« バクチ打ち | トップページ | フェイク&ポストトゥル-1 »

2017年1月25日 (水)

源氏断章

・・・
宮本常一は「土佐源氏」の中で、
ここは土佐の檮原/ゆすはら村にある、橋の下の乞食小屋のいろりの火がチロチロ燃える炉端で、八十をかなりこえた小さな老人があぐらをかいてすわっている。イチジク形の頭をして頬はこけ、破れた着物の縞も見えないほどに汚れている。
・・・・・
「しかしのう、わしは八十年何もしておらん。人をだますことと、おなご(女)をかまう事ですぎてしまった。・・・あんたも女をかまうたことがありなさるじゃろう。女ちうもんは気の毒なもんじゃ。女は男の気持ちになっていたわってくれるが、男は女の気持ちになってかわいがる者がめったにないけえのう。
とにかく女だけはいたわってあげなされ。かけた情は忘れるもんじゃァない。
・・・・・
また牛はだまさなかった。牛ちうもんはよくおぼえているもんで、五年たっても十年たっても、出会うと必ず啼くもんじゃ。なつかしそうにのう(ママ)。<忘れられた日本人/宮本常一著/岩波文庫/p157-158より引用>

さて後世の識者らは宮本常一をしてやれ民俗学者だの、何とか学者だのと気楽に比較する習性があるようだが、21世紀の空調の効いた研究室で、アンドロイド人形が述べるが如き所見には、時代のかもす匂いも、空気のよどみも感じられない。
まるで優等生の答案のような、その無味無臭な所見は、愚生には著者の深奥を消去しているようにも思われる。

余談だがこの宮本常一がついに聞き出したとされるこの言葉は、船曳建夫の「日本人論再考」に、光る言葉として引用され<nhk人間講座2002年6-7月期/p77-78/日本放送出版協会出版より>、同じく佐野眞一はこのこの言葉を宮本常一の代表的傑作とたたえ、盲目の元馬喰/ばくろうの想いは宮本常一の想いに通ずるとして、その筆致はすこぶる強いように思う。<宮本常一が見た日本/佐野眞一著/p19日本放送出版協会出版より引用>
2imgp2567
ただ「土佐源氏」をしてfiction or non-fictionなのか?或いは宮本常一に敬意を表して学術なのか、文学書なのか、の疑義もあるらしいが、もしやchapterに’源氏’を冠したところからして、衆生のeros & thanatosも含意する小説として読めなくもないが。

もちろん谷崎潤一郎好みでないのは明らかであり、九鬼周造の感性に至っては、はなはだ迷惑千万と怒れること然りだろうが、譲れるはずもない人生哲学の対象を、牛とおなごと定めて生き抜いた老人の弁であろう。

人間の物差しは違ったほうが格段に面白い、だから文学は読まれるのか。
また矜恃を持つ価値観は他者から乖離するほどに味わい深いが、そこにはまた同じくらいの苦悩も行間にただよう。
ならば文学の醸し出す問い、そして真の味わいこそ、行間にあるのかもしれない。

  人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 我は行くなり  

                            西田幾多郎書

|

« バクチ打ち | トップページ | フェイク&ポストトゥル-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47604/69303684

この記事へのトラックバック一覧です: 源氏断章:

« バクチ打ち | トップページ | フェイク&ポストトゥル-1 »