2009年11月 9日 (月)

八雲沖でカレイを釣りながら

Imgp3376

オロシア訛りのぬけ切らないソヴィエト移民から買った何故かアメリカ製のargus、抑揚の無い強烈なドイツ語訛りが持ち味の、旧東ドイツ出身の方から買ったvoigtländerのsuperb等、色んな骨董屋とお互いにユーモアをまじえたとんでもない英語を駆使して得た戦利品片手に、スタテン島行きのフェリー乗り場の横にあるバッテリーパークからブロードウェイをぶらぶら。

第二次世界大戦で日本が負け、歓喜に包まれた通りと聞き、ちと複雑な気分にもなったが色んな国から来ている移民、不法滞在者らがお国訛りのぬけない英語でかもし出す異文化の融合はなんとも味わい深く、最後に歩いたのは9.11テロの少し前だった。

NYヤンキース優勝、mvp松井のパレードもそのブロードウェイ通りの巨大ビル群の谷間で行われた事を八雲の沖でカレイを釣りながらふと思った。

1imgp0268

噴火湾の洋上でふた海丸船長の西原 豊氏と二人だけで語らいながらの釣りも良い、NY、マンハッタンで人種の巨大な動物園の様な所もまた良い。

洋の東西、異人、異文化の融合にはまず相手の尊重という暗黙の不文律がある。所がこの地では不文律など無いに等しいらしい。新規参入の西原船長、まずは保守的地域に沸き起こった日本的排他の論理を想定内と軽く一笑された。

聞けば、瀬戸内海の大崎、上島ご出身、ご先祖は代々瀬戸内海で商船屋を営み、お爺さんは15歳で外洋航路の船乗りとなり、’男は先ず海外で仕事をしろ’と厳命を拝受、アフリカ大陸を含む諸外国で経験を積み、この八雲で開業されたゴッツイ経歴を有する。

北海道のこの地を選び、貢献しようとする志や見事、世界を見、鍛えぬかれた器のでかい男とお見受けした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

NY,9.11の裏側

Imgp0102_2

ニューヨーク、9.11テロ直前にもグランドゼロ近くの骨董屋の親父らと出されたクッキーを食べながら、安物のアール、デコ期のドイツ製オンボロカメラvoigtländer superbの値切り交渉をした事が今でも忘れられない。

夢を求めていろんな人種が世界中から集まる所で一発屋がおり、ホームレスがおり、ニューヨークの地下鉄なんて、まるで動物園の檻の中の様であり、あくまで原則だがお互いの文化の尊重がある。

おおかたのアメリカ市民は9.11テロに関する自国政府の発表を疑っており、ヨーロッパでは政治家、ジャーナリストらが集まり真相を究明する動きがある。

だが、日本人の視点は邦人の被害者も出ている犯罪にも拘らず、相も変わらず自閉的思考方式でもある為なのか、論点にすらならない体たらくの様。

Imgp0101_2

当時、ドイツの連邦銀行総裁は欧州の証券市場で9.11テロ直前に明らかなインサイダー取引があり、航空、保険、石油市場で不可解な売買が行われていたと明言している。

具体的には株の取引高がテロの前週いっきに1,300%も増えて、なんと1兆6千億円以上が’極悪人’の手にわたった計算になる。

これなど9.11テロ情報をその筋の輩が前もって得ていた明瞭な証拠であろうし、情報大国でもあるアメリカが常識的に考えてもその情報をブッシュ大統領が知らない筈はない。

wtcビル崩壊の落下速度はあまりにも速く、所々にビル爆破の際に生ずる小爆発痕を想わせる無数の硝煙が画像に明瞭に残されており、ビル崩壊の原因となった、枠組に使用された鋼鉄製の鉄骨はジェット燃料の燃焼程度では溶解されない事は建築家の常識とされる。

ペンタゴンでは、巨大なアメリカン航空-AA77便のボーイング757が時速400km以上のスピードで、両翼にまだ消費されていない約30トン位のジェット燃料を抱えて突っ込んだとされるが、予想されるダメージとははるかに少ないものであった。
御巣鷹山のJAL墜落事故でも分かるように機内のシートベルト、座席等のパーツは粉々になって散乱するだろうが、AA77便の残骸、そして乗客も誰一人発見されておらず当地のマスコミは’蒸発した’と皮肉っている。

Imgp0213_3

この様に真実を幼稚な方法で偽り隠し、虚偽の報道に終始するアメリカ政府の姿勢に対して疑問視する報道が出始めている。
アメリカでは9.11テロの真相を追求しているジャーナリストらに不審な死者が続出している。

壮大なノンフィクションは既にはじまっているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

トップガン

Imgp6606

トム、クルーズは確かゲルマンとアイリッシュの血が流れていると思ったけど。

バブル崩壊前の1986年製作のこの映画を再度見たが、
なんとも爽快感の残る、又、現代のハリウッッド映画と違い、cg画像は殆どなく、発音が非常に聞き取りやすく丁寧で、スラグが少なく、とても好感が持てる。

でも、ネイティヴスピーカーが聞いたなら、ちょっと、くどく感ずるかも?

navyの戦闘機、F-14いわゆるtomcatと、KAWASAKIのバイク、通称'ninjya'を颯爽と乗り回すトム、クルーズと、若かりしケリー、マクギリスの乗るポルシェ?の組み合わせがなんともいえない、趣がある。

Imgp6644

その教官がマーベリックに

don't forget no place second position,

そして最後に、今では懐かしいミュジックボックスに25セントを挿入し、

i heard you'll back here again

と、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

金銀財宝がザックザク

Imgp5096

NY、メトロポリタン美術館でも何度か古代ペルシャの華麗な金銀装飾具を見たが6000-7000年前の王朝の財力、技術は現代人を魅了してやまない。

2月27日、札幌の北海道立近代美術館で世界遺産のペルセポリス界隈から出土した美術品を揃えたペルシャ展を開催していたので入館した。

あるある、超一流の金銀財宝がザックザクと。

Imgp5090

かの有名な、アケメネス王朝を代表する、有翼ライオンの黄金の

リュトン、これに花でも生けたのだろうか、酒でも飲んだのだろうか。

収奪した金をこれだけ見事に加工、彫り込む見事な職人技が、

3000年前にあったとは。

信じられない’技’の世界。

Imgp5092

一度、盗難にあったが無事取り戻された世界的に有名な、洞窟遺宝

とも云われる、黄金のマスク。

ヒトの顔より一回り小さいが一体何に用いたのだろう。

Imgp5110

ブロンズの轡、

美的センスも現代人に勝るとも劣らず、非常に実用的にも

出来ており、両側にロープ、又は紐を通す孔があり口腔径を

調節できるハミ。

紀元前1000年頃の出土とされているが可也高度の乗馬、

騎乗技術が垣間見える。

これを騎馬戦にも使用したのだろう。

唯、現在の乗用種より大型の馬に使用した様に見うけられた。

騎馬民族特有の攻撃性をも伺える一品。

ペルシャは今のイラン、イスラムの世界だが、我々日本人に

とって、かの地に住む人々は暴力性、残虐姓が際立っている

と思いがちだ。

否定は出来ないだろうが、

同時代の日本では有史以前の、記録等勿論なく想像するに、

茅葺の掘っ立て小屋で弥生式とも言われるみすぼらしい、

生産活動など無いに等しい農耕を主とした社会だったと思うが

既に素晴らしい高度の文明が存在していた。

唯、一点気になった事がある。

セキュリティがあまりにも疎か、ルーズで、欧米各国では考え

られないほど。

もし盗難にでもあったなら、国際問題になるんじゃないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

ワンフレーズ-1

Imgp4122

白洲正子、「美の種をまく人」、著より

この著書の中で、三宅一生が短文を寄稿しているが

その中で、白洲正子曰く、

「たいせつなのは、本当に美しいものを見つけて知ることね」と。

実に良いお言葉、

愚生にとって生涯忘れてはならないワンフレーズ。

一体、この凄まじき、うらめしき審美眼はどうやって磨かれたのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

骨董屋さん巡り

rotoruaのterume resort(親切な日本人の経営で何故か偶然にも宿泊客は全て北海道人、札幌、石狩、北見だって)を発ち、オークランドに向かう。
途中、田舎に点在しているcambridge,paeroaで骨董屋に寄り陶器、カメラの買い物をするがニューヨークのマンハッタン辺りと比べても半額以下のものもあり見ているだけでも飽きない。

掘り出し物が一杯ある。

又、商売っ気があまり無い様で皆さんいたってノンビリされていた。

陶器類はさすがにイギリス由来のものが多く、展示も大雑把、若し地震が起きたならどうなるんだろう。

地震が無い国?

Rotoruacambridgeauckland_110

この骨董屋さんでは、おばちゃんが持っている、中世、イギリスのエリザベス女王戴冠記念のお皿を購入する。

オークランドに着き、高速を降り市外の一画に5,6件の骨董屋が在るとの情報であちこちで聞きまくり何とかたどり着く。
ここは確かに良い品が多く、店の入り口には鍵が架かっておりお客は此方から合図しないと入れない仕組みになっていたがロスでも似たようなお店があった事を思い出す。Rotoruacambridgeauckland_121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

ケアンズでGT、カジキ釣りのはずが-1

今回の海外は学会、仕事等全く関係無く、オーストラリア、ニュージーランドでの釣り、ドライブ、骨董品の収集、オーストラリアンオープンテニス観戦などお遊び満載のプラン。

愚生、オーストラリア旅行は2度目なので新鮮味には欠けるが忙しいニューヨーカーに比べて所謂オージーのノンビリ、オットリ型の思考、行動に何故か愛着を感じつつ、昨年来より、ケアンズで釣り舟屋を経営している、Alliと電話で何回もやり取りし、barramundi,giant trevally,tuna,blue marlin、etc釣りを1月11日の終日、一人のみのチャーターで既に予約済み。

又、運良く、千歳空港よりケアンス直行便があり、カミサン同伴で此方も既に予約済み。

Photo_2

本日10日、夜8時頃に出国手続きを済ませオーストラリアン航空、AO7992便に乗り込み離陸のアナウンスを待つ。

所が、’只今より離陸コール’がなかなか流れない........、ちょっと変,,,,、第六感が働き、やな予感,,,,,,,、朝の天気予報では、千歳地方一時雪だったはず、しかも夕刻迄予報通り降っていなかった雪が,,,,,。

機内より外を眺めると、8時を過ぎる頃より猛烈に雪が降り出し、機内アナウンスでは’只今除雪の最中で少し待て’とのヘンチクリンな可笑しな発音の日本語案内が流れる。
よく外を眺めると薄明かりの中、猛烈な吹雪で機体外部に融雪剤?を大量にかけ流し,窓がシャンプーをかけた様になる。

等々で約2時間経過した頃、遂に’本日の運行取り止め’のアナウンスが流れ、愕然とする。
機を降り、空港ロビーにもどされ、再び,嫌いなimmigra,で今度は出国中止の印をもらい、大雪の中を市内のホテルにバス移動し床に就く。

チャーターした釣り船のキャンセル料金、2,000オーストラリアドルを支払う羽目に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)