« 小林秀雄のいう常なるもの | トップページ | 鹿部沖で釣り談義 »

2011年7月30日 (土)

ある老漁師さん

Imgp3679

ご無理をお願いし、漁師の刺網漁に同船させてもらう。
この船頭さん、一年のうち休むのは元旦のたった一日のみで、とにかく一人で海に出ていなければ気が済まないご高齢の寡黙な人である。
深夜に出港、数十分で漁場に到着の後、前日に仕掛けておいた刺網をドラムという巻き上げ機でどんどん引き上げにかかる。
この夏の時期はマカジカ、マカスペに混じりカレイ類ではマツカワが結構掛かっている。

そのマツカワは大きなものでは60cm前後の♀魚とペアでふた周りほど小ぶりな♂魚が刺網のほとんど同じ部位に引っ掛かって上がってくる。
こんな大物が釣竿に掛かればなんて妄想を抱きつつただ見させて頂くだけだがたまらなく面白い。

くわえ煙草で背筋をピンと伸ばした老船長は時々ドラムに掛からない大物を目の前で獲り逃がしてしまっても、また大きな横波をくらっても平然と作業を続行する姿に何十年と一人で体を張って勝負し続ける、北海道の漁師の男臭さが何処となく漂う。

3・11東北地震の時、当然ながら太平洋に面したこの漁港にも大津波が襲来したそうで漁港に停泊していた自船を沖へ向かって避難するのがあと数分遅れていたならこの船もろともやられていたと独り言の様に仰られていた。

漆黒の中、ただ黙々と続く刺網漁の後姿に命がけの仕事につく人間のみが持つ深い味わいはそうそう陸の上では見られそうもない、昨今、日本人は自信喪失、更にはさい疑的でニヒリズムにおちいり、時に未熟化してゆく中でほっとする人に出会えた。

Imgp3668

夕食のマカジカの三平汁は正に最高、日本人に生まれてよかったと感謝する一瞬でもある。特にマカジカの肝は鮮やかなミカン色を呈し、腫大しているのか、或いは天然の脂肪肝なのか、とにかく比類なきお味である。

病的なまでに食意地の張ったフランス人は悲しげなガチョウに無理やり不味い高カロリー餌を過食といよりは飽食させて人工的に脂肪肝を発症させる。それが若しや肝機能障害を合併しているのではという疑いが払拭できない食材にフォアグラがある。

愚生の貧弱な舌ながら頂戴したカジカの肝はフォアグラの比ではない、食感共々正しく絶品であり、第一級の食材であるのは間違いないだろう。
「ウメーゾ、喰ってみろ!」と朴訥な一言は大いなるプライドの裏返しでもある。

Imgp2408

暗闇の中、左舷側上方に設置された照明が煌々と照らす中、時おり飛沫と一緒に浮かび上がる船長の顔の輪郭は一瞬、レンブラントの光の部分を彷彿とさせ、ヘミング・ウェイ/Hemingwayがカリブの海に登場させた老漁師サンチャゴを想起させるには充分であった。

|

« 小林秀雄のいう常なるもの | トップページ | 鹿部沖で釣り談義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/41012820

この記事へのトラックバック一覧です: ある老漁師さん:

« 小林秀雄のいう常なるもの | トップページ | 鹿部沖で釣り談義 »