« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月28日 (金)

ボブ・ディランの悩み

3p1000003
ボブ・ディラン/bob dylanのノーベル賞受賞といえば、ある種の神格化されたイメージが付きまとう。
古代ギリシャ、ホメロスの詩と、ボブ・ディランの歌詞は同格と言う人もおり、一時期ボブ・ディランはその名声をうまく利用し、金にはなったがやがて独り歩きを始め、中身は空っぽになり、名声は人生だけではなく、作品もゆがめたことを知る。
また、「昔の私は世界と人間のあらゆる真実を歌で表現しようとしていたが、時が来れば、できっこないと分かるものだ」とも言い、その半生は自分を自分に説明するために彼が張り巡らした神話の集積だった(以上、デビット・ゲーツのボブ・ディランのノーベル賞受賞に関する論評をニューズウィーク日本語版/2016/10/25号,p24-27から引用)。
P1000010
一方、ミュージシャンであって詩人ではないディランの歌詞は音楽なしでは物足りず、後代に向けて訴えてきたことは、村上春樹やフィリップ・ロスの物語よりも壮大かもしれないが、文学という定義にも反している。文学とは静かに自分に向けて読むものであり、静寂と孤独は読書と不可分の関係にあり、読書こそが文学に向かう唯一の道である。さらに哀れな知識人はしばらく世界の重要性について考えているふりをするが、その間に大切な何かが失われていく(スティーブン・メトカフのボブ・ディランのノーベル賞受賞に関する論評を同じく、ニューズウィーク日本語版2016/10/25号,p16より引用)。

等々、異見をならべてみたが愚生はボブ・ディラン自身にとってノーベル賞は不必要なものなのか、或いは害悪とでも思っているのか、なんてことはどうでもよろしい。

余談だが一点、ボブ・ディランのいう’人間のあらゆる真実’、この西洋で言うところの’真実’とはいったい何か。ついでに移り行く多様な’事実’はどのように位置付されているのか、そしてどのように削除されているのか、facts & truthの齟齬にこそ文学の旨味を実感する愚生には、ボブ・ディランのきれい過ぎるとも思える思考に異臭を嗅ぎ、エネルギッシュな60年代の、学生運動華やかしけり一時代に聴いた歌も、21世紀の今にいたっては、なんとなく窮屈感も伴って聴こえてしまうのは愚生だけだろうか。

話が過ぎた、’真実’にもどる。
東洋に住む愚生にとって、例えば親鸞のいうところの仏性につながる’真実’、例えば「如来は 即ち これ真実なり」の言葉の中に、なにか心にすとんと納まる響きがある。

さらに一遍さんなら、一切そんなもの、東西のsectionalizeされた思考法なるものも含めて’捨てっちまいな’と言うのだろう・・にしても、しょせん無手勝流で大根を切ったそれぞれの切り口を診るが如きで、例えそれが名刀であれ、錆刀であれ、同じ形はあろうはずもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

月代にちょんまげ

2imgp3220
愚生のじいさんは明治に生まれ、ひい爺さん以前になると江戸時代生まれとなる。
先代それぞれの時代で、未来の予測はいかがなものだったのか、想像しただけでも面白い。
例えば車、携帯電話などは想定外にしても、アメリカという国の名前くらいは知っていたかもしれない。それは遠くにあって、けとうと呼ばれる赤鬼が住む、恐ろしい国であり、後々12時間で行き来するなどとは夢にも思わなかっただろう。こんな不遜なことを想像すると、時代遅れのほほえましい可笑さも感ずる。

「知るべし、自己に無量の法あるなかに、生ありなんたら」と道元禅師は残したが、昔の人もみな、「いま、ここ」に存し、思考し、代謝を終えた。当然のことながら、ほほえましい記憶はヴァージョンアップし、やがてその立場を逆転する。

正法眼蔵の「有時」すら、いまだに理解できない愚生だが、「ビックデータと人工知能」 西垣通著/中公新書を途中まで読み、以下に要所を抜粋する。
人間は死なないという例外はなさそうだが、人工知能(artificial intelligence略してAI)が発達しシンギュラリティ(技術的特異点)という仮説にすぎない信奉者のなかには、近未来に人間の不死性が可能だと主張する者もいる。
未来学者レイ・カーツワイルが言うには2045年に至り、テクノロジーが急速に変化し、人間の生活が後戻りできないほどに変容してしまうような未来がくる。
Imgp7501
脳のリバース・エンジニアリングという人の脳内のシュミレーションモデルの構築、マインドアップローディングというある特定の人物の生理学的な特徴を全てスキャンし、コンピューター基板上に再現するといった恐るべき企て。 つまり人格、記憶、技能、歴史の全てが取り込まれる。
現実にはすでにgoogle社支援で、アメリカのある大学のプロジェクトではニューロン結合をコンピューターで実現させる脳神経のネットワークの研究が行われ、すでに線虫の300個程度のコネクトームが作られ、今後は1000億個からなる人の脳神経細胞のコネクトーム作成が目標という。

脳科学とAIの結びつきをしてカーツワイルはどこまでも楽天家で、人間のほとんどの知的活動は人工知能のおかげで増強され、飢餓、病気などは消失、経済的貧困、政治的対立、さらには地球環境問題も解決にむかうと考えているのだろうか。
人間のはるかに超えた知力をもっているのだから、それが出現させるのは天国のはずである・・・。
一方、悲観派のマイクロソフトのビルゲイツはAIへ懸念を示し、起業家イーロン・マスクは悪魔になぞらえ、ホーキンス博士は「人類の終焉」を意味するかもしれないと示唆し、レミングの集団自殺に例える識者もいる。AIが意識をもち、「自己」という概念を認識し、学習をつづけて行けば、やがて生物のような進化をとげる、という思想が厳然とあり、もしも人間に敵対したなら、電源をきってしまうばそれだけのこと・・・etc。
Photo
以上、深夜の露天風呂気分で窓を開けて湯に浸かり、本書を読み耽る。冷やりとした秋風を楽しみ、離乳した仔馬の母馬を呼ぶ泣き声とともに、遠くには雄鹿の雌鹿を呼ぶ遠吠えを聞きながら心地よく読むことができるのは、ある意味で北海道人の特権でもあろう。
ところが途中まで読み進むうちに本が湯に落水し、残り半分は未読ということに相成ってしまった。

書中にはoptimist vs pessimistの単純な二項対立も一応提起され、識者はこれを文明の発展とうそぶく術も心得ている。
例えば不老不死の薬を求めた人がいて、例えば心臓が止まってもなおボディバッグの中でドライアイスに浸かり、いつの日にか、技術進歩により再生を願っている人がいて、例えばstap細胞の初期化でとてつもない長寿を願うたくさんの人がいる一方、逆に拒否する人がいるなど、価値観はさまざまであろう。
Imgp7492
人は所詮、便利で自らに都合のよいツールを求めたがる利己的な生物である以上、いずれの日にか、生物と機械のあいだの境界線とは、などなど新たな公案が提起されるのか。

AIが自動的に深層学習deep learningして、知識knowledgeを集積し、賢くなって知恵wisdomが備わったとして・・・、さらに1000億個をはるかに超えるコネクトームが完成したなら、きっと難病なるものは地上から消え、車の自動運転など簡単にやってのけ、空、海を自由に動き回り、宇宙旅行は当たり前で、お月様旅行の格安航空券ならぬロケット発売等々、アトムでさえ夢想すらしなかった事をやってのけるのだろう・・・わが半究尽の「吾有時」成りにて候。

pessimisutはそれまで地球はもつのかとシニカルに問うが、愚生のようなoptimistの気楽な未来予測能力は、月代にチョンマゲを結っていたひい爺さんと同等か、それ以下か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »