« 多喜二、世界に出る | トップページ | 君が代/吉本隆明のこと »

2012年2月25日 (土)

グループ1984考/つづき

Imgp8057
グループ1984著、「日本の自殺」の主な項目は「日本没落の予感」、「ローマ帝国滅亡との類似」、「危機は日本人の中にある」、「豊かさの代償」、「現代文明がもたらす幼稚化」、「デマによる集団ヒステリー」、「戦後民主主義の弊害」等々である。
最後にあらゆる症候からして日本社会内部に強力な自壊作用のメカニズムが働いていること、このメカニズムを除去しえない限り日本は駄目になると明記している。

37年前に出された本論は見事に今を見越していた、まさに慧眼の極みとは本論のことを指すのかもしれない。
ならば近未来の国家像は仏眼にどのように映っているのか。ギリシャをはるかに超える可能性も秘め、あまりの惨状に仏はその眼を閉じているのかもしれない。

現代の若者像について山内昌之は「21世紀のパンとサーカスに抗して」と題した文中に、鍛錬やしつけを受けない若者が国際社会に雄飛できるはずもない。やがて若者は就職できない状況を嘆き社会にルサンチマンを感じ、政府に不満だけをぶつける存在に退化するであろうと述べている。
また石原慎太郎は田中慎弥著『共喰い」の芥川賞選評に寄せ「自我の衰弱」と題した中でこの国の自我の衰弱は最近の文学作品も同様で描かれる人間達のほとんどがちまちまとひ弱く、横並びの印象と述べている。

それやこれや政界を含め社会内部で起こっている症候は自壊作用のメカニズムが働いていると指摘する本論は一読に値する。

Imgp8030
思い起こせばバブル期、世界に流通するお金の30%近くを集め鼻高々だった日本人、アズナンバーワンと煽てられ、manhattanの不動産を手当たり次第に買い漁って顰蹙を買い、本邦では見境なくダムだ、道路だと公共事業とやらに湯水の如くお金を注ぎこんだ結果のなれの果てだろう。
それを良しとした多くの懲りない日本人は国家存亡の危機にもかかわらず、今もなお新幹線をもっと作れ、交付税をもっとよこせなどと悪平等主義を盾に、凄まじい個人エゴ、地域エゴを繰り返す心情はある意味で極道と一緒である。
こんなことが長続きすることはないと皆知りながらである、まさしく危機は日本人の中にある。

いにしえ人がこれだけは守れと残してくれた’足るを知る’を猫も杓子も忘れっちまい、魂の内側と社会の深部から幼稚化し腐敗しきっている。

それはいらないと誰一人言わず、あるに越したことはないと誰もが言う。論、湿、寒、貧の思想から質素、清貧を尊んだ日本人、このこころ模様は本来の日本人の姿では決してない。

|

« 多喜二、世界に出る | トップページ | 君が代/吉本隆明のこと »

コメント

初めまして
たまたま、北風磯吉を検索していてここにたどり着きました。
日本の現在の政情など常日頃、私が感じていることを書いていましたのでコメントを書きたくなりました。
私は日本人の心は縄文時代に出来たものだと思っています。財産を所有する考えが出来た弥生時代はもう世界の他の国の考えと同じになっていると思います。
そこで縄文の心を残すアイヌ民話などに傾倒している状況です。今、日本人は縄文の心に学ぶことが必要かと思ってしまいます。
もし良ければ「ゆったり山登り」と名付けたブログを書いておりますので覗いて下さい。

投稿: スー | 2012年3月10日 (土) 06時44分

スーさん、
縄文イコールアイヌとは100%云えないまでもアイヌ民族に縄文の心が託されておりますね、ゆったりお邪魔させて頂きます。

コメントを有難うございます。

投稿: 与作 | 2012年3月10日 (土) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/44258583

この記事へのトラックバック一覧です: グループ1984考/つづき:

« 多喜二、世界に出る | トップページ | 君が代/吉本隆明のこと »