« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月21日 (木)

新実智光の心の闇

Imgp3650

新実智光被告の刑が確定したらしい。
その後、ほかのオウム信者らが次々と離れる中、彼は今でも強固な信心を変えない、或いは変えられないのだろうか。
いったん何かを信ずると、信じた己を容易く裏切れないとしても、師と仰ぐ麻原彰晃が世間様より、全人格すら否定されてもなお自己相対化できない新実智光のいきざまに、何故か空疎な善悪論だけが徘徊している。

麻原彰晃の云う’行’がときに恍惚を生み、修行の過程で超能力が付くと称し、もしも失敗したなら地獄行きなどと、非科学的で珍妙なる論理ですら、宗教にスキルを持ち合わせない、無抗体の科学者らまでもが感作された。

犯した罪は決して肯定出来やしないが、悩み探した挙句、在来の仏教に少し留まるもやがて通り越し、彷徨い、最後にやっとたどり着いた、それが身の丈にあった教義を有するオウムだったのだろう。

連合赤軍の永田洋子を思い出す。
新実智光同様、引き金になった要因の一つに身体上のコンプレックスがあったとも云われているが、ある種のいいかげんさ、幼児性をあわせ持つ故のおぞましさ、残酷さに於いても共通点がある。

Imgp3673

日本古来の伝統仏教からオウムを否定する意見は確かにでた、しかしオウム信者救済の為の代案はいまだに提供できないでいる。
新実智光が多数の人を犠牲にしてまでも夢見た形、空間、それがどんな理想郷だったのか、涅槃なのか知る由もない。

また、自己相対化できないほど決定的な思想を有するまでに、どうやって沢山の障壁を乗り越えたのかといった疑問とともに、見ようによっては新実智光のある種、確信犯的澄んだ眼はその原因、治療、予防方法を現代に問うているのか。

また被害者感情は別として、仮に今生で人生のミスマッチに気付き、自己相対化できたとしても、新実智光師にとっては、それが最良の選択肢だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

アダムとイヴは結婚したか

Imgp2025

♂としてカスタマイズする為に♀の性染色体xをyに変え、ホーデンよりテストステロン分泌を指令するsry遺伝子を伴って出現し、有性生殖の時代に突入したのはいつだったのか。

ヒトのご先祖様が発生以来、y染色体のコピペは厳密、正確に現在にまで続き、稀に生ずるy染色体上の多形性も含めて正確に伝えられるゆえに、各民族の移動歴も克明に地域に残っているらしい。
よく例えられるチンギス・ハーンのy染色体を引継ぐ方は広大な中央アジアの男性数2億人の分母に対し、1600万人の男性が持つとされるからその数値には驚かされるが、そこから英雄、蛮族説に至るフィクションが沢山生まれているのも事実だ。

またy染色体上の各多形性出現頻度と、卵子間でのみ受け継がれるミトコンドリアdna解析より場所、時系列も既に解明されている。

遡れば十数万年前、一人のアフリカで生まれた男性、そして一人のアフリカで生まれた女性にたどり着き、y染色体上、最初の♂をアダム、そしてミトコンドリアdnaのはじまりに位置する♀をイヴに喩えられているが、時系列では否定的な意見もある。
仮に同一時間、場所としてもアダムとイヴを関連付ける証拠は今のところないらしい。

Imgp2060

サイエンスの深淵を感ずるとともに、なぜアフリカなのか、エコロジカルな興味も尽きない。
日本では文献上、天皇家にも朝鮮半島系の血が混じり、いわんや日本人たるや色んなdnaのるつぼ、まるでニューヨークの地下鉄車内の様なものだろう。

当然の事ながら国の数、民族の数だけイデオロギーがつくられ、その中にはユダヤをスケープゴートに祭上げてアーリア人の優位性を説いたり、中韓蔑視を内包した、神州不滅とやらの国を滅ぼす国家イデオロギーも突如出現、驚くことに大多数の民意もまた賛同した歴史も併せ持つ。

ゲルマンのアーリア人優位説は否定され、また後者は分子遺伝学から覗いたなら、属性はかなり近く、滑稽ですらあると思いつつ、チンギス・ハーンが孤軍奮闘し男性に残したy染色体なんて所詮、生物的♂として、はかないメッセンジャーボーイでしかないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

釣り師の物差し

Imgp2091

釣り師の物差しは実物より小さい事がある。
その小さい物差しはその経験を積み重ねるうちに徐々に復元、やがて実物大となる・・・、事もある。(笑)
分かりきった事だが脳内ドーパミンの分泌量に物差しの大小は影響しない。

もしも「釣りに物差しは必要である、何故なら釣り師とはあくまで俗物に過ぎないからである」等と開高 健が仰っていたなら、確実に胸をはった俗物釣り師が一人は誕生していた筈である。

中途半端な俗物ながら、今年こそ大物を釣り上げ’MDMAなんてちょろいぜ’等と、ほざいてみたいものだが、さて。

Imgp8057

ここ北海道では中世から近世に至るアイヌと和人の商取引は「アイヌ勘定」と言われた物差しがあった。和人の世界ではくるいのない至極当たり前の物差しであったのか、アイヌに対する、詐偽だの、犯罪行為だのといった一文字すら出てこない。

仏の物差しには目盛りがないと、ひろさちあさんも書いているが、仏の御心の伝道師であろう現代のお坊さんにあてはまるだろうか。

ところで、キリストの物差しはどんなものなんだろう。
汎神教的人種からみると、一神教のトップランナーであろうキリストさんは仏さんとは逆に、シビアな攻撃性をあわせ持った物差しを持っているのかもしれない。
その物差しでもって、眠っていた各国のイスラムfundamentalismに火をつけてしまったから、ややこしくなった。
いずれの日にか、アッラーのカミさんを仰ぐイスラムの入信者数はクリスチャンをぬき世界一となる事は間違いなく、やがてその差が確実に広がった時、原理主義者らは如何ほどの行動をとるのだろうか。

Imgp2004

カナダ、バンクーバー島中部、ナナイモよりキャンベルリヴァーに向う途中、荒涼とした原野に「石狩神社」の銘が入った鳥居だけがポツンと建っていたが、諸外国で日本人移民の多く住んでた所ではお寺、神社、中には御地なりに習合し、両社の区別がつかない社さえ目にする。
同様に、東京はおろか、そのうち京都にもモスクが建ち、ヒジャーブで髪を覆う女性と芸妓さんが並んで歩く日もそう遠くはないだろう。

グローバリゼーションとはある意味、物差しの違いから必然的に発生するカオスの中で、とめどなく新しい匂いを持った文化をつくり、時に戦争も演出している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »