2007年12月10日 (月)

アングロサクソンの味覚

1etc_039

イギリスのキリスト教プロテスタントは食い物に対し質素をモットーとし、美食におぼれる事は堕落であるとする食文化に対する神の教えは忠実に守られている様だ。
しかし異文化、異民族に対する神の教え詰り’慈愛のこころ’は少しお忘れになった様だ。

大英博物館には世界中から略奪した国宝級の品々を誇らしげに、何の恥じらいもなく展示しているが、旅行者は直ぐにその大いなる矛盾に気ずく筈だ。

大英帝国連邦の元締め、そしてアングロサクソンの理想郷を謳いたいのであるなら略奪の歴史的象徴である盗品をつべこべ言わずに各国にお返しして空っぽにする事が正当な評価につながる事だろう。

あのグロ-バルスタンダードを言い出し、今となっては自らの頸を絞めつつあるアングロサクソン人の輸出国であるイギリスに対し、世界各地を旅行している人々に聞いても、料理が余りにも不味いからイギリスにだけは行きたくないと最悪の評価ばっかりが目立つ。

イギリスの他、アメリカ、カンダ、オーストラリア、ニュージーランド等はあんなに料理が不味くても、よくまあ平気でいられるもんだと訪れる度に素朴な疑問が沸く。

Etc_046

本来、口にあわないと言うべき所だがあれじゃ、酷すぎる。
例えば、あのぬるい間の抜けたビールと味付けは塩、胡椒だけでは日本人なら呆れ返ってしまうだろう。

フランスとイギリスの不仲は有名だが、フランスのシュラクが国際会議の席上、マイクが入っているのに気ずかず、
「イギリスの様に料理が不味い国の人々は信頼できない、イギリスのヨーロッパの農業に対する貢献は狂牛病だけだ」と語った事が世界中に配信されたとか。

Etc_041

確信犯の石原都知事に至っては、イギリス人の味覚は牛と同じと述べているが、それでは牛さんが可哀想。

加藤周一はアングロサクソンが粗食だったのではなく、産業革命がそれをもたらしたとしてアメリカの画一的消費の発見は、この下地があっての産物だったとしている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

Bob、オーストラリアに無事到着

Imgp2774_1

テニス会員のみなさーん、
ボブより、メールが届きました。
実はボブは現地で狭心症の手術を受け、ニトロの舌下錠ならぬ、スプレイを持参でのテニスだったのです。
それにしても良く動き、特にラケット面の作り方が非常に上手だったですね。

            ★★★★★★★★★★★★★★★★

Thank you for your hospitality
R Elliott

Hello Kazuya san,

   Many thanks for your hospitality while I was in Japan.I appreciated your organizing of the tennis practice and you driving me to the tennis courts.It was also very stimulating to able to discuss with you, many and varied subjects in conversation.
   My wife and I enjoyed a wonderful time in Japan. You are very fortunate to live in such an admirable country.Thank you for sharing your culture with me.
   We enjoyed our time in Singapore by shopping, taking a trip to Malaysia, sight seeing, visiting Little India and Chinatown .We also had a ride in a trishaw and a cruise along the Singapore River.
   My son in law was at the airport to meet us when we arrived in Melbourne and drove us home.We had a great holiday however it was good to be home again.It has taken some time to get things in order  but all is well now. I have been back playing tennis and ejoying it. How is Your tennis and did you watch any games of the American Open? Would you please say hello from me to  your tennis friends?
    Yesterday my wife and I travelled to Melbourne by train. I had a six monthly check up with my cardiologist and received an excellent report, which was very pleasing.I don't have another appoitment for another six months.I have visited your blog address and found it very informative.
   Thank you once again.
Domoarigato gozaimasu.
Bob

            ★★★★★★★★★★★★★★★★

その後、シンガポール等を旅行し、メルボルンに義理の息子さんのお迎えを受け、又、心臓外科医を受診した結果、異常無く非常に喜んでおられました。
コメントを送られたい方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

友、はるか遠方より来る、又、楽しからずや

Imgp2461

ボブはオーストラリア人の64歳、元先生で現在、メルボルンから少し離れたベンディゴに奥様とご一緒に生活を楽しんでいるらしい。

6年前に来られた時、別れ際に、
’今度来るときには、テニスシューズ、ラケット持参で’と冗談交じりに言った事をきちんと憶えており本当に持って来ちゃった。

前よりも少し白髪が目立つ様になったが元気そのもの、うれしい限りだ。

今回は3回ほど、室内で汗だくでテニスを一緒にしたが、真剣そのものであった。

曰く、
’オーストラリアでは時々、ローンコートでもテニスをするが日本の室内コートのボールはそれよりも早すぎて自分には合わない’、との事だった。

でも、上手な経験豊かなテニスプレイヤーだ。

Imgp2462

8月19日、夜、テニスを終え我が家で、深夜まで色々と二人でお話をしたがとっても楽しく有意義な時間を共有できた。

前回来られた時は少しは日本語を話していたが今回は全く駄目なので、全て英語だったが、さすがに元教員だけあって判り易く、真摯な紳士である。

矢張り、人生色々である。
3人おられた子供の内、一人が警察官だったらしいが亡くなった事が可也ショックだったらしい、又、週3回のテニスをこなし、自分で所有している農場の管理等に日々、忙しいらしい。

ボブのご先祖様のルーツはアイルランドからスコットランド、そしてイングランドに渡り、18世紀に今のオーストラリアに来たらしい。

愚生、特にアイルランドの歴史に興味があり、その北アイルランドとイギリスの長い紛争の歴史に対する考え、ゲール語と英語の違いを質問した所、具体例を挙げご教授して下さった。

特に、ケルト文明に造詣が深かったと言えば、当たり前の事だろうが。

オーストラリア移民の歴史に付いて、
初期はヨーロッパ系、ギリシャ系で現在はアラブ系、アジア系の移民が多く、愚生がニューヨークのマンハッタンの例を挙げるとその経済活動、貧富の違いに否定的な意見を持っていた。

宗教、特に仏教とキリスト教の違い、因みにボブはプロテスタント系のキリスト教らしく、一人の神様しか存在しない国と日本の様に沢山の神様がいる国の違いから、次の質問をしてみる。

教師としてダウィンの進化論を教える事の是非、

インテリジェントデザインに付いての考え方、

挙句の果てに、日本人にはまず理解できない、心の動き、例えば宇宙飛行士は本当に神の存在を感じているか??? etc

帰国する前日、最後にお会いした時、その後半の、q&aに窮したらしく、その夜は余り眠れなかったと言っていたが悪い事をしてしまった。

でも再度、自分の考えを披露して下さった。
生真面目な男である。

愚生にとってはアングロサクソン系アメリカ人の単純明快な思考回路を有する民族性より、略、同じアングロサクソン系の血を有するオーストラリア人の、棘の無いおおらかな人生観にシンパシィを感ずるのは果たして自分一人だけだろうか。

そして、両アングロサクソン系の思考回路の違いは環境、政治、歴史だけで説明がつくとは到底思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

シドニーでお魚さんの値段をチェック

19日、早朝、メルボルンのwindsor hotelを出て空港に向かい、シドニーに8時頃到着。アンティークショップを探しながら聞きまわり、あちこちウロウロ、地図を片手に行き当たりばったりの旅、途中で気楽なb&bスタイルの30歳前後の女性がいたので、お話した所、此れが又、アメリカ人でロスからの一人旅でバスを待っている最中とか、逆に質問される事もしばしば。 市の外れに魚屋さんがあったので、許可を得て値段のチェック。

この画像にあるocean troutは聞いてみたらタスマニアの海で養殖されたもの、北海道の渓流で釣れる虹鱒そっくり、AU$12,90オーストラリアドル/kgのお値段、其の下に写っているお魚さんは北海道で云う、アブラコと同じ顔?をしていたがAU$25,50オーストラリアドル/kgと此方は高め、

Melbournesydneyaustralia_155

でっかいタイ、

Melbournesydneyaustralia_159

ヒラマサ、値段は写っていなかったけれど高価なお魚だった、

Melbournesydneyaustralia_166

ワタリガニと訳して良いのだろうか?

Melbournesydneyaustralia_171

旨そうな牡蠣、

Melbournesydneyaustralia_172

各自、注文したお魚さんをサシミ、スシ、フライ等に料理してもらい食している所で、醤油、ワサビは既に定番、

Melbournesydneyaustralia_163

自分も寿司、刺身を食したが旨い、但し販売、料理している人々は殆どアジア系、一部イタリア系であったが其処には深い、難しい歴史、民族の葛藤が見え隠れしていた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オーストラリアンオープンテニス2006、2日目

19日、とにかく暑い、練習風景 Melbournesydneyaustralia_021 Melbournesydneyaustralia_022 Melbournesydneyaustralia_073 <Melbournesydneyaustralia_099

試合終了、 Melbournesydneyaustralia_103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

オーストラリアンオープンテニス2006、初日

Melbournesydneyaustralia_013_1

18日、オークランド(ニュージーランド)のmercure hotelを早朝3時40分に発ち出国手続きを済ませ、オーストラリアのメルボルンに9時頃到着、再度入国手続きの後、取り合えずwindsor hotelにチェックイン。

今日、明日の2日間はオーストラリアンオープンテニス観戦。
所が前もって日本より予約しておいた本日分のチケット二人分が届いておらずロッドレーバーアリーナ入り口の発券場で交渉する。
最初は断られたが何とか交渉成立しチケットをゲット、入場する。

前回来たのは確か1995年。
阪神大地震の時であり、テニスプレイヤーの沢松さんの実家も被災され此方でも大きな話題となっていた頃であった。
又、其の頃あった周囲のお花が綺麗なフリンダーズパーク公園が無くなっていた。

噂に聞いていた通リ、
’メルボルン市内は今、バブルでビルが次々に建ち、昔の面影が余り無い’とオーストラリアの友人も嘆いていたがすっかり変わってしまっていた事に驚く。

コートサーフェースの色も青から緑へ、スポンサーがfordからkiaへ。

又、テニスとは関係ないけれど、
勘違いでなければ、前に見かけた人に纏わりつく、うっとおしいあの小さいハエの様な虫が大きくなり或いは入れ代わって日本にいるハエと大きさは殆ど同じになった様に感じられた。
若しもこれが事実なら、オーストラリアの自然界で今物凄い生態系の変化と云うべきか、乱れが起こっているのでは?

Melbournesydneyaustralia_064

18日、午前のフェデラ、2回戦、

Etc_027

wowowでお馴染みのにやけたフローレントダバディさんを捉まえ数枚パチリと、

Etc_038

あまりの美しさに名前を忘れちゃった、

Etc_041

サーブが早すぎて、ボールが見えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

ケアンズでGT、カジキ釣りのはずが-1

今回の海外は学会、仕事等全く関係無く、オーストラリア、ニュージーランドでの釣り、ドライブ、骨董品の収集、オーストラリアンオープンテニス観戦などお遊び満載のプラン。

愚生、オーストラリア旅行は2度目なので新鮮味には欠けるが忙しいニューヨーカーに比べて所謂オージーのノンビリ、オットリ型の思考、行動に何故か愛着を感じつつ、昨年来より、ケアンズで釣り舟屋を経営している、Alliと電話で何回もやり取りし、barramundi,giant trevally,tuna,blue marlin、etc釣りを1月11日の終日、一人のみのチャーターで既に予約済み。

又、運良く、千歳空港よりケアンス直行便があり、カミサン同伴で此方も既に予約済み。

Photo_2

本日10日、夜8時頃に出国手続きを済ませオーストラリアン航空、AO7992便に乗り込み離陸のアナウンスを待つ。

所が、’只今より離陸コール’がなかなか流れない........、ちょっと変,,,,、第六感が働き、やな予感,,,,,,,、朝の天気予報では、千歳地方一時雪だったはず、しかも夕刻迄予報通り降っていなかった雪が,,,,,。

機内より外を眺めると、8時を過ぎる頃より猛烈に雪が降り出し、機内アナウンスでは’只今除雪の最中で少し待て’とのヘンチクリンな可笑しな発音の日本語案内が流れる。
よく外を眺めると薄明かりの中、猛烈な吹雪で機体外部に融雪剤?を大量にかけ流し,窓がシャンプーをかけた様になる。

等々で約2時間経過した頃、遂に’本日の運行取り止め’のアナウンスが流れ、愕然とする。
機を降り、空港ロビーにもどされ、再び,嫌いなimmigra,で今度は出国中止の印をもらい、大雪の中を市内のホテルにバス移動し床に就く。

チャーターした釣り船のキャンセル料金、2,000オーストラリアドルを支払う羽目に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)