« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

森町の鷲ノ木遺跡-3

Imgp8030
三浦誠一はまた、自然は人間が支配を許されたもの、自然を人間の財だと考える社会と、人間は自然によって生かされていると考える社会とでは、自然に対する態度や振る舞いに、おのずと違いが出てこようと残している。(三浦誠一著、滅びのアテナ/北樹出版p20より引用)

古くは松前藩史、菅江真澄記、武四郎記に、そしてイザベラ・バードが135年前にたどった旅行記にも同じく、蝦夷地は昼なお暗い鬱蒼と生い茂る巨木で覆われた大地であったと記されている。

それらの書には先住者のアイヌに対するrespect and/or disrespectを持った視線と両極に分かれるがそれは別項に譲るとして今の北海道と比べてみよう。

誤解を恐れずにいうと地の利を生かした一次産業は伸びた。
収奪型の産業も伸びた、たったそれだけである。

そこには縄文人の説いた’再生産’という考えを決定的に欠いた。
よって人は資本を投入してわれ先にと大木をお金に換えた、見境もなく御魚さんを獲りまくった。
その結果、今や北海道の山々に大木は一本もなく、御魚さんは激減するという余りにもお恥ずかしい、みっともない現実に加え、次第に空き農地、廃屋が目立ちはじめ、今や小さな農漁村は後継者難である。

人は原罪を肯定しない、故に’近代化’と響きのよい表現をし、近代人と自惚れ、自然を人間の財だと考える社会がなした悪行のなれの果てある。

Imgp8024
愚生の目には北米に散見されるゴールドラッシュという宴の後の廃墟と化した街に並ぶ、酸化しきれない鉄くずの様な工場群、そこにはシャブを回し射ちした注射器が散乱し、廃車が転がり、更には高級材のヒノキ、栂材を伐採し尽くした跡に、無残に悪臭を放つ木工場、その横に建つ崩れかけた酒場を兼ねた女郎屋とだぶって見える。

そこにわずかに居残る虚ろな目をしたご老人に聞くと、いっときの、腹いっぱいの、過去完了の自慢話に目が輝くが所詮は現実否定のなにものでもない。
それはまた、日本海沿岸のニシンを獲り尽くした、いっときの栄華を物語る老漁師の寂寥に似る。

成し遂げた、めいっぱいの男の美学は確かにそこにあるが・・・。

アイヌの古老には、北海道の川は多少の雨が降り続いても決して濁らない川だった、と教えて頂いた。しかし今では小雨でもすぐに泥濁りとなる現実ひとつをみても北海道で環境哲学はいまだ無力、ましてやそれを来たる大獄への予兆とする視点はない。

縄文人はありったけの叡智をふりしぼって地上のあらゆる生物、無生物に神を宿らせ近代人にそっくり手付かず引き渡した。だが近代人はそれをシロアリの如く、喰い尽くす作業を進歩とのたまい、ゴキブリの如く生殖し、その生存許容限界をはるかに超えてもまだ無制限に、凄まじい勢いで増殖している。

自己拡大による過飽和の恐怖をハーディンは救命艇の選別に例えたが、果たして救命艇はどこに行くのか。
人間のあり様に対する根源的問いに蓋をし、いずれ実存を根底から絶対否定する日を迎えようというのが現代文明、ならば哲学なんて無力なものと縄文人はシニカルに笑っているだろう。

                            つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

森町の鷲ノ木遺跡-2

_097
人は生、死という難問を背負う、縄文人とて同じこと。
’いま、ここ’を問い、どこへ、そして遂には時間も場所も取っ払った無始終の思想を作った。
それを輪っぱに込めた古人の深くて豊かな智慧は通称、鷲ノ木遺跡と呼ばれるストーンサ-クルに詰まっている。

それを進化したと自惚れる子孫は、やれ哲学だの、宗教だの、芸術だのと、セクトじみた模索をするからややこしくなるだけで、学問としてのmaterialsにはなり得ても、空調の効いた研究室で、机上のpcと向き合って導き出されたresultsに愚生はあまり興味はない。

そもそも環だとか輪、円だとか後世の研究者を名乗る輩が勝手に形容しようがその精神の深遠なる域には到底達しえないだろう。

縄文人は生活の座標軸をゲニウス・ロキ/genius lociに求めたのだろう、ならば’鷲ノ木遺跡’には、先人の霊性、自然観とともに、その難問に対する’解’を我々子孫に残してくれた。

それは極東のこの地に、耶蘇でも、イスラム教でもなく、仏教なる新興宗教が布教される遥か前、梅原猛のいう土俗信仰の遥か前、勿論アマテラスの神さんの遥か昔の宇宙観なのかもしれない。

_099
その宇宙観をル・クレジオは「自然の岩、川、森などなども魂を持つものとして、私たち一人一人を保護してくれ安心感と調和を各人に与えてくれる。それはちょうど父母が与えてくれるような安心感と平和のイメージでありこれこそ宗教性の本源であり、調和と均衡の宇宙イメージである」と述べている。

そこにはきっと現代宗教の伽藍にみる、くど過ぎるほどの華美な装飾、そして宗派間のセクトじみた愚行もなかったのだろう。

今、その鷲ノ木遺跡と呼ばれるストーンサークル直下に何の躊躇いもなく、至極当たり前のように、平気で高速道路の大穴をあけることが、はたして近代化なのかという問いとともに、かくも縄文人と現代人の世界観は乖離してしまった。

縄文人の子孫である我々は’鷲ノ木遺跡’を前にすると、
「お前達の社会、お前達の株式会社は成長し続けることでしか維持できないのか」と、問われる。

「北海道人は、成長こそが人間の取りうる唯一の可能性だと真顔で信じているのか」と、問われる。

「北海道人は真に成熟した社会を目指しているのか」と問われる。

いったい何を得て、何を失っているのだろうか。

                                         つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

森町の鷲ノ木遺跡-1

Imgp2375
北海道南部の噴火湾沿いに森町という田舎町がある。
南北に羊蹄、駒ケ岳を抱えるその絶景は世界を探してもそうあるものではない。
そこに我々のご先祖様である縄文人はヨッコラショと重い石っころを沢山運んでストーンサークル/環状列石、通称’鷲ノ木遺跡’なるものを今に残してくれた。

今更言うまでもないが、縄文人のdnaは、アイヌ民族に色濃く引き継がれているが、日本人と称する大方の人にも濃淡の違いこそあれ弥生人のdnaと共に、二重ラセンの端に、申し訳なさそうにペーストされているのは今や遺伝学の常識とされる。

豊富な食糧を生む温暖な噴火湾の周囲には、沢山の縄文人が生活し、とりわけ森町の’鷲ノ木遺跡’は今でいう寺社のようなものだったのだろう。

縄文人の原初的な信仰はきっと自然と一体であり、その祭壇は石と流木くらいの至極簡素なものだったのだろう。
そこには火の神、水の神のほか、沢山の神様を祀り、タナトスにはきっと輪廻の思想もあったと愚生は勝手に想像する。何故なら、今のアイヌ民族がご先祖に対してイナウを立て、イㇰパスイで酒をふるまい、敬う、イチャルバと呼ばれる儀式にその思想の片鱗がみえる。

縄文人の日常はきっと自然を打っ壊すな、獲り過ぎるな、喰うだけだ、の思想を基本とし、ストーンサークルの中では、時に焚き火を囲み、月を眺め、或いは濁酒を片手に’オラ達ズウモンズンは何故存在するんだべー’と哲学論議に花が咲いたのかもしれない。
そんな時間も、お金も石っころの様な時を過ごすうちに弥生人と邂逅、カオスへと引きずり込まれたのだろう。
Imgp4997
北海道の大地では明治維新後のカオスで自然の大破壊が行われ、今に続いている。
それはカオスを単に’開拓’という耳障りのよい単語に置き換えただけであり、アイヌ民族にとって’開拓’とは死刑にも等しい語であることを知りつつ、である。

アイヌ民族の生活の場をイオㇿ/イオルといい、無主、無所有の土地である。
今でもアイヌ民族の古老はシャモ/和人のものじゃない、と本質的な問いを持っている。

和人も皆、この不条理を知抜いている、だが和人は誰一人として発言しない。

何故なのだろう。

アイヌ民族を隅っこに追いやって成り立つシャモ/和人の生活、ここにも他者を見殺しにして自利に盲進する、哲学の問いが潜む。

アイヌ民族の言説は正論である、この事はまた後で触れる

北海道の’開拓’は欺瞞から始まっている、という視座に立つと、縄文人がゲニウス・ロキ/genius lociを棲まわして、その崇高な霊性を宿らせた、鷲ノ木遺跡といわれるストーンサークルの直下に何の躊躇いもなく高速道路をぶち抜く思想、むべなるかな。

三浦誠一曰く、世界観とは、自分が世界の外に視点を置いて、世界を客観的に観察するような質の知ではなく、自分もその世界の内にいて、世界の諸部分とかかわりあいをもちながら、自分や自分たちにとって、世界の何であるかを捉える、そういう質の知であると残している(滅びのアテナ/北樹出版p19よりママ引用)。

                                                                   つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

家訓と大義

Imgp8033
会津、東北人が今でも松平容保に敗者の美学を求めているのか否か、愚生には分からないしそもそも興味がない。
鳥羽・伏見の戦いで会津藩主の松平容保は敵前逃亡すると星 亮一著「会津落城」に書かれている。
権力者が他権力と対峙した時に自失した例は今に限ったことではないという事、そして藩主自ら会津武士がもつ​アイデンティティを否定したことになる。

大いに傷ついたであろう名門会津のナショナリズムは想像するに難しくない、しかしそれが会津消滅の直接原因ではなく、徳川将軍家とルーツを同じくする会津藩主間の契りにあったとしても、権謀術数を張り巡らす薩長は会津藩のかたくなな思考法を見抜いていたのか。錦の御旗は圧倒的兵力を備える官軍にたなびき結果は戦う前についていたと言いたくはないがあまりにも痛ましい。

司馬遼太郎は会津藩を一個の思想藩といい、その思考法を自著、「歴史と視点」の中で藩祖、松平(保科)の残した徳川将軍家に対する絶対忠誠を説く憲法の如き、「家訓十五条」を’異様’と書いている(P,130)。
愚生はこの’異様’を今に通ずるドグマティズムと解釈する。

平時に作成された原初的で余りにも反時代的遺物のような「家訓」を300年後の大革命時において尚、こだわり続けた、或いはこだわらざるをえなかった思考が自藩取り潰しよりはるかに酷い惨劇に結び付いたのか。

「家訓」と相並ぶ城山三郎の至言でもあろう「大義」を並列してみよう。
会津武士は「家訓」に従わなかった輩は自裁して先祖に詫び、昭和の軍参謀は「大義」を出世の肴とした。
つまり武士は「家訓」に命をかけ、皇軍の参謀は「大義」の結果責任を問われると真っ青になって泣き出し、今の政治家は「大義」の責任を問われると平気で嘘をつく。

結果としての歴史は一つしかないが歴史に’もしも’はおおいにあっていい。
河北以北は一山百文と言われようとも、先見性を決定的に欠いた会津藩の世襲首脳陣にあって、もし松平容保がひ弱な凡々に止まらずに広く諸藩の動向、清、韓国を含む西欧諸国の情勢を分析しフレキシブルに自らの統帥権を発揮していれば、もし見廻り組、新撰組などのヤクザなテロリスト集団を指揮することがなかったなら、もし自らの統帥能力に限界を感じ竜馬のような有能な家臣を登用していたなら等々あげたらきりがない。

江戸は無血、ならば同じく避けられた会津虐殺史という想いは現在でも会津人ならずとも持っているのだろう。

結果、会津の市街戦で会津藩士の屍は長く鳥獣に晒され、明治以降、会津人の不憫は今に至るとも言われている。

今、會津から会津へ、そしてFUKUSIMAへと変わり、眠っていたそのたくましいdnaを新島八重に託し、ジャンヌ・ダルクを引っ張り出す一部の世相は会津、東北人への応援歌にして、すっかり会津化してしまった今の日本への警笛にしても古今、日本ではなぜ有能な政治家にめぐまれないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

俺、与作!

Imgp8237
2013年1月5日、俺の名は与作、只今、お餅焼きの番兵、

たった今、築地市場の初セリで大間産のマグロが、な、な、なんと
1億5000万円の報を耳にする。

こいつを釣った大間の漁師、よくやったぞ、!!

まさかこの漁師、卒倒しているんではあるめい!!

よくやった、江戸前の社長さん、ヨォー、日本一!!

どうだ、世界中の鮨好き野郎に女郎ども、本家にはかなうメイ!!

Photo_1

と、ここまで啖呵を切ったついでに

イタ公でも、フランス野郎でもいい、

お前ら、鮨喰うときはな、箸使うな、醤油も阿保みたくつけすぎるな、バカヤロー!!

ついでにな、酒は猪口で日本酒の熱燗が良い、
間違っても馬のションベン薄めたような間抜けなビールなどガブ飲みするな!!

わかったかー、たわけどもめが!!



  新年、あけましておめでとうございます。

  本年も皆様にとって良いお年でありますように。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »