« 森町の鷲ノ木遺跡-4 | トップページ | 顔のない円空仏 »

2013年2月18日 (月)

見てくれ

Imgp2558
麻生太郎の演出し過ぎの苦みばしったお顔と、その珍妙なファッションはどう逆立ちして観ても21世紀にはミスマッチとお見受けした、ならば楽しく述懐。

本来、ステテコ、腹巻き姿で焼き鳥屋でもやっていれば楽しい人生を送れたかもしれない御仁がなんと、靴のカカトが20cmもあろうか、加えてオーソン・ウェルズが如き、黒の帽子を渋く、斜めに、また時代錯誤も甚だしい、引きずるような黒のロングコート着用で颯爽と機上の人となった。

あまりにもコピーがインチキくさいとオーラを放つプロトタイプをも傷つけてしまうが、ご本人自身のファッション感覚の劣化をあげつらう気はさらさらない、もともと持ち合せていないのだから、それより衣厚の天ぷらを揚げる板前のような、専属のファッションデザイナーの遊び心がなんとも愉快ではないか。
今頃、このファッションデザイナーは笑い転げているやも。

その昔、咸臨丸でサンフランシスコに到着したお侍さんらは当然ながら、好奇の目線に晒された、だがそれが尊敬を持った目線に代わるにはあまり時間はかからなかった。
それはアングロサクソンに礼節、品格、教養が認められたのであり、けっして月代、二本差しなどの外貌、ファッションではない、などと言ったところでしかたない。

同じく北海道の厳寒期の1月早朝、登校する女子高生らの多くは素足に短いスカートを着用している。
その膝小僧、頬っぺ、お鼻の先端は真っ赤であまりにも痛々しいがファッションは時に残酷なものだ。
2imgp2567
一方、葬式では後方に座すご高齢の方の中に、はやくお経の終えるのを待ちながらも何故か坊さんのファッション、特に袈裟の色にこだわる御仁がいらっしゃる。
各自が所属するお寺住職の袈裟の色と、自らの所属するお寺住職のそれを比べるらしい。

愚生は僧の袈裟の色が阿弥陀の役目に如何程の影響を与えるのか、同じくファーストクラスの浄土か、或いはエコノミークラスの浄土か、その座席選択に如何程の影響を与えるのかわからない。

ただ、お経が長すぎると不満を吐露する御仁らの洗練された
’比較ファッション学’の論点はその一点に集約される。

それも実に正直でよろしい。

法然にして、親鸞にして’浄土’はあるかもしれないと残したが、僧は阿弥陀に手を引かれて向かう所、つまり実存するという。
超越的思想を持って思想家らの宣言はたしかに一世風靡し、それは13世紀の荒れ狂う階級社会の中でヒエラルキーの否定でもあった、だが21世紀の御仁にはとっても必要なものらしい。

その大真面目なヒエラルキー的思考は形を変えて、財務大臣の靴のカカトの高さとなって表れ、女高生のスカートの長短として表れるのかもしれない。

それはまた、野生動物界で争いの時、或いは繁殖期に呈する、自己顕示的行動に酷似する。
生理学的により詳述すると、それは血漿中テストステロン値、エストロジェン値の上昇にして、極楽鳥の華美な変態に通ずるとしても、人間って、とても愉快な生物だ、見る側もとっても楽しい。

ただ、麻生太郎のファッションと発情期の♂の極楽鳥の変態を同一視しては極楽鳥にたいへん失礼である。念のため。

6imgp2332

逆に、あちこちで訴訟されている統一教会の故文何某とvisaカード使用禁止になったバチカンのヴェネディクト16世も素人目には同じ見栄えの豪勢なファッションとお見受けする。

このように書くと同一視するな、とキリスト総本山は烈火の如く怒るだろうが所詮、両教共々、人間の持つ根源的な、俗物的なモノにたどり着くのは昨今のニュースを聞く前に、既に衆人の知るところであり、仏教界にも同臭が漂う。

後二者はヒエラルキーのてっぺんに座し、人間の持つ根源的な欲を’泡沫’とほざく。

|

« 森町の鷲ノ木遺跡-4 | トップページ | 顔のない円空仏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/49490743

この記事へのトラックバック一覧です: 見てくれ:

« 森町の鷲ノ木遺跡-4 | トップページ | 顔のない円空仏 »