« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年10月20日 (土)

田舎道にて

Imgp3220
その昔、ルート66なる国道があった。
愚生はそれについコルベットc1を重ね合わせてしまう。
そこに朴訥で古いアメリカの臭いを嗅ぐがそれはまた白洲次郎とベントレ-1924のようなものなのかもしれない。

今はもうない、その一区間であったニューメキシコ州アルバカーギ/albuquerqueから旧ルート66(現ルート25)を北上するとサンタフェ/santa feに着く。もちろん道中にその昔放映されたノスタルジックな道路、風景も既にない。
ようは純血のムスタング/mustang見たさのドライブだったが時折、粋なランチョの看板を見かけるのみだった。

おおよそアメリカとはおもわれないサンタフェの赤茶色した家々に混じり聖フランシス大聖堂(Saint Francis Cathedral)がある。
The Cathedral Basilica of Saint Francis of Assisiとも称され、12世紀イタリアの片田舎のアッシジで生まれた聖人、とある。

往時、権力を誇った自堕落なローマ教会の中にあって’清貧’を説いた聖フランチェスの思想、行動は時も同じく叡山と対峙しつつその教えを説いた道元のそれを彷彿とさせるには充分であった。

イタリアからはるか大西洋を渡ってアメリカ中西部の砂漠地帯で異彩を放つ聖フランチェスの教えにはネイティヴインディアンも帰依したとあったが愚生にはとても不思議なことである。

Imgp3376
ネイティヴインディアンの信仰する多神教から一神教に改宗、転向するということ、之即ちアニミズムを信仰する北海道のアイヌに対し有珠の善光寺が仏法を説いたことに共通する。

洋の東西、アニミズムと一神教の間に大岩の如くそびえ立つ垣根をいったいどのようにして越えたというのか。
フランチェスはイスラムにおける自身の行動からしてもそのツールを或は持ち合わせていたのだろうか。

同じく、人に仏の教えを説くということは人が本来持ち合わせているであろう信仰の否定であろう。
ならば布教するということはせめて異教を自教と同等か、それ以上に会得、体得しえないと決して行ってはならない’業’であろうことをわきまえた上で法然の弟子らはアイヌに阿弥陀信仰を説いたというのか。
なにより代々変わることなく引き継がれてきた異教徒/アイヌの持つ崇高な霊性の価値、そしてあらゆる生命、山河草木にカムイ/神を宿らせ仏教の原点にも通ずるアイヌの思考法に付いて真摯に向き合い、何度も反芻したのだろうか。

また思想、信仰の転向は時に自身の否定につながりはしないのか、更には誰もが自己を完全にフォーマット出きるものなのか。

アメリカの砂漠の中で突如出くわした教会を前に東洋人として再臨を疑いつつも、浄土の真偽を疑うことなく只念仏を唱える裏側にはどうやら大きな公案が潜んでいるやに思われた。

Imgp6032
安酒にキャビアはよくあう。
復路その安い一品を買い求め、ホテルに戻ってバドワイザー瓶片手にパンの上に盛り付け食するとお味がどうも違う。
よく見るとその一品はcaviarではなく、釣行時に下手な愚生の針に掛かる’カジカ’と’ドンコ’の中間型の体型をした、たしかlumpfish卵と書かれていたと思う。

お魚さんと会話のできた聖フランチェスコの怒りはきっと無粋な愚生に向けられていたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »