« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

熊の哲学

1imgp0573
犬、猫の類をコンパニオンとして可愛がるどこにでも見かける風景、そしてコンパニオン動物に過剰な権利を与える痴的な綱吉的風潮が醸成される一方で、熊は人里に現れると、有無言わさず射殺されるが熊の運命は一体だれが、どのような価値判断で決めたのだろう。
近頃、人権々々と賑やかだが人権を主張するなら、そしてコンパニオン動物の権利を認めるのなら、熊権もあって然りと愚生は考える。
話を飛ばす、あの愛くるしいカンガルーは喰っていい、いや喰ってほしい、いや是非とも沢山喰ってほしいとほざく、ならば何れ、コアラが増え過ぎると、コアラも沢山喰ってほしいとのたまうに違いあるまい、断言しよう。
だがクジラは獲って駄目とのたまう、要はカンガルー権は認めないがクジラ権は認めるという論旨が破たんした、、三流やくざに似るオージーの主張がある。
アングロサクソン発の未熟で頓珍漢なイデオロギーの強制に日本人はあまり反論しない。
何故反論しないのかを論ずる前に、愚生はかの国のレストランの隣席から聞こえる’ミディアムですか、レアですか’とウェイトレス嬢の声の裏に、愛くるしい目をしたカンガルーを撲殺し、断頭、放血するシーンを想像せずにはいられない。
しかし日本人はカンガルーの虐殺に異を唱えないし、デンデンムシ、カエルを喰うえげつなさを論ない、しかしここで二項を対立させても無意味である。

2imgp0563
それらのイデオロギー、思想は簡単に利用することも出来る、例えばアーリア人の優位を説いたヒットラーにして、また19世紀まで手当たり次第にクジラを獲っていたアングロサクソンにして、である。
特に後者は’クジラが可哀そう’の一語でイデオロギーを完璧なまでにひっくり返した。
国家戦略にクジラを泳がせたフィクサーはその見事な世論誘導の結果にきっとほくそ笑み、くすぶっていた諸問題からも逃避出来たのだろう。
今更ながら、国家による’人間の感情’を手玉に取った戦略を鵜呑みにする軽薄短小なアングロサクソン、そしてアメリカの仰ることを是とする盲目的日本人という、バカバカしいほど単純過ぎる図式には嫌悪感すら抱く。
ようはひっくり返す方の高度に計算され尽した手法と、逆にひっくり返される方の軽過ぎる思考回路があってこそ成り立ち、そのアングロサクソンによるイデオロギーのひっくり返し作戦を下支えしたのは日本外務省のやる気の無さであり、朝日新聞に代表されるマスコミの、出処不明なクジラ感情論を助長する姿勢ではなかろうか。
加えてチャンネルのずれた鳩山元首相のクジラ殺りく否定宣言等々、長年、誇りを持ち、体を張ったクジラ漁師に対する労りの姿勢はついに見られなかった。

冷静さを欠いた異文化の相関関係の嵐の中で、自国の一つの文化には冷酷であり続けるその愚思考は、ある意味、まっとうなナショナリズムの自らの否定とも見える。

2imgp0569
更に科学的試算によると、全てのクジラが一年に食べる魚の総量は5-6億トンとされ、人間が世界中で一年に漁獲する魚の総量は1億トン前後らしいが、その差は増々開くと云われる。
要は増え過ぎたクジラが何れ魚を食い尽くすというあまりにも間抜けな現象に、策を弄したアングロサクソンはさて、次の屁理屈を考案中にしても、全ての日本人はこれを注視しなくてはならない。
クジラを喰うから喰うなへの逆転、これを例えば政治の世界では転向と言う。
余談だが評論家、政治家、革命家のイデオロギーの転向もその多くは万人に対して説得力のある論を持たず、自身、もしくは所属する集団に都合のよい、日和見的な魂胆も透けて見える。
例えば攘夷打ちが一夜にして欧化し、神様だと自他ともに認めたにもかかわらず一夜にして’朕は人なり’といった変換期に見られる噴飯ものの奇異なる現象にしても、それに’バンザイ’と言って命を賭した多くの人がいたにも拘わらず、である。

3imgp0570
だが’クジラが可哀そう’という作為されたイデオロギーに、民族的優位性を秘めた覇権国家特有のごり押し的戦略は既に綻び始め、同じくごり押し的戦略をイスラム圏で乱用した覇権国家は今、破たん寸前にあるのも笑止を超え、憐みすら感ずる。
科学的事実の無視、汎人間主義の無視という、バカバカしいほど無教養なイデオロギーの押し売りは覇権国家に共通する、退行の初期兆候と見えなくもない、ローマに限らずとも。

また脱線し過ぎた、話を戻す。
犬、猫の運命、熊の運命、クジラの運命を、言い換えれば種の違いによる命の選別に’感情’という天秤を用いる人間のおぞましさよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

六文銭を持って

2imgp35381
書棚で眠っていた、ある坊さんに付いて書かれたかび臭い古本がある。
その坊さんは自身を振り返って、軍国少年が予科練で生死を彷徨い、焦土と化してしまった家は勿論なく、家業はばらっく建ての小屋で一杯が35円のラーメン屋を始めとして、自身は闇ブローカー、株屋、と社会の荒波、修羅の世界にあえぎ、のたうちまわり、揚句には妻の自殺と続いた’落ちこぼれだった’と回顧している。

やがてその主人公は阿闍梨に変わる。
毎日、午前零時に起き、二つの滝で身を浄め、死に装束の白い浄衣に、死出紐を肩から下げ、自害用の短刀を腰に、蓮華笠の紐に一文銭を六個、更にはどこで行き倒れになってもいいように十万円の葬式代を懐中に、「行き道は いずこの里の 土まんじゅう」の句を肌に秘めて、である。
そうして一日40kmを一人で小田原提灯の火だけを頼りに、黒闇の峰道を一木一草に至るまで仏性をみて礼拝して回る。
朝7時過ぎに戻り、わずかの食事後、諸事をこなし夜9時過ぎに床に入る、よって睡眠時間はわずか2,3時間という、まさに粗食と僅かの睡眠時間での荒行を七百日満行した当日より、更に辛い、生死を賭けた「堂入り」と言われる行で九日間の絶食、不眠不休で法華経、真言を唱える。
その壮絶なありさまは曰く、「三、四日頃より死の臭いさえ漂い、点々と死斑が現れた」と述べている。

無事、お堂より出てきたそのお姿は他者には見るも無残で、顔は憔悴、頬はこけ、眼窩は落ちくぼんでいたが、瞳は澄み、表情には人間の顔を超越した不思議な輝きと静謐さがあった。
千日回峰のうち、七百日までの行は自利行、「堂入り」後は衆生の幸せのために祈る「利他行」とされ、天台信仰の意義はここにあり、次の一行には
「悪事を己に向え、好事を他に与え、己を忘れて他を利するは、慈悲の極みなり」とある。

以上、(生き仏になった落ちこぼれ/副題は酒井雄哉大阿闍梨の二千日峰行/長尾三郎著/講談社よりすべて引用)。

1imgp32171
この坊さんは六文銭を持って逝った。
中世には最澄、道元、法然、親鸞などが個性的なそれぞれの思想を携えて世に出た、同じく21世紀には酒井雄哉さんが簡明なる言葉を持って世に出た、しかしこの坊さんは大阿闍梨という、現代に於いてある種ステータスシンボリックな役職を欲していたわけでは決してない。

比較は誤っているのかもしれないが、その目的を例えば、川端康成は文人の美学の中に追い求めたように、この坊さんは苦行の主目的であろう、ご自身の途轍もなく重い一生の問いと葛藤し続け、果たして自己相対化出来たのだろうか。

川端康成は若しかして、達しなかったのではないのか、だからこそ・・・の疑問を懐く未熟者の愚生には宗教人、文人の心の闇はとても興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »