2011年12月10日 (土)

イマジンの六番目の歌詞

5imgp2332

manhattan/nyの72丁目、交差点近くのセントラルパークにストロベリーフィールズ/strawberry fieldsがある。そこにイマジン/imagineの碑が埋まっている。
初めて行った時は見つけられず、翌年も地面に立つモニュメントを想像して探し回ったが見つけられず、道行く人に尋ねたら愚生の足元を指差して先方共々大笑いした。
学生時代によく流れていたビートルズの曲、行けば何故か必ずそこに寄り道して暫しの間ベンチに座る。
公園を行き交う人々の表情にアングロサクソン特有の笑顔が年毎に遠のいてゆくのが実感される。
ニッケル硬貨を一枚置くのが習慣になってしまったがべつに他意はない。

imagine、つまり想像してみろってこと、no heaven/no countriesと当たり前のことを歌っているだけの事である。
しかし9.11ny/nyテロ以降、自由のお国において愚かな事に一時発禁となった

十年以上経過した今、イラン人を父に持つ日ハムのダルビッシュ有が大リーグを目指し、その指名希望の球団にny/yankeesの名もある。
理由はいたって簡単、アラブ系の人々も観客として動員することも一因とか、まさに人の世は移りにけりな、である。

2imgp8018

ジョン・レノン亡き後、オノ・ヨーコは人種という強烈な壁にぶつかりはしたが濃厚で脂ぎっていた1960-70年代を象徴する人物でもあった。

「銀のしずく」知里幸恵記念館設立へ向けて北大の小野有五先生との縁も関連しているのか、オノ・ヨーコ自身も賛同者に名を連ねていた。

もしもimagineに第六番目の歌詞があったならno racism/の一語が入っていたかもしれないなどと勝手に思う事もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

毛蟹の密漁

Imgp3355

数日前、船上でのほほんと釣りを楽しんでいた所、棘のある小さなカジカに混じって毛蟹が引っ掛った。よく見ると釣れたと言うよりは不真面目な釣り師にほったらかしにされた餌のエラコにちょっかいをだしたカニさんのはさみが絡まったみたい。

カニといったなら二人の巨匠が思い浮かぶ。
まず魯山人、ある意味一休と森侍者の関係の如くと言ったなら大げさにしても、蟹を食材、画題として好んで用いたとされ、その今に伝わる活々し、かつ飄々とした優れた陶器はまさに垂涎もので上等品はもはや愚生の手の届くところにはない。

かたやチビでギョロメのラッキョウと呼ばれた男がいる。その青っちょろい虚弱な若僧は天皇の軍隊に入隊する為の徴兵検査会場で仮病を演じ、期待した通りの不合格通知の後、父親の平岡 梓とともに脱兎の如く逃げ帰った光景とその対極に作家として成功した後、体を鍛え直し、自衛隊へ体験入隊、挙句にテレビカメラを用意させシナリオ通りに人生を閉じる劇を演じた相反する二つの光景を有している。

Imgp0543

遠い過去からのあまりにも奇異な儀式を想わせ、それ以降変遷するであろう思考を断絶させる無意味な生態をある人は茶番劇といい、ある人はエロスと言い切っていたが所詮評論家なんて気楽な商売でもある。

よく金箔付きの臆病者と揶揄されたご当人にとって蟹は何故か特別に恐ろしいらしく、しかも半端な怖がり方ではないらしい。澁澤龍彦は作家と蟹の間にその文学性のヒントがあるなどとあたかも正解があるらしきこと書くから読者はますます分からなくなる。

南半球、北島のパヒア(Paihia/NZ)の蟹、或いはシドニーの魚屋さん、大西洋岸メリーランドのBaltimore、NYのイタリア人街界隈で見かけた青っちょろい蟹、バンクーバーの港にいる黒い蟹、エリモの毛蟹も含めて愚生には形態の違いだけで単なる食材にすぎない。

エリモ岬の漁師はカニをガニと呼び、獲りたて、茹でたての大鍋に山盛りにされたガニを漁師の作業小屋から出してきて「ケエ、ウメーゾ」とよくすすめられた。
贅沢といえばこれ以上のものはないと思いつつ、もしも天才がエリモで生まれ育ったならもちろん都市の雑踏、フラッシュ、派手な商業主義もない中では衆目を集める行動も必要なかっただろうし、悪趣味な贋作も必要なかったに違いない。

日本人の幾人かは嫌い、大方は好んで読んだが時代を見抜いた鋭い切り口を活字に置き換える一連の作業にも満足し得なかったのか、或いはその創作力に陰りを感じたのかは分からない。
作家として名を成したことは所詮、薄い紙っぺら一枚に肩書きが一行増えた程度のものだったのか、突如としてどっからか拾ってきた天皇主義のおいしいところへとぶっ飛ぶ摩訶不思議な行動をして、精神病理医より自己愛性人格障害という立派な診断名を拝受している。

Imgp3235

生理と病理の間にある垣根を飛び越えたにしても又、如何程の副題が用意されても思考回路の根っ子に井戸のカエルの騒々しい論議の如く、生い立ち、嗜好、太宰 治、川端康成・・・を無理やりご登場願い論ずることはある意味、簡単であろう。

帰宅後、逃がさなければならない事を知ったが、愚生如きにはいまだその精神性に納得のゆく答を出せない40年前の宿題である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

豊田佐吉とヘンリーフォード

Imgp2551

アメリカンヒーローの一人、QBのJ・モンタナが長く在籍したサンフランシスコ49ersという奇妙なチーム名は1849年、カリフォルニアに突如起こったゴールドラッシュに由来する。
北海道各地に今も語り継がれるそのひとつに日高山脈の奥、イワナが釣れるイドンナップ川に以下のような記述がある。

<この沢には一粒が五匁五分(約20g)位の大粒の砂金がザラにあった。水に洗われた地面の裂け目に人目でそれとわかる砂金が無造作に転がっているのに、一行のものはただあ然としてしまった(雨宮啓次郎砂金取団)。このような事が世間に知れ、100人ほどの砂金取りが集まって大騒ぎになった-原文のママ。>
     (砂金彫り物語・脇 とよ著、みやま書房より引用)

カリフォルニアのゴールドラッシュはやがてアラスカ、オーストラリアに飛び火した様に道南、日高で採り尽くした後、オホーツク沿岸に新鉱がみつかり、枝幸には多い時で砂金取りは1000人以上いたとされ、やがて東洋一と云われた鴻之舞金山にたどり着き、終焉した。

砂金取りの宿命か、いずれの日にか、採り尽くしてしまう虚しさを抱きつつある者は成金に、ある者は徹底した浪費にあけくれ、多くが身を滅ぼしたとされている。
それを勇者の夢のあとと見るか、ならずもの愚行として見るのかは人それぞれだろう。

Imgp2556

高峰譲吉が機織屋の豊田佐吉に車を贈り、「ヘンリーフォードが’自動車なるもの’を作った、豊田さんもやってみないか」と持ちかけてから100年以上経過する今、アメリカでトヨタ車が槍玉にあがっている。
トヨタのリスク無視、自社防御システムの脆弱性を諸に突かれた形だがひとつだけ言える事がある。
少し前までアメリカ車の故障率は日本車のそれを大きく上回る事は世界の常識でもあった。
にもかかわらずある種、日本的でもあり、姑息的なぼろ隠しの悪しき因習が、時に弱者を演じさせれば突如として、恥かしくもなく強大な正義を持ち出す習性のあるアングロサクソンの安っぽいトラップに世界のトヨタは易々と引っ掛かってしまった。

砂金取りと同じ末路をたどる危険性をはらみ、’なにごと三代目’に当る豊田章男社長に成功者としてのおごりはなかったのか、また人としての器量も少し気になる所だが、アメリカの政財界、マスコミ総動員での茶番劇をここは正面突破する事を期待したい。

一昔前、中南米のゲリラ戦では三菱のパジェロが大活躍、そして今、イラク、アフガニスタンゲリラご贔屓の愛車はトヨタの四駆車、彼らはそろって過酷な使役に耐えうる日本車をおおいに宣伝もし、逆に戦地にはアメリカ製戦車は登場するものの、アメリカ車は登場しないのもこれまた事実である。

| | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

三流国家の卑しい検察

Imgp2498_2

民度の低さを見透かしたかの如く麻生首相らは政権維持の為、最後の一手として検察を刺客、あて馬代わりに使っているのか。

弄ばれている東京地検は予想通リ、ゼネコン献金問題を民主小沢に対してのみ捜査を行い、逆に返り血をたっぷり浴び、検察批判の嵐に曝され続ける惨めたらしさ。

それにしても不思議に思うのは、余りにもレベルの低いこの程度の無謀な決断がなされた検察内部の思考、議論の過程である。やはり外部から大きな圧力が加わったするなら納得もゆくが・・・。

昔から内在する検察不信が表面化すると、自己保身の為に検察の独立をうたい、時々発表される世論誘導とも思われる検察当局のリークが検察の自信のなさ、焦りを如実に語っている。

検察は法務省の管轄下、予算、人事は牛耳られ、時の政権から政治的干渉に唯々諾々と従い、ご褒美として検察トップは美味しい天下り先にたどり着くという古典的図式を内在しつつ、悪徳ゼネコンの政官財の癒着構造を暴く、というのだからとっても可笑しい。

Imgp9635

検察が守るべき日本の国益、それは当然、国民の権利のはずだ。
所が与党、野党伴に同根の犯罪性が提起されているにも係わらず、与党は見逃し、野党党首の法的責任は結局追及できず、道義的責任のみ露呈させ、余命いくばくもない時の政権を死守する今回の捜査はバランスを失した検察の自殺行為としか思えない。

検察の説明責任だけでは済まされない重要な問題が提起された。

マスコミ大手に元検事総長が天下っているからなのか分らないが、今回マスコミ各社の検察に対する報道姿勢は余りにも弱腰すぎる。

この国の司法も又、政治同様に三流国家となんら変わらない、ならば今必要なのは検察を監視する第三者機関として検察監視装置かもしれない。
この外部から監査されない姑息的な検察という集団、今は組織防衛と自民、公明へのすり寄り、そして何より恐れる政権交代に慌てふためく日々だろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

万能細胞遂に完成

Imgp3037

エディンバラ大学の Ian Wilmut 博士がイギリスのdaily telegraphで述べているが、実際に彼の研究はいきずまり、手掛けたクーロン羊のドリーも既に免疫系の疾患等により死亡してしまい、10年経過したがその間、倫理面、テクニック面で多くの議論があった。
方法も単純で、体細胞から核を除去し、遺伝的に近い別の種の核を挿入する方法だったが、その後、進捗は無かった様におもう。

そしてビッグニュースを前にしてギヴアップ宣言する。

その驚くべき,人の皮膚細胞からes細胞と同じ再生能力のある万能細胞を作ったと京大再生医科学研究所の山中伸弥教授と、アメリカのWisconsin-Madison大学のJamesThomson博士の研究グループが同時に発表し世界を駆け巡る

生物学の進歩と言って良いのか議論の分かれる所だろうが自分自身の細胞から新しい健康な細胞を作るテクニックが開発されるといずれ医学面でも素晴らしい結果をもたらすのだろう。

Cimg0126

10年前、クローン羊のドリーが生まれた時には神の領域にまで介入する事の可否が議論の的になったが今回は反対論は聞かれない。

何故か?

アメリカのbushをはじめキリスト教右派は従来の卵子を使った方法には反対したが今回の方法には賞賛していた。

materialsの問題だけだったの?

しかし突き詰めると根っ子は同じじゃないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

ミシュランのおせっかい

Img_1386

ミシュランはなんて馬鹿げた、お節介な事を仕出かしてくれたもんだ。

そもそも、フランス人なるものはお喋りで、大食、真昼間からワインをがぶ飲みし男性は女性を見ると目尻を下げベラベラ喋りまくる本能を有し、加えて訳の判らないプライド、断言癖etcを有する。

フランスのタイヤメーカーであるミシュランが東京で三ツ星に8店挙げその中には日本料理店も含まれるらしい。

日本人のフランスと銘うったものなら盲目的に何でも取り入れる悪い習性を逆手に取られ、それを大々的に取り上げる間抜けな各マスコミのワンパターン報道も何か狂っている様に思えてならない。

ベースに階層社会のフランスでは民族性もさる事ながら知性、教養、情報量の質、量の差が階層差の指標であると、よく言われる事だが日本にまでおぞましく押しつけなくてもよいのではないだろうか。

Imgp3145

日本料理は長い歴史に裏ずけられ世界に誇れる日本文化であり又、芸術にも例えられる。

それを支える寡黙なまでの職人がいる事を忘れてはなるまい。

「ふざけんじゃねー、貴様らフランス野郎に日本料理の真髄が判ってたまるかー」などと、包丁を振り回す昔気質の職人がいてもよさそうなのに。

料理のグローバルスタンダード化なんて事は言わないが、余りにもフランス人特有の鼻に付く独断的な介入は自国のみに止め、日本ではよしてほしいと思うのが愚生の本音だ。

そもそも、日本の四季の変化、地域性を重要視する食文化にランク付けする習慣なんてない。

料理職人が精魂いれて造られ出された料理はどれも日本一である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

ヤメ検、田中森一

Imgp7501

元東京地検特捜部検事、田中森一著、「反転」。

秋も押し迫った木枯らしの中、風呂の窓を開け放し、湯に浸かりながら遠くに雄鹿の鳴き声を聞きつつ露天風呂に浸かった気分で2,3日数時間かけ深夜に読み終える。

耳が冷たく、吐息が白い。

久々の興奮させられる良本で凄まじいの一語に尽きる内容だ。

書かれている中身が全て真実なのか?
又、係争中なので自己弁護的な所も見えなくもないが、視点を変えると

’検察の独自性に対する問題提起の書’でもあるだろう。

内容は検察のトップを目差すコースを外れながら体当たりで難事件を次々と解決していく。

だが、国策捜査と云う政界と検察の関連から上層部より’天の声’で重大事件にストップをかけられ次第にジレンマに陥る。

そして検察を辞め、弁護士生活に入るが、時、正しくバブル真っ盛り、凄まじい金銭の動きの中で、アウトローの視点に立った華々しい弁護士活動、そして遂には元の職場である検察から逮捕されてしまう。

リアルに日本の政界、司法、金融の癒着、後進性を露骨、又、検察内部の葛藤、矛盾も記されているが此方はやや鋭さに欠けている。

Imgp7492

それにしても、次々に出てくる実名の悪徳政治家、
例えば安倍晋太郎、晋三親子、田中角栄、山口敏夫、竹下 登。
ヤクザでは山口組五代目組長渡辺芳則、山口組若頭宅見勝。
バブルの悪役では五えんやグループ代表、中岡信栄、それにフィクサーなどど呼ばれているが実際は姑息な詐欺師でしかない許永中等々。

賑やか過ぎると云うか濃密な極悪人の人間関係、そして悪事のオンパレード。

最後には大物悪党の一人である許永中に強烈なシンパシーを感じ、裏切る事はせず刑に服する形で大著は終える。

そこに田中森一の人生観、人生哲学なるものが見て取れるし、それを人間的な弱さ、人間の魅力と感ずるのかもしれない。

田中森一弁護士のアウトローを擁護するスタンスには苦労人として、又、異端弁護士としての何某かの包容力も感ずるが一番期待した元検事の根っこにある筈の’哲学’が感じられないのがとても残念だ。

その昔、大物検事が巨悪は眠らさない等とのたまっていたが所詮、検察庁といわれる組織も行政官庁の一つで現政権や社会体制がひっくり返る様な悪事には決して手を付けず又、司法のいう’正義って’時々変わる事も改めて実感させられる。

検察からリバウンドが心配されるがよく出版できたもんだ、
さすが幻冬舎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

加藤周一の生の条件

Imgp4878

2007年2月21日、朝日新聞、加藤周一記、

夕陽妄語より、以下に抜粋、要約。

「生」の条件は差異である。

二人の間で差異があれば競争が起こり、勝敗がある。

競争は個人または集団の自由の表現で、無制限な自由は殺人にまで至る事がある。

政府の自由の行使が殺人にまで及んで制度化された例は、主として二つある。

死刑および戦争。

続いて、「不条理の平等」の説明として’いろいろな死’を例に挙げ、

旧約聖書の「伝道之書」は、人間の所業を総て

「空の空なる哉」とした上で

「神を畏れそのいましめをまもれ」と結論した。

Imgp4831

愚生、キリスト教的論理の一つである徹底的に神を意識し、信心の心を有した姿勢に空疎な、異質で、波長の異なる違和感を禁じえない。

それとも愚生も加えた大方の日本人がそうである様に、神仏にある一定の距離を保ちつつ、神カマウナ、仏ホットケという、とても大事な思想も対側ある。

仏様に怒られるかな、それとも寛大なお心で・・・???

そう云えば、イスラム原理主義、キリスト原理主義はよく聞かされるキーの一つだが、仏教原理主義って聞いた事無いが民族性だけの違いだけではないのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

リサ・ランドールの5次元宇宙

11imgp4131

NHK、御正月テレビ番組で、リサ・ランドール博士に宇宙飛行士の若田さんがインタビュー、放映されていたが最後の数分間ほど見ることが出来た。

現在、人類の存在している所は3次元だが宇宙には時間軸と、他に別方向の未来軸があり5次元宇宙を形成しているとし、我々の宇宙は途方もない規模の5次元宇宙の一部であるとする論理を展開していた。

もしも、
キリストが、釈迦が、或いはアッラーの神様達がこの仮説を聞き、理解し得たなら失神してしまうか。

そして、もしも事実なら失業してしまうかも。

聞くほどに難解な理論だが、我々ちっぽけな生命体は今、現在3次元に存在していると云うべきか、存在しているはずだが?

愚生にとっても実感として全く理解不可能であり、誰か判り易く説明してほしい。

ニュートンの力学からアインシュタイン相対性理論、ホーキング博士宇宙論、そしてリサ・ランドール博士の5次元宇宙論と今、世界中から最も注目されている理論物理学者であり、今年中にスイスで実験を行う予定らしい。

独創性並びに想像力に富んだすばらしい科学者の様にお見受けした。

最後に、今後の重要な3つの単語を上げた。

探究心、

理解力、

友情、

もし、立証されたならsfの世界ではないが、時空を超えて行き来が可能となったなら、現在の科学、生物学をはじめ宗教、哲学に至る大変革が・・・・・

なんて新年の夢の又夢・・・・・。

是非、子供達に見せたい番組。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

アメリカ東部の田舎町で

Imgp3497

野球は元々、一匹狼的存在である野茂のLAドジャースでの大活躍以来のファン、今ではニューヨークヤンキースの大ファン。

昨今、

西武の松坂大輔ピッチャーのボストンレッドソックス移籍が決まり、ボストンの地元紙、BostonHerald.com一面に大きく画像入り、

「D-Mat countdown」のタイトルで、

12月14日の期限が迫り、レッドソックス側は4-6年で年俸、約$7-8 millionの提示に対し、松坂のエージェントのボラスは年俸、$15 millionを提示、両者若しも決まらなければ云々と。

又、ボストンレッドソックス球団official siteでは、

「Report:Matsuzaka talks stalled」、のタイトルで

レッドソックスのジェネラルマデージャー、イプステインのコメントを掲載、松坂のエージェントのボラスとの違いを掲載。

それに対し、日本のスポニチweb版で、

「松坂に最後通告」の過激なタイトルで、

前記の二つのweb版を併用してコメントを掲載している。

日本、アメリカ共々、お暇な時期なので報道のにぎやかな事、
でも良く考えるとボストンなんて東部の小さな田舎町なのに、日本は国をあげての大騒ぎの呈、

この現象、マスコミ先導とは云うものの何かおかしくない???
アメリカに召される事がそんなに一大事な事???

所で、

巨人を退団した桑田は大リーグ移籍なんて、いったい何を目論んでいる事やら。

でも、’拾う神’が出現する可能性ありの報道には驚き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧