« 魔物の正体 | トップページ | ある小児科医の目線 »

2012年8月25日 (土)

ブリ釣り/余別、最悪編の巻

Imgp3355
ソラッ、喰ってるぞ、と船頭が怒鳴る!
見ると竿先がおもいっきり引き込まれている、仕方なく起き上がって釣り竿を持ち上げる、と重量感のあるブリ/鰤特有の引き、だが南西よりの強風に古臭い小さな漁船は左右に大きく揺られ、愚生の足元はおぼつかない。

8月22日、午後9時40分、積丹余別沖、水深40m域、他船は見当たらず、北方向には時たま遠雷が水平線を照らす。
愚生はまたまた重度の船酔いを患い、内心、来なければよかったと自省しつつ、

早く巻けー、もたもたすんなー、なにやってんだー、下手糞etc

の的確なフレーズが飛び交う中、なんとかタモ網の中にブリ/鰤が収まった。

続いて、すぐ入れろの厳命が飛ぶ!

すると間もなく次のブリが掛かる、の繰り返し、

だが愚生の体内では塩基平衡が次第にアルカロージスへと変わり、脱力、睡魔、vomiti..。

こうなると楽しいはずのブリ釣りは単なる重労働でしかなく...、

やがて午前零時を過ぎた頃より、一層風が強まり風速は20m以上に、まるで台風の中の如く。
つかまる物がなければ立っておれず、真っ暗な大時化の海に落っこちそうになること数度、横なぐりの飛沫で全身グッチョグチョ、眼鏡は役立たず、流涙、鼻汁は口の中へ、と情けないお顔と相成る。

Imgp3311
鬼の如き船頭にも少しの情け心はあったのか、愚生の間抜けな顔をきっと哀れにおもったのだろう、そしてますます荒れ狂う海を見渡して終にひと言、

もう駄目だー、危ねぇ、竿上げろー、と大声をはりあげ、

シーアンカを上げ、船の向きを180度変えた時に横波を受け大きく揺れたが、なんとか逃げるようにして、無事帰港、実釣時間≒2時間。

船頭さんには怒られ、恐怖をあじわい、

あげくに、

そこまでしてやるの、買ったほうがはるかに安い!

バッカみたいとは天の声!!

|

« 魔物の正体 | トップページ | ある小児科医の目線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/46817554

この記事へのトラックバック一覧です: ブリ釣り/余別、最悪編の巻:

« 魔物の正体 | トップページ | ある小児科医の目線 »