« リーマンショックのはるか前 | トップページ | 生物学と医学のはざまで »

2011年2月14日 (月)

名もない温泉

Imgp8416

流れ込む無色透明の自然湯から析出された湯の花から勝手に想像するに鉄分、石灰、珪酸を含み、若干の硫黄臭は酸性なのか、その湯に浸かりながら地元漁師さん等と釣り談義もまた良い。

恵山御崎漁港に面した無看板の温泉小屋から対岸の青森尻屋岬の眺めは正に絶景でカナダ国境沿いから南方に眺めるシアトルに似ており、漁村に漂う硫黄臭は南十字星を眺めながら浸かったrotoruaの露天風呂を彷彿とさせる。

先ほどまで使っていたサクラマス釣り用のマスシャクリ仕掛けに談が及んだ所、同湯していた地元の老漁師も会話に加わり、
「俺等はテンテンと言うんだ、戦後、この町の花田民乃丞(民之丈?)という人が刀掛けの鹿の角を用いて造り、その結果が良かったので皆真似たんだ」と教えていただく。

聞くに、釣り竿を用いず腕の上下運動だけで行うそのマスシャクリ仕掛けに隠された臭い、形状、動作、色彩等は究極に凝縮されたオリジナリティの塊である事、また恵山の漁師等は各々自作し同じ物は一つとしてない等々楽しい釣り談義であった。
アングロサクソンが考案したとされる現代のルアーに比べてもはるかに深淵で、尚且つ芸術性を併せ持つ一品に日本人ならではの英知、技が見て取れる。

このマスシャクリ仕掛けは従来、日本海沿岸の何処かの漁村で考案されたとも噂されていたがひょっとして恵山御崎が発祥の地であるのかもしれない。
又、この仕掛けにやや重量感を持たせると南半球のヒラマサ釣りにも充分対応できるのではないかと一人合点がゆき、来年の宿題が一つ増えた。

1imgp3526

漁港に面したこの名もない温泉も夕刻になると地元の老若男女が一つしかない小さな湯ぶねに浸かり、暫し交流の場になるらしい。
今でも北海道の片田舎にこんな素朴でゆったりと時間の流れる所がある。我々現代人が忘れてしまった大事なものがこの小さな漁村には残っている、これが本来の秘湯なのかもしれない。

自利があたり前になってしまった今、世知辛く変性してゆくのが近代の宿命とは思いたくもないが、ひょっとして日本人はまだ失っていないかもしれない利他の心はこんな所から生まれたのか。

|

« リーマンショックのはるか前 | トップページ | 生物学と医学のはざまで »

コメント

遠征まことにお疲れ様でした。
ここの温泉を幾度か探しましたが場所が解りませんでしたが、看板すらなかったとは知りませんでした。
この日函館山裏沖ではサクラマスが爆釣だったようで、友達から5本もらいました。
バケが落ちていかなくなる程の釣れ具合だったそうです。
回遊魚は釣行のタイミングが難しいです。

投稿: 北遊人 | 2011年2月18日 (金) 16時47分

バケが落ちない・・・夢の様なお話ですね、船頭さんら同船した方々も釣れませんでしたので今回は愚生の腕の悪さだけが目立つ釣行ではなかったです。(笑)

少ししか離れていない函館沖が大漁ですか、とっても悔しいですね。

それにしても湯、景観・・・素晴らしい所です。

投稿: 与作 | 2011年2月20日 (日) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/38868879

この記事へのトラックバック一覧です: 名もない温泉:

« リーマンショックのはるか前 | トップページ | 生物学と医学のはざまで »