« 2016年3月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月24日 (日)

不寛容論

Imgp3228
日蓮は遂にたどり着いた法華経をして他の信仰を断じて許さず、道元禅師は浄土信仰を嘲笑った。
それはもしかして上田閑照のいうところの既成宗教の自らの信じるものの相対化ができないためなのか、それとも相対化など不必要だったのか理解できないが、不寛容とも思える問いを後世に残した。
また18世紀、冤罪であるカトリックへの改宗を怒ったプロテスタントの仕業をカラス事件として、宗教のもつ慈愛、野蛮性に果敢に挑んだヴォルテール/Voltaireは’寛容論’として冊子にまとめている。(斎藤悦則訳、光文社出版)

狂信に対する理性の力を説いた’寛容論’、その原義である、’tolerance’の単語には、’我慢できうる許容範囲’の意味も暗黙のうちに含まれている。
テロ以降、地元フランスでもその本は盛んに読まているらしいが、’私はシャルリーではない’に対して’私はシャルリー’を謳う拮抗したイデオロギーは是即ち、tolerance vs in toleranceであり、日本のマスコミはなぜか、こぞって前者を取り上げているようだが、ヴォルテールの美文にあるような、純粋に析出された寛容にはおのずから限界もみえる。

ヴォルテールの説くtoleranceの中身、ようは理性の閾値は、当然ながら彼自身も使い分けに苦心しているようにも見えた。

例えばなんの断りもなく、土足でよその国に入り込み、やれ無税にしろだの、やれ選挙権をよこせだのと、大声で主張する異端が、恣意的にすがり、時に策略的に担ぎ出すのも’寛容論’であろうか。
ヤジロ兵衛のごとく、寛容を謳う側、謳われる側とそれぞれにまっとうな理性、まっとうな感性が伴わないと窮屈になるのはフランスに限らない。
Imgp3355
今でも加藤周一のいう、村社会の遺影である大勢順応主義、水に流す、無責任思考がはびこる日本において、例えば坂口安吾ならば平気で、’不寛容論’とでもして著し、日本の底に濁る、ヘドロの如き自閉的な思考回路に挑んだに違いない、等といったなら冗談が過ぎるか。

生きる術としても不寛容が当たり前の中世で起こった残虐なカラス事件の、理性の閾値はゼロ、zero-tolerance/ゼロトレランス。
そうだ、どこかで聞いた単語だ。今、日本に限らず、世界中どこにでも顔を出しはじめ、21世紀にうごめいている。
ヒットラーは不寛容をおおいに利用し、共和党のトランプは不寛容を売りにしているが、逆にヴォルテールはゼロトレランスから閾値を上げようとした。

時代は進んでいる、だが理性は進化しているのか、していないのか、閾値は上昇しているのか、下降しているのか。
それとも理性は時代とともにパラレルに動くというのは幻想にすぎないのか。

ならば理性って何なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

九谷を思わせる一皿

Imgp2916_2
ある骨董屋で買い求めた他愛もない、九谷を思わせる一皿がある。
上手ものとは云えないが、決して下手ものでもない。
端は少し欠け、’入’もある。
だが長年使い込まれた証なのか、えも言われぬ指に馴染んだその触感は、前所有者の美学を愚生に伝えてくれる。
昨今の芸術or実用ものか、美or醜か、果てはお値段はと、価値をお金で表すのが21世紀のマナーだとするなら、この一皿はいつの世にも寄生している如何わしさと、無症状なる病理的世情をきっと憂いているに違いない。

柳宗悦を引っ張り出すまでもないが、その区分を捨てろと主張する。
そう、捨てろ、捨てろと一遍さんが謂ったように、宗悦もまた善悪、好悪、美醜etc人間の深部に宿る意思に挑み、文化とはこうした区分の集合であり、そこに煩悩は生じるという。
ならば文化とは、煩悩と一体らしいなどと言ったなら小賢しいが、そこは修行を積み重ねてこそ得られるであろう、強烈な無分別、不二一元の世界であり、愚生如きがふらりと立ち入るには次元が違い過ぎる。
1imgp0159
この一皿を焼いた名もなき陶工は己の技を自慢しない、さらには己を空っぽにして作り上げる何千何万回もの手の動きはあたかも六文字を声明し、無の世界に挑もうとする修行僧の念仏に似て、いずれは無意識のうちに美と仏の一体化がなされるのか、そんなわくわく感と緊張感もはらんでいるやにも想わせる。

古来、多々いる贋作者は嘘に金を見い出して精巧なコピーに汗を流したらしいが、逆に煩悩の世界から脱出する事が出来て、秀でた匠が生まれたというから人間って面白い。
そんな妙好人に会ってみたい。

余談が過ぎた、宗悦の思想には木喰さんだけではなく、一遍さんも宿っていることがうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年8月 »