« 思想は知識ではない | トップページ | フクロウの嘆き節 »

2014年6月30日 (月)

夢路の先の

Imgp6310
維新とは刷新であり、やり直しの意味と勝手に判断していた。
ところが日本維新の会のHPを覗くと英訳にJapan restoration partyとある。
その’restoration’の意味するところは、復元、復古の意であり、過去の政治体制に戻ることを含意する。
他にrenewal/rebornといった簡単な英単語があるにもかかわらず、21世紀において既に消滅した単語を恥ずかしげもなく使っていること自体、党首である石原慎太郎の誤訳すらいとわない強烈な意図が隠されているのは想像に難くない。

その日本維新の会が騒がしい。
石原慎太郎が脚本する独我的政治劇が分裂、当然であろうが橋下徹にくみする気もない。
石原慎太郎の若かりし頃、たまには切れ味のいい文章を見たが今に至り、自足歩行が困難なご老体に加えて政治感覚が大きく歪みつつある。

ポピュリズムを操り、多々の自制心なき言葉、無定見な行動を棚上げして、遂には’国を守る覚悟はあるのか’と主張する。
ようは国家だの、日本人の心を引っ張りだして覚悟という単語を汎用しているようだが、本来の覚悟とは、達磨の前で慧可が断臂するようなことを差すのであり、そこには安っぽい文学者、哲学者らが馴れ合って醸す曖昧な空気などある筈もなく、慎太郎の軽口で、かつ自己顕示的にのたまうそれとはあまりにも乖離する。

Photo
今にも壊れそうなはしごの右端で、誰も耳を貸さなくなった強がり言葉の御遊びに哀れな老醜が漂うが、もしも慎太郎自身が三島 由紀夫でも真似て、憂国の士を自認しているとすれば日本にとって迷惑千万、茶番であり、それは自らの三文小説の中だけでいい。
そもそも石原慎太郎のいう亡国論、そして主張する夢路の先にはどんな国家像が描かれているのか。

日本人論の一つに引き際、散り際の美学がある。
名だたる文豪のテーマの一つとなっているが、石原慎太郎の書にはどうやら欠落しているらしい。

小林秀雄は「ただ現に生きているという理由で、その人の言葉を、その人の顔を、現代人は信用し過ぎている。信用し過ぎたお蔭で、人間というどんな夢路を辿っているのか」、と強烈な一言を残している。
<モオツァルト・無常ということ、p151より引用/新潮社>。

|

« 思想は知識ではない | トップページ | フクロウの嘆き節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/56456845

この記事へのトラックバック一覧です: 夢路の先の:

« 思想は知識ではない | トップページ | フクロウの嘆き節 »