« ある老漁師さん | トップページ | ラリマーのブレスレット »

2011年9月29日 (木)

鹿部沖で釣り談義

Imgp2759
9月27日、快晴やや風が強かったが船上で現役引退された船長と愚生の二人だけでオヒョウ/はりばっと/halibutの獲る場所、方法、お味の談義はとても楽しかった。
この船長はスペイン語が堪能で若い頃は日露漁業の機関士、漁労長として、その弁を借りれば’あの憎っくき200海里法’が施行されるまで世界中を周ったそうである。
アルゼンチンの沖で鯛をトロールで獲り尽くしたこと、その港町のきかない女性のこと、ロサンゼルス沖で獲ったキングサーモンの旨かったこと、そしてアラスカ、コディヤック島沖でトロールで獲った畳一畳半もあるでかいオヒョウに話が及ぶとヒレの天ぷらがとっても旨かった等々、なかなかの趣味人であり、好人物でもあった。

愚生のオヒョウ釣りの記録はエリモで10-30センチ位、カナダではせいぜい1メートル位のもので勿論、そんなお化けの様なオヒョウには開高 健同様にまだめぐり合っていない。

ところで肝心の愚生の釣竿を揺らす様な当たりはなく、時たま小さなガヤ、カジカが喰い付く程度で本命のババカレイはなかなか釣れないのは技術の差なのだろう。
Imgp3905
帰路、円空作のお仏像を拝観させていただきたく有珠の善光寺に寄り道し、寺職第19代目の若和尚に無理を承知でお願いしたところ快諾してもらえた。
大よそ縦60cm、横幅35cm前後の大きさで、ご本体背側に製作年月日と円空(花印)と刻印がなされ、前屈み姿勢で穏やかなお顔立ちは柔和で慈悲に満ち、後期の突き刺すようで、荒々しく暴れ、悩み続け、悩みぬいた作風とは全く異っている。

後世の俗人はやれ国宝だ、重要文化財だのと病的なほどにある種のランク付けを好む悪癖があるが所詮そんなものは円空さんにとって俗事にしか過ぎず、その余りにも強烈な生きざま、死にざまをあえて選択した、その人として、お坊さんとして、また仏師としてその御心を目前に鎮座する木仏より読み取れない自分を円空さんに恥つつ、詫びつつも何時の日にか円空さんを理解出来るような心眼を持ちたいものである。

また大変失礼かとは思いつつ、仏門もくぐりその心得もあった松浦武四郎がここ有珠善光寺に寄り、和尚の読経を聞き、後に確か蝦夷日誌か何かの中で、それをいい加減な経として痛烈に批判しているが、武四郎関連の記録はないとの返答であり、初代、若しくは2代鸞洲(ランシュウ)住職の頃ではないかとの説明であった。

Imgp3897
約130年前の明治11年、シティ・オブ・トーキョー号で横浜港に着いたイギリス、スコットランドの田舎生まれの女性旅行作家イザベラ・バード/Isabella L. Bird女史は既に40歳代の小太りのおばちゃんになっていたがアシスタントのイトー/伊藤を雇い、危険を承知の上で、東京よりテクテク歩き、時にはお馬さんにまたがり東北経由で津軽海峡を渡り、函館から森町へ、そこから船便で室蘭に着き、登別、苫小牧、厚真、富川を経由し目的地であった平取のアイヌ宅で数泊、その帰路、ここ有珠善光寺を訪れた時の様子が自著「日本奥地紀行」高梨健吉訳、平凡社版/unbeaten tracks in Japanの中に詳しく書き残している。

『ちょうどそのとき、頭を剃った僧侶が、色褪せた緑色の錦の衣服をつけ射し込む日光を浴びながら静かに歩いて来て、祭壇の蝋燭に火を灯した。新たに香が寺の中に立ち籠めて、その香気は人の眠気を誘う。まことに感銘深い光景であった』
                  (日本奥地紀行、p346より引用)

その時、住職とイザベラ・バード女史の短い会話の様子も情緒豊かな文章の中に書き残しているので女史訪問の記録の有無も寺に尋ねてみたが此方もないとの事であった。文中の緑色衣服の格式からしてそのお坊さんは第9代、中野梵耕住職との説明であった。

ここ有珠の地はアイヌに対してバチェラー夫妻が聖公会堂を開いてキリストの教えを説き、その前に善光寺が浄土の教えを説いたが、そもそも歴史的には和人と称するハイブリット種よりもはるかに古く遡るアイヌ民族には日本仏教の原点にも共通する、或いは影響を与えた仏教渡来以前の素晴らしい汎神的宗教を延々と今に引き継いでいるにも拘らず、往時の幕府政策の一環とはいえ、なぜ有珠善光寺はアイヌに改宗を迫ったのだろうか、根源的疑問は消えない。

もしや、少数者のアイヌを劣った民族と解してその宗教性まで否定した上で、文化的にも自らが優位に立つと自惚れた和人が撫育などと称して仏性を説いたのであれば大きな誤りであろう。

「アイヌには先祖伝来の宗教がある、そんなもの必要ない」と怒ったアイヌもきっといたに違いない。

|

« ある老漁師さん | トップページ | ラリマーのブレスレット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/42110617

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿部沖で釣り談義:

« ある老漁師さん | トップページ | ラリマーのブレスレット »