« イエローカード必携の頃 | トップページ | 手で喰う朝めし »

2010年3月27日 (土)

あるアメージンググレース

Imgp2162

大方の日本人が思い描く清教徒、ピューリタンとは17世紀、新世界に旅たった質素、無垢にして神の下の平等を説く、宗教心の清い人々、といったものか。
しかし、新大陸に入植したピューリタンの多くは「邪魔なインディアンは悪魔が創作したもの」と考え、それを抹殺する為、なんら躊躇いもなく天然痘に汚染された膿汁、痂皮を毛布にすり込み、ばらまき、そして理想郷を造った。

ナチのホロコーストはそのメソッドに選択肢は色々あったみたいだが、こちらは単純にして簡便、しかしご本人自らも感染し、返り討ちに会ってしまった。

一方、ここ北海道でもアイヌ語の’ぱ’(pa)は痘瘡、つまり和人が持ち込んだ天然痘(イモガサ)を指すことが知里真志保、J・バチェラーらのアイヌ語辞典にも記載されており、恐れられていた伝染病だったのだろう。

実際、種痘摂取の際にアイヌの中には山奥に隠れた者もいたと「静かな大地/花崎皋平著」には書かれているが、人痘法ではなく牛痘法だったはずである。

1imgp7861

後の1857年(安政4年)、函館奉行所の調査役、水野正太夫持場種痘済み候人数調書によると、志津内場所675人中437人種痘相済みで、実施率は68%と記されている。
<アイヌの国から/鷲塚鷲吾朗の世界 藤本英夫著>より引用

ピューリタンの隠れた残虐性、おぞましさは、今に通ずる民族のプロトタイプを見る様でもあり、「天然痘は神が与えてくれたアメージンググレース」と考え、そして割りきれるアングロサクソンに、唯一にして絶対神は存在しているのか。

或いはピューリタンという仮面の整合性の問題なのかもしれない。

|

« イエローカード必携の頃 | トップページ | 手で喰う朝めし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/33888445

この記事へのトラックバック一覧です: あるアメージンググレース:

« イエローカード必携の頃 | トップページ | 手で喰う朝めし »