2007年12月10日 (月)

アングロサクソンの味覚

1etc_039

イギリスのキリスト教プロテスタントは食い物に対し質素をモットーとし、美食におぼれる事は堕落であるとする食文化に対する神の教えは忠実に守られている様だ。
しかし異文化、異民族に対する神の教え詰り’慈愛のこころ’は少しお忘れになった様だ。

大英博物館には世界中から略奪した国宝級の品々を誇らしげに、何の恥じらいもなく展示しているが、旅行者は直ぐにその大いなる矛盾に気ずく筈だ。

大英帝国連邦の元締め、そしてアングロサクソンの理想郷を謳いたいのであるなら略奪の歴史的象徴である盗品をつべこべ言わずに各国にお返しして空っぽにする事が正当な評価につながる事だろう。

あのグロ-バルスタンダードを言い出し、今となっては自らの頸を絞めつつあるアングロサクソン人の輸出国であるイギリスに対し、世界各地を旅行している人々に聞いても、料理が余りにも不味いからイギリスにだけは行きたくないと最悪の評価ばっかりが目立つ。

イギリスの他、アメリカ、カンダ、オーストラリア、ニュージーランド等はあんなに料理が不味くても、よくまあ平気でいられるもんだと訪れる度に素朴な疑問が沸く。

Etc_046

本来、口にあわないと言うべき所だがあれじゃ、酷すぎる。
例えば、あのぬるい間の抜けたビールと味付けは塩、胡椒だけでは日本人なら呆れ返ってしまうだろう。

フランスとイギリスの不仲は有名だが、フランスのシュラクが国際会議の席上、マイクが入っているのに気ずかず、
「イギリスの様に料理が不味い国の人々は信頼できない、イギリスのヨーロッパの農業に対する貢献は狂牛病だけだ」と語った事が世界中に配信されたとか。

Etc_041

確信犯の石原都知事に至っては、イギリス人の味覚は牛と同じと述べているが、それでは牛さんが可哀想。

加藤周一はアングロサクソンが粗食だったのではなく、産業革命がそれをもたらしたとしてアメリカの画一的消費の発見は、この下地があっての産物だったとしている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

神様の教えvs科学

Cairnspaihiahamilton_138_1
テニスサークルの皆さん

Bobより、メールが届きました。

今、真夏の暑いオーストラリアのBendigoでは周囲のbad bush fire(山火事)で煙たいけれど、自分の所は問題ないとの事です。

特に、以下の質問をした所、
I can not American negative idea about the Darwin's idea(theory of evolution).
次の返事が返ってきました。
Hi Kzy,
   To answer your question regarding evolution.I believe that a lot of people follow what they are taught. They accept what a priest or minister of religion tells them and don't give it much thought .I believe that God  is the creator of all and his creations have evolved over long periods of time to what they are today. For example, how the horse has developed to what it is today. What do you think? I believe that it is good to have an interchange of ideas. It is also important to respect the ideas of others as we can all learn from each other. I enjoy  interchange of ideas with you.
   How is your tennis? Mine is doing well as I am constantly working on my fitness level. Would you please send my greetings to your tennis Group?
Peace be with you,
Bob
Cairnspaihiahamilton_142
愚生のダーウィンのtheory of evolution(進化論のつもり)の質問に対し、regarding evolutionの答えには、大方の人達が聖職者らの教え通り、僕も、I believe that God  is the creator of all であり、現在まで至る長期間、進化もしくは発展しているとし、

例えて言うと馬は一体どうやって生じ今日に至ったのか?
文中には無いが、付け加えると、こんな高等な生物は神様以外に創造できないだろうと云う意味を含んでいるものと思われますが。

そして、お互いの考えを理解しあい、尊敬し、学ぶ事が重要であり、enjoy  interchange of ideas with youと、元教師らしく優しく寛大な文ですがその内容は愚生にとっては非常に難解であり’Bobのメールからは申し訳ないですが、’創造の神’なるものはまったく理解できません。

結局、日本人の考える進化論は、否定派の’創造の神’なるものの教えと肯定派の現代科学の間で全く相反する、大きな矛盾から、アメリカでは裁判沙汰にまでなったのは周知の事実。

今後も宗教vs科学の熱い論争が継続して行われるものと思います。

文面から察するにBobの心の中は進化論否定派と云う事?

何故なんだろう、もう一度聞いてみたい。

生意気言ってごめんなさい、誰か挑戦してみて下さい。

メールアドレスをお教えいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

Bob、オーストラリアに無事到着

Imgp2774_1

テニス会員のみなさーん、
ボブより、メールが届きました。
実はボブは現地で狭心症の手術を受け、ニトロの舌下錠ならぬ、スプレイを持参でのテニスだったのです。
それにしても良く動き、特にラケット面の作り方が非常に上手だったですね。

            ★★★★★★★★★★★★★★★★

Thank you for your hospitality
R Elliott

Hello Kazuya san,

   Many thanks for your hospitality while I was in Japan.I appreciated your organizing of the tennis practice and you driving me to the tennis courts.It was also very stimulating to able to discuss with you, many and varied subjects in conversation.
   My wife and I enjoyed a wonderful time in Japan. You are very fortunate to live in such an admirable country.Thank you for sharing your culture with me.
   We enjoyed our time in Singapore by shopping, taking a trip to Malaysia, sight seeing, visiting Little India and Chinatown .We also had a ride in a trishaw and a cruise along the Singapore River.
   My son in law was at the airport to meet us when we arrived in Melbourne and drove us home.We had a great holiday however it was good to be home again.It has taken some time to get things in order  but all is well now. I have been back playing tennis and ejoying it. How is Your tennis and did you watch any games of the American Open? Would you please say hello from me to  your tennis friends?
    Yesterday my wife and I travelled to Melbourne by train. I had a six monthly check up with my cardiologist and received an excellent report, which was very pleasing.I don't have another appoitment for another six months.I have visited your blog address and found it very informative.
   Thank you once again.
Domoarigato gozaimasu.
Bob

            ★★★★★★★★★★★★★★★★

その後、シンガポール等を旅行し、メルボルンに義理の息子さんのお迎えを受け、又、心臓外科医を受診した結果、異常無く非常に喜んでおられました。
コメントを送られたい方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

シドニーでお魚さんの値段をチェック

19日、早朝、メルボルンのwindsor hotelを出て空港に向かい、シドニーに8時頃到着。アンティークショップを探しながら聞きまわり、あちこちウロウロ、地図を片手に行き当たりばったりの旅、途中で気楽なb&bスタイルの30歳前後の女性がいたので、お話した所、此れが又、アメリカ人でロスからの一人旅でバスを待っている最中とか、逆に質問される事もしばしば。 市の外れに魚屋さんがあったので、許可を得て値段のチェック。

この画像にあるocean troutは聞いてみたらタスマニアの海で養殖されたもの、北海道の渓流で釣れる虹鱒そっくり、AU$12,90オーストラリアドル/kgのお値段、其の下に写っているお魚さんは北海道で云う、アブラコと同じ顔?をしていたがAU$25,50オーストラリアドル/kgと此方は高め、

Melbournesydneyaustralia_155

でっかいタイ、

Melbournesydneyaustralia_159

ヒラマサ、値段は写っていなかったけれど高価なお魚だった、

Melbournesydneyaustralia_166

ワタリガニと訳して良いのだろうか?

Melbournesydneyaustralia_171

旨そうな牡蠣、

Melbournesydneyaustralia_172

各自、注文したお魚さんをサシミ、スシ、フライ等に料理してもらい食している所で、醤油、ワサビは既に定番、

Melbournesydneyaustralia_163

自分も寿司、刺身を食したが旨い、但し販売、料理している人々は殆どアジア系、一部イタリア系であったが其処には深い、難しい歴史、民族の葛藤が見え隠れしていた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オーストラリアンオープンテニス2006、2日目

19日、とにかく暑い、練習風景 Melbournesydneyaustralia_021 Melbournesydneyaustralia_022 Melbournesydneyaustralia_073 <Melbournesydneyaustralia_099

試合終了、 Melbournesydneyaustralia_103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

オーストラリアンオープンテニス2006、初日

Melbournesydneyaustralia_013_1

18日、オークランド(ニュージーランド)のmercure hotelを早朝3時40分に発ち出国手続きを済ませ、オーストラリアのメルボルンに9時頃到着、再度入国手続きの後、取り合えずwindsor hotelにチェックイン。

今日、明日の2日間はオーストラリアンオープンテニス観戦。
所が前もって日本より予約しておいた本日分のチケット二人分が届いておらずロッドレーバーアリーナ入り口の発券場で交渉する。
最初は断られたが何とか交渉成立しチケットをゲット、入場する。

前回来たのは確か1995年。
阪神大地震の時であり、テニスプレイヤーの沢松さんの実家も被災され此方でも大きな話題となっていた頃であった。
又、其の頃あった周囲のお花が綺麗なフリンダーズパーク公園が無くなっていた。

噂に聞いていた通リ、
’メルボルン市内は今、バブルでビルが次々に建ち、昔の面影が余り無い’とオーストラリアの友人も嘆いていたがすっかり変わってしまっていた事に驚く。

コートサーフェースの色も青から緑へ、スポンサーがfordからkiaへ。

又、テニスとは関係ないけれど、
勘違いでなければ、前に見かけた人に纏わりつく、うっとおしいあの小さいハエの様な虫が大きくなり或いは入れ代わって日本にいるハエと大きさは殆ど同じになった様に感じられた。
若しもこれが事実なら、オーストラリアの自然界で今物凄い生態系の変化と云うべきか、乱れが起こっているのでは?

Melbournesydneyaustralia_064

18日、午前のフェデラ、2回戦、

Etc_027

wowowでお馴染みのにやけたフローレントダバディさんを捉まえ数枚パチリと、

Etc_038

あまりの美しさに名前を忘れちゃった、

Etc_041

サーブが早すぎて、ボールが見えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

骨董屋さん巡り

rotoruaのterume resort(親切な日本人の経営で何故か偶然にも宿泊客は全て北海道人、札幌、石狩、北見だって)を発ち、オークランドに向かう。
途中、田舎に点在しているcambridge,paeroaで骨董屋に寄り陶器、カメラの買い物をするがニューヨークのマンハッタン辺りと比べても半額以下のものもあり見ているだけでも飽きない。

掘り出し物が一杯ある。

又、商売っ気があまり無い様で皆さんいたってノンビリされていた。

陶器類はさすがにイギリス由来のものが多く、展示も大雑把、若し地震が起きたならどうなるんだろう。

地震が無い国?

Rotoruacambridgeauckland_110

この骨董屋さんでは、おばちゃんが持っている、中世、イギリスのエリザベス女王戴冠記念のお皿を購入する。

オークランドに着き、高速を降り市外の一画に5,6件の骨董屋が在るとの情報であちこちで聞きまくり何とかたどり着く。
ここは確かに良い品が多く、店の入り口には鍵が架かっておりお客は此方から合図しないと入れない仕組みになっていたがロスでも似たようなお店があった事を思い出す。Rotoruacambridgeauckland_121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

レンタカーでロトルアへ

paihiaの宿泊先であるkingsgate hotel autoloodgeを早朝チェックアウトし、ルート1号線をオークランド方面に向かう。
夜間と異なり、日中の走行では行き交う車は多いが矢張り気楽に運転できる。
所々で写真を取ったりしながらオークランドを過ぎ、hamiltonの街中で車を止めショッピング、食事を取る。

とあるオープンレストランで無国籍料理一皿がたったの10ドルなのでオモイッキリ盛り合わせて運ぶ、

日本の恥、我がカミさん。

Cairnspaihiahamilton_255

燃料補給も忘れず、夕方前にrotoruaと云う北海道の登別温泉に良く似たイオウの臭う温泉町に到着する。
夜、世界各国から特に北欧、東欧からと思われる綺麗な美女軍団も一緒に共同浴場に入浴する。
勿論水着着用で、聞いた事の無い言語が飛び交っていたが間違って日本式スッポンポンで入浴したならえらい事になっただろう。

Rotoruacambridgeauckland_011

湖畔には初めて見る綺麗な鳥が沢山泳ぎまわり、周囲の芝生が良く管理され素晴らしい環境。

Rotoruacambridgeauckland_014

鳥達の横でキャンピングカーに設置されたオープンデスクで物静かに読書にふける、見るからに賓の良さそうな、知性と教養に溢れる貴婦人とおぼしき清楚な服装の人と目線があったので挨拶する。
当然、この淑女は柔和な微笑を顔いっぱいに浮かべてre挨拶。
と、ここまでは何事も無く。

所が通り過ぎると間もなくとんでもない大音量で形容しがたい異音が耳に入り、一瞬ギクッとし立ち止まる。

丁度、種馬が放屁といななきを同時にする様な、又、下痢した種牛が交配直前にだす間の抜けた、情けない、雄たけびの様なサウンドが2度ほど,,,,,。

恐る恐る振り返って見ると先程の高貴な御婦人が、顔を真っ赤に染め、平然と力いっぱい辺りかまわず鼻をかんでいた,,,,,。

一瞬唖然、これもニュージーランドか!

深夜、一人で漆黒の中、ホテルの大きな露天風呂に満天の星空の中に南十字星を眺めつつ入浴。

ビール片手に、

最高!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

ニュージーランドでヒラマサ釣り

Cairnspaihiahamilton_145

6時頃、明けはじめる。
眠たい眼を擦りつつ眺めると其処には素晴らしい朝焼けの中に小島、湾が微かに見える。
海岸までせり出た小高い丘に鬱蒼と茂る木々の中から色んな鳥の綺麗な、そして聞いた事もない心地よいさえずりが聞こえて来る。
なるほど、噂に聞いた綺麗な所だ。

キャプテンのsteveに連絡を取るため、オークランドで借りたプリペイド式の携帯電話を使うがコレマタ、とんでもない旧型で3,4回かけ直しやっと繋がる。

Cairnspaihiahamilton_147

6時30分頃、他にこの船に前夜より泊っていた地元の若衆2人を含む3名でいざ出航する。

Cairnspaihiahamilton_177

先ず、サビキで餌になる小魚を釣る。
時々、30-40cmのタイも釣れるがスチーブ曰く、ベイビーの一言で逃してあげる。

又、餌釣りの最中、突然ヒラマサが出現する。

steve曰く、こいつは’体重は25-30ポンド、ベイビー’の一言。

steveが颯爽とGT釣り用に用意した浮きルアーを近くに投げると2,3回喰い付き、ロッドをおもいっきりひん曲げ、水面をバシャバシャさせて見せてくれる。

しかしわざとに針をかけない様にし、この時間帯は餌釣りに専心する。

沖に行けばまだまだデカイのが沢山いるよと言われ、次第にやる気が出てくるし、他の二人も目の色が違ってきた。

Cairnspaihiahamilton_179

3人で釣り上げた餌となる小魚が備え付けの水槽一杯に納まる。

愚生が一番釣り挙げたが地元の連中は下手くそ、指先が白人特有の?不器用で、しかも男のくせしておしゃべりで喧しく、尚且つ鈍くさいときた。

Cairnspaihiahamilton_184_1

真ん中に見えるピンクの浮きルアー?をトリヤマに投げ込むと面白いようにお魚さんがアタックしてくる。

Cairnspaihiahamilton_189
同船した、地元の2人の気の良い20代とおぼしき両釣り師はとにかくおしゃべりで騒がしい。
よく喰い、愚生にパン、チョコレート、果物などもくれたがどれも不味い物ばっかりだった。

キャビンに近い右側釣り師が大物を釣り挙げた時の事。
アル・パチーノもたしか演じていた映画等でよく見かける例の、調子パッズレの人を小ばかにしたような歌を歌いながら背中を若干前倒しにして頭を左右に振りつつ、両手を交互に前に出し、尻を左右に振りながら間の抜けた格好でリズムを取りつつ狭いキャビンでダンスを始めたのである。

愚生は何度かアメリカの薄汚い、喧しい居酒屋でも、この間抜けなダンスを見かており、例に倣っておもいっきりひやかしてやる。

するとどうだろう。
馬鹿にされている事も分らないのか、図に乗ってよりハッスルして一見’阿波踊り’の様な’タコ踊り’に力がより一層はいる事しばし。

この間、釣りを忘れて大いにこのダンスを眺める。

アングロサクソンのとぼけた一面を垣間見ることが出来、今思い出しても可笑しくて、一人で大笑い。

なんと、まあーおおらかな事。

釣りの原点を垣間見た気がする。

所で此方の釣り方はこんな方法だった。
★ジグ釣り:
釣り方はいたって単純、ジグでは潮の流れの遅い時には略海底近くまで落とし込み、其処からアクションを付けながらオモイッキリ巻くだけ。
★餌釣り:
これまた簡単で餌となる小魚の頭に弱らせない様に釣り針を通し落とし込む。
潮の流れのあまり無い時は海底より1メールくらい巻き上げ、竿を船縁に固定したまま、後はあたりを待つだけ。
★浮きルアー釣り(本当の名前は忘れた):
鳥山のど真ん中に船を突っ込み何処でも良いからオモイッキリ投げ込み、後はアクションを付け唯巻くだけ。
其の鳥山だが、とてつもなく大きく今回出遭ったのは直径が2-300メールもある。
又、群がる鳥達も日本でよく見かける小さいものから羽を広げると2メール以上にもなる大型のカラフルな鳥まで無数に沢山群がっていた。
時々ヒラマサが水面近くで小魚を捕食するらしく、見事な水しぶきがあちこちで見られ壮観であった。
しかし、其の大型の鳥はよくよく眺めてみると、海面の数十メール上空から狙いを定め、翼をたたみ込み、物凄いスピードでほぼ垂直に長い嘴を武器に飛び込むではないか。

もしも、突然狙い所に大型の魚が現われでもしたならコントロール、ブレーキも効かず?衝突する事も有り得るのではないだろうか。

之って余計なお世話かな??

疑問に思い、steveに聞くと、

「たまに伸びて浮いている鳥を見かけるよ」と言っていた。

これもニュージーランド版、野生の掟なのだろう。

日本では見られない美しい自然がそのまま残っている豊饒の海だった。

魚食を主としないアングロサクソンとは言え、自然保護されるが故の釣果であろう、しかし、オークランド周囲では7-8年前までの様な大型のタイ釣りはもう出来ないとも言っていた。

歴史上、最高の旅行者であるキャプテン・クックもさぞかし喜んだに違いないだろうな。

下手くそな愚生でも腕が痛くなる位、釣りを楽しめた。

Cairnspaihiahamilton_217

日暮れ時、夕刻8時過ぎのpaihiaの湾。

Cairnspaihiahamilton_223

釣り船が出港した艀の建物。

Cairnspaihiahamilton_234

午後9時頃の湾の周り、まだ明るい。

帰港後、迎えに来たカミサンと一緒にヒラマサの料理を食したが旨かった。

40ポンド以上もあるお魚さんを2人で喰いきれる事など到底できず。
ニュージーランドの度田舎にあたる、ここpaihiaに住んでおられる中国系のトンデモ英語を話すお年寄りにあげたなら、えらく喜んでいた。

再度、オーストラリアに戻りシドニーのお魚屋さんで其の理由が判った。

| | コメント (0)

2006年1月14日 (土)

深夜、オークランドからレンタカーで

Cairnspaihiahamilton_133

Cairnspaihiahamilton_138

14日、ケアンズのホテルを早朝出発し、ニュージーランドのオークランドに向かう。
ケアンズ空港に着き、搭乗手続きを待っていた所、途中で受付カウンターが停止、何事かと思っていたら物々しいセキュリティ、並びに空港警察官が次々に集まり、なにやら無線でやり取りしつつ、かなり厳しい手荷物チェックが始まった。
よく見てみると、我が方の隣の列で一人の見るからにアラブ系とおぼしき男が何人もの空港職員を含む警官に取り囲まれ厳しいセキュリティチェックを受けていた。
すると手荷物の中からガスボンベとおぼしき容器が見つかり手荷物ともども何処かに連れて行かれた。
再開後は順調に進みブリスベンへ向かう。
すると今度はブリスベン空港でも同様に厳しいチェックがあり、私服警察、空港警察と思われるスタッフが厳しい目つきで乗客一人ずつを見据え、アット ランダムに質問、手荷物検査をしていたがこんな南半球の田舎で何事かあったのだろうかと気になった。

夕刻、ニュージーランドのオークランド市に到着、急遽釣り予定を変更する。
従って一泊の予約をしておいたcopthorne harbour city hotelには僅か2時間位の滞在となり(愚生30分の熟睡、カミサンは寝られなかったとプンプン)、チェックアウトの際、少し宿泊代を安くして、と冗談に言ったなら笑っていた。

其のホテルでヒラマサ釣りをするpaihiaまでのルートを教えてもらい、明けて15日、深夜1時、いよいよレンタカーでイザ颯爽と出発する。
所が直ぐに道を間違い迂回する羽目に、しかし高速1号線に乗ってからは速度無制限とばかりオモイッキリスピードをだす。

途中、真夜中の3時頃、全く人気の無い所でヒッッチハイクの若い女性が手を上げていたがニュージーランドってとこは一体なんて国なんだろう、イングランド系のある種の大らかで新鮮な感慨が浮かんだ。けれども同じアングロサクソンでもアメリカでは見られないシーンであった。

深夜4時過ぎ、paihiaに無事到着。
しかし周囲は真っ暗、しかも日本の様な親切な表示板など無く’えらい所に来てしまった。

まさしく此処は何処’の世界、取り合えず仮眠を取る。

爆睡。

| | コメント (0) | トラックバック (0)