« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月25日 (日)

牛丼1杯、280円

Imgp2498
各牧場には馬頭観音さんが祀られ、速く走れないサラブレットさん、子供を産めなくなったお母さん馬達を供養している。
また獣魂碑も同じく、従順なこころと余りにも澄んだ眼を持って無垢な生き様を晒した動物たちを祀り、供養している。
しかし今、厚労省の言い方を借りるとそれらの供養塔は動物性蛋白源に対する免罪符でしかないのかもしれない、それを不可避的に良としても、不平不満を語らず時には家族以上の存在でもあった者達に対する人々の深い想いが込められているのだろ。

ユダヤ人を両親にもつ、ピーター・シンガー/peter singerは’なぜ動物を喰らう事が道徳的に是認できるのか’と問われ、1970年代に著した「動物の開放/animal liberation」は世界的ベストセラーになった。
シンガーは功利主義を用いて理路整然と幸せは善で、苦しみは悪とお題目を唱えたところから動物権利運動/animal rightsだの/animal peaceといった社会運動が起こり、それは主にアングロサクソン、ゲルマンが多く住む国でより活性化し、各国の実験動物を扱う研究施設は動物愛護団体から襲撃を避ける為に恰も核シェルターの如き様相を呈していたが日本では殆んどなかったように思う。

いまでも彼等は菜っ葉しか食べないとする菜食主義という欺瞞に満ちた行動を取り続けているのか甚だ疑問だが功利主義に含まれる判断基準の一つである’動物の苦しみ’はデジタル化、図表化できず、また生物の生きる価値を何故か’知性’に求めた為、必然的に主観的要素が介入してしまった。つまり言語を欠くが故の本論の難しさと共に何故かしっくりしない論法に十人十色の直観と本能も入り込み、本来学問の持つ怪しさも少なからず感ずる。
生物の生きる価値を’知性’に求めたことは必然的に種による差別化が生じる、ゆえにカンガルーだのクジラを喰う、喰うなの屁理屈の応酬に繋がるがその頃はまだ捕鯨が槍玉に挙がっていないのも妙である。
Imgp2476
昨今、福島原発事故地周辺で立ち入り禁止区域が設定されそこには痩せこけたいろんな種類の動物たちが画像として映し出され、その中には軽度の放射能を被って逆に生き永らえた肉牛さんの姿もあった。
それを茶の間で眺める我々は肉牛さんに対し直観的になにを思うのか、その問いを己の中に引き込み問い直すか否かは勝手だが、束の間の自由を得て喜び遊び回る肉牛さんに拍手を送る人もいれば、哀れに思う人もきっといるだろう。

ホモサピエンスが遠い親戚である多毛の四足動物を考える場合、今後如何ほど動物の脳科学が進歩しようが動物の内面を我々は完全には理解できないだろう。
しかし屠殺場/食肉処理場に搬入された動物がそこで血の匂いを嗅ぎ、そこがどんな所か分からない動物などいない。

大脳が破壊され、放血されるまで暫しの時間、その脳内の活動電位とある種の鳴き声を聞いた人のミラーニューロンの活動電位とはたしてどちらが極限に近いのだろう。
肉を喰らうことに対してアイヌはその魂を送りカムイに心より感謝してから頂き、仏は抑制的ながらも否定せず、イズラムは何故か豚だけを断ち、西洋の神助に至っては神よりの贈り物とそれぞれが勝手に都合よく考えた。
それぞれのカミ、ほとけ等はこんな非人間的な論理を知らず知らずのうちにあまりにも人間的に解釈しているがそれをして思想という人もいる。

それらmaterialsはやがて化粧品、医薬品などにも形を変えるがピーター・シンガーは自説の対側に潜む数倍の逆説と葛藤している様子が行間に垣間見える。
しかし愚生はその説を大きく凌駕する肯定或は否定説にいまだ出会っていない。

そんな幼稚な事を書きながら牛丼1杯280円が高いか、或いは安いか思いめぐらす悪徳なもう一人の愚生がいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

イマジンの六番目の歌詞

5imgp2332

manhattan/nyの72丁目、交差点近くのセントラルパークにストロベリーフィールズ/strawberry fieldsがある。そこにイマジン/imagineの碑が埋まっている。
初めて行った時は見つけられず、翌年も地面に立つモニュメントを想像して探し回ったが見つけられず、道行く人に尋ねたら愚生の足元を指差して先方共々大笑いした。
学生時代によく流れていたビートルズの曲、行けば何故か必ずそこに寄り道して暫しの間ベンチに座る。
公園を行き交う人々の表情にアングロサクソン特有の笑顔が年毎に遠のいてゆくのが実感される。
ニッケル硬貨を一枚置くのが習慣になってしまったがべつに他意はない。

imagine、つまり想像してみろってこと、no heaven/no countriesと当たり前のことを歌っているだけの事である。
しかし9.11ny/nyテロ以降、自由のお国において愚かな事に一時発禁となった

十年以上経過した今、イラン人を父に持つ日ハムのダルビッシュ有が大リーグを目指し、その指名希望の球団にny/yankeesの名もある。
理由はいたって簡単、アラブ系の人々も観客として動員することも一因とか、まさに人の世は移りにけりな、である。

2imgp8018

ジョン・レノン亡き後、オノ・ヨーコは人種という強烈な壁にぶつかりはしたが濃厚で脂ぎっていた1960-70年代を象徴する人物でもあった。

「銀のしずく」知里幸恵記念館設立へ向けて北大の小野有五先生との縁も関連しているのか、オノ・ヨーコ自身も賛同者に名を連ねていた。

もしもimagineに第六番目の歌詞があったならno racism/の一語が入っていたかもしれないなどと勝手に思う事もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

ゼロ戦が飛んできた日

1imgp0268

確か1970年代だったのだろうか、アメリカ本土より帰国の途中オアフ島に寄り、カラカウワ通りに面したホテルで数日過ごした事がある。今そのホテルはマリオットと名称は変わったが当時はたしかリージェントホテルではなかったろうか。

当時、50歳代のある日系ルームメイドさんがベッドメーキングの際、西方のホノルル国際空港があるパールハーバー上空を指差し「三十数年前の12月7日、日曜日の朝、日本軍のゼロ戦がいっぱい飛んできました、湾に停泊していた船が沢山燃え、とても怖かったでした」と自らの目で見た真珠湾攻撃の惨状を英語混じりのたどたどしい日本語で説明して下さった事が今も心に残っている。

今思えば彼の地の日本人、日系人等がその後に蒙った被災に対して労わりの一言も発っしなかった同系の一人として恥ずべき事でもあった。

日米間で軍事的緊張の高まる1941年、日本の軍港より主力戦艦、空母の全てがいなくなった事、またハワイへ向かう日本の大艦隊をアメリカは知らなかったとする公式の見解を自海軍基地の甚大な損失からしてもこの先もきっと変えないだろう。

うすうす急襲を知りつつ、加えてdeclaration of warの遅れがremember the peal harborのフレーズを見事に作り上げたが稚拙な日本の政治手法を手玉に、嫌戦的国民に好戦的ナショナリズムを芽生えさすには充分過ぎる演出であった。

Imgp2986
今、アメリカをとやかく云うのではなく、勝算なき戦争に突進した往時の政治スタイルとisd条項すら認識していなかった現政権がtppを推し進めるその政治スタイルは余りにも似通っている。
往時の日本海軍、そして現政権も戦略的思考、技術が決定的に欠け、行動の殆んどがアメリカ政府の意のままに操られていることも共通している。
他に選択肢は多々あるにも関わらず、親米、保守がうたい文句の大半の松下政経塾出身者がデフォルトに向かいつつあるアメリカに対し、将来の吉凶が全く予想すら出来ない博打ち的手法を選択したことになる。

画像でしか知らない戦後の焼け野原の残像と、予想される薄ら寒い将来の仮想現実がダブって見えるのは愚生だけではあるまい。

それはtpp参加決定に対してではなく政治の恐ろしいほどの無能化、劣化でありその根っ子には今の政治家のあやふやな国家感が透けて見える故なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »