赤瀬川原平著「千利休 無言の前衛」の中で’臨床’と表現されている。

平鉢と梅の小枝を差出され、生けてみよと秀吉はいう。

出来っこないだろう、

所が利休はなんなく、しかも見事に生けた。

平鉢と梅の小枝が利休の体を通りすぎ自然にできた、赤瀬川原平はこれを他力の思想と言い表している。

もし、この時できなかったなら臨床家の利休は即刻、切腹、凄まじい一場面である。

ところ変わって今、二酸化炭素削減cop15会議が騒がしい。
根底にあるのは他力本願といっているマスコミもあるが意味するところがまったく違う、そこに哲学、叡智、宗教的寛容性など微塵もない、単にエゴイスティックな無銭飲食者の調子ぱっずれな屁理屈程度のものだろう。

いずれの日にか、海水面が生存限界の閾値を越え、外気は耐え難き灼熱地獄、狭い富士山などの高い山々に人々は集中、そこには共産主義、キリスト教的博愛もなく、我々の子孫は弱者、貧乏人の順番で消えさると推測する。
地球上は無生物どころか、生物の痕跡すら消滅する日をどのようにむかえ様としているのか、各々cop15出席者の論旨を伺いたいものである。

Imgp2372




その後、利休は切腹を命じられる。

秀吉は晩年、利休がいたなら・・・と呟く。

さしだされた梅の枝をしごき、水面に梅の花を散らした利休の並々ならぬ意思、他力思想とは自分を自然の中に預けて自然大に拡大しながら、人間を超えようとする事ではないかと結んでいる。

|

« ル・クレジオの言う宗教性 | トップページ | 釣り師の物差し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/32666852

この記事へのトラックバック一覧です: 臨床:

« ル・クレジオの言う宗教性 | トップページ | 釣り師の物差し »