2013年9月27日 (金)

この鳥、なんていうの?

Imgp1221
秋、快晴の今朝、枕元にまたキツツキが我が家の外壁をつっ突く連射音が聞こえる。
表に出て眺めてみると、どうやら我が家の周りに居候していると勝手に思っている数羽の内の一羽に違いない、と言ってもあまり根拠はないが、それぞれのメンコイ特徴的なお顔で判別している。
ご主人様と目が合うと申し訳なさそうに近くの赤松に飛んで行く、しかし機を見計らって舞い戻ってくる憎めない、おしゃれな友達だが、こやつ等はときにやり過ぎる悪癖があり、無性に腹が立つこともある。
Imgp1211
ついでに朝露の中、栗の実を拾いに行くと昨夜、栗の木の根本周りに盗っ人カラス除けに漁師より頂いたシシャモ網を敷いておいた所で小鳥が絡まり、もがいている。

鳥体に絡んだ網を切り落とすために捕まえたところ、キィッ、キィッと小声で啼きながらも愚生の指を突く、なかなかの暴れん坊だ。
よく見ると咽喉頭部に鮮やかな朱色毛を、眼の周りには嘴より線上に白、黒、白と三条のおしゃれな線を持ち、その体長16cm前後、被毛はスズメに似ているように見えた。
平衡感覚、筋力に異常はなく、目視では両翼羽、脚部に骨折等の致命的な所見もなく、いたって健康そうであった。

三前趾足、右中足骨部には可動性の小さな足環が付けられ、極小の3段文字で
’KANKYOSHO TOKYO JAPAN 3P97589’と記載されていた。
Imgp1207
こんな小さな野鳥にお邪魔な足環を装着するなんて、人間ってなんと阿漕な研究手法を用いるのか、外してあげようとも思ったが長時間保定することのストレス等を考え、周囲にカラスがいないのを確かめてから木々の中で放鳥した所、元気に飛び去った。
10分程度の邂逅にして、愚生の掌中に鮮やかなその温もりと存在感を残してくれたが門外漢ゆえの畏れ多い疑問がひとつ.わく。

その野鳥は漁網と共に足環も外してくれと愚生に訴えていた、明らかに訴えていた。
そんなお邪魔な足環はそれら野鳥の行動、寿命にいかほどの影響を与えるのだろうか、それとも与えないのだろうか、若しくは与えるストレス以上に得られるデータを優先してやいないだろうか?
Imgp1206
研究を主題とする行為なら、足環の装着の有無がそれぞれの野鳥の、例えば栄養状態に、例えば捕食、繁殖行動に、例えば寿命に、それぞれの対照群/control群との間で統計上、有意差なしの明晰な試験データをお持ちの筈であろう、ならば愚生は’安心だよ’と野鳥にお伝えしよう。
反対に有意差なしの明晰な試験データをお持ちでなければ、そのmethodsには功利主義的臭いが漂い、F.フットの/trolley prob,に、J.ハリスの/survival lotteryの問いに通ずる。

だが愚生は功利主義的思考を頭ごなしに否定はしないし、人類は知ってか知らずかそれをもとにして今に至る、現に実験動物の世界でも当たり前のように、無麻酔で断頭、開頭、開腹が行われ、使用後はゴミ箱に入るが、それら知見は多者に還元されている。
多くの人はそんなことを薄々感づいている。
ただ、ここではanimal rightsだの、各speciesに人夫々が持つ、夫々の感情論を持ち込まないこととする。

とは言いつつも、希少動物と実験動物を功利主義という天秤はかりに掛けるとすればその線引きの根拠は一体、どこにあるのかという避けられない問いが生じる。
その問いは時に’doctrine of double effect’にぶち当たり、我々現代人はやっぱり勝手だなぁ、などとのたまってお茶を濁すだけに過ぎないのだろうか。

また余計な事を書きすぎたが、これから寒くなるのにこやつ、どっちに向かうのか、キツツキと同居しても別にかまわないけれど、その前にお名前は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

アリをやっつけた男

Imgp1359

今と違って昔のヘビー級の試合は華があった、しかも個性的な役者も揃っていた。
その主役はなんといってもMuhammad Ali /モハメド・アリ/カシアス・クレイだろう。

しかし愚生は何故かアリが子供の頃より大嫌いだった。
別にイズラムに改宗したからではい、マンハッタンでタクシーに乗るとコーランとジャズがラジオと安っぽいラジカセから同時に流れている事もしばしばで、もちろん運転手さんの名前はモハメド・アリなんたらが殆どだが別に違和感はない。

華があるということは毒もあると一概には云えないものの、アリのあの放言癖、横柄な態度がたとえカメラに向けたポーズだったにしてもどうにも我慢ならなかった。

従ってアリをやっつけた男は誰でもが愚生の大ヒーローという今に至る単純すぎる頭脳回路はこの時既に出来上がっていたのかもしれない。

さしずめ、その大ヒーローはJoe Frazier /フレイジャーとLeon Spinks /スフィンクスだろう。

今でもはっきり覚えている。
当時の白黒アナログテレビに写し出された、不可思議な海外同時放送とやらを食入るように観戦、アリが勝つと直ぐにチャンネルを変えた。
逆にこの両者がそれぞれアリをやっつけた時などは、翌日の全国主要紙、スポーツ新聞を全紙買い込み、周囲の呆れ顔、冷たい視線をものともせず何度も読み耽り、至福の時にひたった鼻ったれ時代があった。

Photo

昨日のabc newsに以下の文が載った。

” Ali said, “It was the closest I’ve come to death.”

“The world has lost a great Champion. I will always remember Joe with respect and admiration. My sympathy goes out to his family and loved ones,”  Ali said Monday.

開高 健の云った「男を熱中させるものは危機と遊び」をそのままを実行した男の中の男だった。

ヨーッ、世界一、フレイジャーにカンパーイ!!

と、風呂上りに書き始めて只今深夜、キーボードを叩く指につい力が入り過ぎたのだろう、直前まで外で啼いていたフクロウの声が聞こえなくなった。
こやつ、ミネルバへ深夜のお帰りか!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

キングサーモン釣り大会inカナダ

Imgp7721

口には出さねど、我こそが世界一だと云わんばかりの、日本風にたとえるなら’はったりをかました’風貌の釣り師ばかりがport alberni郊外のロッジに集まった。
やはりハリバット(オヒョウ)釣りなどと違い、キングサーモン釣りとなると、どこかマニアックでしかも偉ぶっている風にもお見受けするお方が多いようにも思えるが気のせいだろうか。

辺りにはクーガ(山猫)がいると脅されているので夜は出歩かず、お酒がつい入り過ぎてしまう。
その勢いもあって晩飯時ご一緒したドイツ人、スペイン人、そして地元カナダ人等とサーモン釣りの話題で盛り上がりった。
安酒ながらも飲兵衛同士は東西と離れていても会うと楽しいもので、必然的にお互いが競争心を抱く。それが次第に相手国には決して負けるわけにはいかないという間抜けなナショナリズムが夫々に芽生え、翌日は急遽、国家の威信をかけた懸賞金付きのキングサーモン釣り大会に変身しちゃったからアルコールとはたいへん愉快なものである。

出来上がったルールは簡単、各々が$1ずつ出し合い、一番大きいお魚さんを釣った人が総ての懸賞金を分捕る、所謂ヒットラーも大好きだった優勝劣敗方式だ。
ただし敗者に隷属の義務、罰ゲームもなく、当然釣りガイド並びにボートは別々である。

Imgp7713

余談だが、やがて酔いがかなり回り、お互いに釣り自慢になった勢いでスペイン人の若くお美しい釣り師が「私、ナマズ釣りのワールドレコードを持ってるわよ!」と自慢げに話された。
スペインの何とかいう所の釣り師なら見向きもしない薄汚い沼にボートを浮かべ、釣り針に腐ったイカを一匹ままつけて垂らしておいた所、それに食い付き、径3インチの竿が折れちゃったが数人でなんとか船に引き上げた、とっても重たく胴体に両腕を回しても届かなかったと言い、その写真も見せてもらったがまるで子供が太い丸太棒に抱きついているようにも見え、到底お魚さんとは思えず薄気味悪いお顔であった。

昨日、日本では絶滅したといわれていたクニマスが原産地、秋田の田沢湖ではなくその稚魚を移入、放流した山梨の西湖で発見の吉報を耳にし、ついヨーロッパの巨大ナマズが頭をよぎった。

クニマス、巨大ナマズともに偶然が重なり、しかも汚染が進んだ結果の人間の悪行故には違いない、しかもスペインの沼は既に埋め立てられ、秋田の田沢湖はphが下がり過ぎてとてもお魚さんの棲める環境ではないらしい。

1imgp4127

ちなみにカナダのキングサーモン釣り大会の結果、なみいる釣り師の中でぶっちぎりの優勝を成し遂げ、懸賞金$8を分捕った輩は時差ぼけ、二日酔い&船酔い等重度の合併症を患いながらも同行した初海外旅行の友人で、なんと生まれて初めて釣竿を持った男であった。

その友人の顔面蒼白、鼻孔からの嘔吐も伴った症状をジャパンスタイルと地元のガイドに笑われながらの優勝にゲルマン、ラテン、アングロサクソン等の酷く傷ついたであろうそのプライドを思うと今でも笑いを吹き出してしまう。

こんな釣りもまた楽しい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

イエローカード必携の頃

Imgp2566

中川五郎次の持ち帰った天然痘予防に付いて書かれた露語の種痘書は日本幽囚記byゴロヴニンの翻訳者でもあった馬場佐十郎の翻訳で「遁花秘訣」と名を変えるが、その原因を本書にはなんと書かれていたのだろうか。

1970年代に入り、ウィルス学が急速に発展するとその痘瘡苗に抗原として用いられたウィルスは、天然痘ウィルスと同属で、極近い牛痘ウィルスと考えらるようになる。
やがてそのウィルスは遺伝子配列よりまったく別ものとされ、今では自然界で野ネズミの間で継代されているらしいワクチニアウィルスと理解されている。

NY9/11以降、バイオテロの筆頭に上げられる天然痘に対する抗体作成にあたって、より安全性が高く、より強い免疫力をもつ改良型のワクチニアウィルスが再登場、またベクターの中には抗原遺伝子を複数作製する事が可能で、エイズワクチンとなりうる可能性も秘め、今ではバイオの世界で一躍、ヒーロー的ウィルスでもある!!

Imgp1473

昔の海外旅行は種痘接種を証明するイエローカード/国際予防接種証明書は必携であり、直前に決まった時などは急いで近くの検疫所に行き、接種してもらった記憶がある。
繰り返しになるが当時はまだ接種する側、される側共々、牛痘ウィルスと考えられ、それを信じた者、或いは信じなかった者も救われた時代であった。

ジェンナー、そして中川五郎次らは疫病に何某かの精神性を加味して考えていたのか。
それがナノの世界のウィルス戦だと知ればさぞかし驚く事やら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

粋だね

Imgp3432

夕陽に眼を細め、堂々と落着き払った態度がなんともにくいではないか。
夜な夜な、我が家の風呂の横で鳴いていた剛の者のはひょっとしてこやつか?
日の高い時はあたかも朝から焼酎でも飲み、惰眠をむさぼる様なお顔が決まっている。

’おい、起きろーっ!!’と一声掛けたくもなる。

時には凛として堂々と、鷹の如く、カーッと眼を見開いている。

南座ではないが、’ヨォーッ、日本イチ!!’とこれまた一声掛けたくもなる。

眼下に、動きまわる与作とご主人様を一瞥、睥睨。

そして又、コックリさん!!

これ以上の駄文は失礼にあたる!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

深夜のフクロウの合唱

1imgp2952

深夜、露天風呂気分で窓を開け湯ぶねに浸かり静かな中で本を読んでいると近くでフクロウが2羽お互い数百メートル位の距離を保って交互に鳴き合っている声が聞こえる。

どうやら一定の決まりがある様である。
まず最初に饗音装置は太く大きいのか、貫禄のあるお声のフクロウがホォーッ、ホッホッと野太く重たい低音を発すると、続いて必ず数十秒後に片方のフクロウが真似て鳴く。
後者のフクロウは発音があまり上手とは云えず、音量に欠け、語尾の発音も不明瞭でまだ一軍登録はむりか。

主導する貫禄のあるフクロウの声は周囲を威圧する様でもあり、その昔、茅葺の家に住んでいたアイヌの人達がカミの鳥と言い表した事も十分うなずける。
又、アイヌの古老はフクロウの近くにクマがいる事もあるよとおっしゃていたが、確かに今、近くの畑にクマが出没しているそうだ。

1imgp2857

愚生が水音を立てると鳴き止め、静かにして暫くすると再び野太いお声のフクロウが先ずはじめに鳴き、続いて若輩者のフクロウがその後に習い、それが延々と等間隔で繰り返され闇夜に響きわたる。
両者とも変化のない一定のリズム、音量、音の高低から察するにその位置どころか、顔の向きすらも変えていないのだろう。
あえて理由付けするなら、お互いの集音装置の微調整なのか、あるいは発音の授業中なのか分からないが太古から繰り返されている儀式なのかもしれない。

読みかけの本は山田 和著、「知られざる魯山人」。
魯山人のヨーロッパの芸術家をもうならせた作風と、白洲正子をもってして傍若無人、無知、無教養といわしめ、挙句には周囲に嫌悪感さえ抱かせた強烈な個性との乖離に疑問がわく。
芸術はその人間性に嘘はつけない筈だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

めんこい小鳥

Imgp3192

秋、快晴の太平洋上、釣り船から朝日を眺めつつ、釣り竿を持つ周囲に大きなオオセグロカモメが飛び回る中、追われていたのか薄緑色の野鳥が飛来し愚生の肩、頚にとまり、耳元でパタパタと羽音をたて、続いて帽子の中に入り込もうとしたり、釣り竿にとまったりとご旅行中のしばしの休憩らしい。

Imgp3189

渡りの途中、きっと怖い思いをしたのだろうか、人間を恐れないどころか、逆に人間に頼ろうとする仕草がなんとも可愛らしい。
羽を休める小鳥君のお邪魔にならないように愚生も一時釣りを止め、カメラを向けると色んなポーズをとってくれた。

しばしの間、楽しませてくれ周囲に天敵がいない事を確めたのか、10分後には飛び去った。

さあ、それからが大変、ババカレイが面白いように釣れだし、時には2匹同時に掛かったり大き過ぎて仕掛けが根元から切れちゃう事もあり、餌切れ。

お名前、渡り着くであろう南の楽園も分からない。
所詮、名前、棲息国名など下衆な人間の思いつきにしか過ぎないと自由な天空から言っているのか。

9月26日の出会い、幸運をもたらしてくれた鳥だった!!

Imgp3196

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

生き物の基本

Imgp1754

ドサンコ、何んともひびきの良い単語だ。
この馬は賢い、さらに忍耐強く、耐病性に優れ、服従心があり粗食に耐えうる。
アメリカの乗用馬であるスタンダードブレット、クォーターホース種らの人工的に創られた品種と異なり、運動器システムは合理的に出来ており、体型はすこぶるカッコ悪いが、生物学的にはあらゆる面で優れ、理にかなった馬体を有している。

対極に位置するサラブレットは遺伝学を否定され、’改良’の名目で人間が勝手に創った動物だがそれを無知な競馬評論家等は芸術品などとのたまっている悲しい現実も片方にある。

サラブレット種として固定されて300年位しか経たないが、徹底した競争能力の追求と云う美学のもとに、本来生物としてあるべき、無限に近い遺伝子の選択性を否定される運命を背負っている。

ヒトでは考えられない事だが、無制限に近親交配が行われている。
果たして何処まで許されるのか。

Imgp6440

過去から現在に至るdna2重ラセンの中に含まれているであろう生命に対する負の因子が今後も増え続けたなら数千、数万年後の馬達にいかほどの形態的変化が生じるのか、その危険性を誰も議論しない、或いはあえて避けているのかは分らない。

確かに心肺能力は優れているが、免疫系の数値はドサンコの半分程度であり、継代するに今後、さらに低下する事は十分考えられる、何より生存する為の必要最小限のパーツすら持つ事を拒否されている生物でもある。

植物同様、動物も人手が加わらないと至極丈夫な事は高校生が教わる生物学の基本中の基本だろうが、永年かけて緻密に組織化されたdna配列を変更する事があたかも最先端の学問とする昨今の潮流に対してドサンコは強く警告を発している様にも思える。

サラブレットに限らず数千、数万年後に奇形続出なんて事は想像したくもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

エリモの海の化け物

Imgp1382

南東洋のある漁家で、獲れたてのイカ刺しとビールで一杯やっていた所、そのご高齢のノンベイ漁師の述べ口上がふるっていた。

「灯りを点けて獲るのは、度胸なしの、下手な漁師だ!」、

俺は、秋の凪の夜など、一人で灯りなしで魯を漕ぎ、陸の灯りがあまり見えない沖で、何百パイものイカを釣ったもんだ。

「いいか、その頃は船外機なんてそったらもの、ねいんだ、暗くても明かりは点けずとも見えるもんだ、度胸よ、度胸、男はな!」ときた。

一度、こったらオッカネー事あったんだ、

月も出てない、暗い海でイカ釣ってたら、

「舟の横に、でっかい物が静かに浮き上がってきたんだ!」、

「そりゃー、ビックリしたなんてもんじゃねー!」、

「よく見ると、でっかい亀よ!」と言って、両手を縦、横に広げ、

「背中にフジツボ、海草をつけでっかい岩の様な背中だったなー」。

横で聞いていた祖母さんが間髪をいれず、

『そったら、デッケイ亀、いるわけねー、まったく、この親爺ったら!』
.
.
「ウルセー、オメー、黙ってろ、俺は見たんだ、バッカヤロー!!」
.
.
今から、おおよそ20年以上前、漁師夫婦の自然な会話である。

「誰も信じねぇが、バケモノみていのがいるんだ!」とは、アルコールの入っていない正常??な時の後日談である。

さて、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

エリモの新魚種

Imgp1228

「この刺身、スーラてんだ!」

ス.ウ.ラ?

どうでもいいから、
「ケエ!」、(訳者注:食べてごらん!)

「ウメーベー!!」。(訳者注:美味しいでしょう!)

「この頃、定置にのりだしたんだ」。

真夏の朝の8時、潮焼けした赤ら顔、頭に手ぬぐい姿で何世代も続く東洋の漁師さんからコンブ小屋で、ビールと一緒に勧められたあっさりした食感のお魚さんだった。

横におられた、先代の長老は
「こったら魚、俺は見た事もねー!」と仰った。

愚生、昔読んだ色んな「漂流記」の中に、小さなボート、イカダなどの難破船で赤道付近を漂流していると現れ、周囲をぐるぐる回わり、中には船底をコツンと突っつく事もあり、昔から西洋の船乗りの間では大変嫌われている、南方系のお魚さんらしい。

それが、シーラだと後で分かった。

今から、おおよそ20年以上前のことか、温暖化なんて言葉すらなかった頃である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧