2014年7月24日 (木)

フクロウの嘆き節

1imgp0159
現代人はナイフ一つにも、いかにして切れ味の良いナイフを作るかを競う、しかし近代史よりはるかに長い、数千年に及ぶ縄文時代の初めと終わりに、ナイフの切れ味は変わらないらしい。
技術的進歩は二の次で、一定のコントロール下にて、切るという道具というよりは、フクロウやタカなどを高度にデザインして、食材に命を吹き込むことが主目的であったと、筑波大学の西田正規は文化人類学的視点より結論付けている。
つまり縄文人は技術的な革新を望まない社会、「取り過ぎない」生き方を選択していたという。

なるほどと一人合点がゆく、そんな生活がここ北海道でも数千年繰り返され、やがて農耕技術が入ってくると、それらは途絶え、今のアイヌに引き継がれているにすぎない。

西欧で農耕、牧畜を知ってしまった人間は、規模拡大して森林を焼き払う、次第に組織化され、必然的に優勝劣敗を謳い、勝者のイデオロギーは資本主義だとのたまう、だが資本主義には限界がある。
アングロサクソンは、それだけに留まらず、今度はより露骨に、民族エゴ丸出しの、ずる賢く捻出したグローバリゼーションなる噴飯ものの屁理屈を唱え、さらに一神教に至っては種族エゴむき出しで好戦的になり、世界の勝者を自認して思い上がる。
ついにはあまり賢くないヤクザの常とう手段と同様、難癖をつけてサダム・フセインを殺し、イズラム世界にカオスを巻き散らす等とやりたい放題だったが、所詮は能力の決定的に欠如した為政者に武器、強権力が与えられると、せいぜいこんな無様な傷を残すだけだ。
そんなアングロサクソンは、必然的に莫大な借財を背負い、凋落の兆しは明らかで、ナンバーワンは決して長続きしない、いずれ滅び去る宿命にあることは何より歴史が物語る。、それを知る者はただ怯え、更なる次の一手を考えあぐねている。

Imgp2375
さて、話を北海道にもどす。
北海道でもグランドデザイン、先見性の決定的に欠如した政治、ただ単に生産力だけを求める無思考な大学農学部、さらには無気力、無残な環境哲学を批判した所で今さら手遅れだが、なぜ北海道でも開拓可能な山野を、無制限に、自然を残さず徹底的に切り開く西洋式の手法、思考を取り入れてしまったのかという、原理的問いは残る。

これらはすべて北海道人が躊躇いもなく容認した結果であり、縄文人、アイヌが次世代の為にと残してくれた海山の資源、産物を再生産力を無視して手当たり次第に獲りまくり、資源が枯渇すると、今度は人口減少が勢いよく進み、近い将来、各所にゴーストタウンが出現するという大間抜けな現象は、ヨーロッパ諸島のほぼ無人と化した島々に限らずとも・・・これこそが人間を名のる愚かな生き物の最たる悪業だろう・・・。
加えて将来のゴーストタウンを指摘された田舎に住むご高齢の住民が主張する、さらにダムを造れ、もっと道路を作れと、パラドキシカルな論すらもまかり通る、無秩序な現実も決して笑えまい。

アイヌ民族時代を含むそれ以前のエゾの社会はきっと開発、進歩には疑いを持つ、そんな社会だったのだろう。
還元不可能なアングロサクソン由来の西洋式開拓手法を恨みつつ、深夜、風呂の窓を静かに開けると、静寂の中のフクロウの遠啼きは嘆き節か。

湯船に浸かり、つらつらと、日本の夜風は心地よい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

スーパーサーモンついに登場

Imgp3275

日高山脈の山奥で出会うオショロコマ、イワナの美しさはしばし時間を忘れさせ、下手な釣り師の持つ釣り針にぶら下がった素晴らしい体型、斑文には太古のにおいを感じさせ、気品さえただよう。
同様にバンクーバー湾で釣ったピッカピカのキングサーモン、そして何となくブラウントラウト似のケベックのアトランティックサーモンも夫々美しい魚体を併せ持つがなんと両遺伝子にウナギ遺伝子を組み合わせたお魚さんがアメリカで出現した。

ここ、数日来、同属のサーモンを用いたスーパーフィッシュ登場にアメリカabc worldnewsは、franken-fish登場だの、monster-fish登場の過激な表現で遺伝子組み換え(genetically engineeredまたはgenetically modified)サーモン を取りあげている。

AquaBounty Technologies社の基本作製方法は大西洋のアトランティックサーモン由来の遺伝子を組み換え、それにウナギのanti-freeze遺伝子由来のdnaと、別の無関係な太平洋由来のキングサーモンから抽出した成長ホルモン遺伝子を人工的に結合させたと要約される。

このGE salmonはスーパーサーモンとも呼ばれ成長率は従来のシャケのなんと2倍、生殖能力は欠如、ペンの中でのみ養殖されるらしいが他メディアも揃ってsomething fishy?の大合唱と相成った次第。

211

FDAの法の不整備をかいくぐって飼料効率を追い求めた結果にしても、従来の牛肉、豚肉よりも鶏肉にほうが断然生産コスト安の論理同様に、究極の方法であろう’属の壁’を取っ払って人工的に造られた巨大魚、GEもしくはGMサーモンのご登場にホワイトハウス周辺では反対デモも行われているらしい。

仮に自然界では無害と証明されても、人体に対する確実な無害の証明など到底無理にもかかわらず、なし崩し的に将来FDAが認可すれば天然モノ、養殖モノに加えて遺伝子組み換えモノとでも表示され出回るのだろう。

21世紀以降、人口が100億人を超えるとなればなにやら沢山の怪しげな動植物由来の喰いモノとも共存せざるを得ないのかと少し妥協しつつも、BSEには何故かおおらかなのに対し、GEサーモンには厳しい姿勢で臨む食文化の欺瞞にアングロサクソンは自己矛盾を感じないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

粋だね

Imgp3432

夕陽に眼を細め、堂々と落着き払った態度がなんともにくいではないか。
夜な夜な、我が家の風呂の横で鳴いていた剛の者のはひょっとしてこやつか?
日の高い時はあたかも朝から焼酎でも飲み、惰眠をむさぼる様なお顔が決まっている。

’おい、起きろーっ!!’と一声掛けたくもなる。

時には凛として堂々と、鷹の如く、カーッと眼を見開いている。

南座ではないが、’ヨォーッ、日本イチ!!’とこれまた一声掛けたくもなる。

眼下に、動きまわる与作とご主人様を一瞥、睥睨。

そして又、コックリさん!!

これ以上の駄文は失礼にあたる!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

深夜のフクロウの合唱

1imgp2952

深夜、露天風呂気分で窓を開け湯ぶねに浸かり静かな中で本を読んでいると近くでフクロウが2羽お互い数百メートル位の距離を保って交互に鳴き合っている声が聞こえる。

どうやら一定の決まりがある様である。
まず最初に饗音装置は太く大きいのか、貫禄のあるお声のフクロウがホォーッ、ホッホッと野太く重たい低音を発すると、続いて必ず数十秒後に片方のフクロウが真似て鳴く。
後者のフクロウは発音があまり上手とは云えず、音量に欠け、語尾の発音も不明瞭でまだ一軍登録はむりか。

主導する貫禄のあるフクロウの声は周囲を威圧する様でもあり、その昔、茅葺の家に住んでいたアイヌの人達がカミの鳥と言い表した事も十分うなずける。
又、アイヌの古老はフクロウの近くにクマがいる事もあるよとおっしゃていたが、確かに今、近くの畑にクマが出没しているそうだ。

1imgp2857

愚生が水音を立てると鳴き止め、静かにして暫くすると再び野太いお声のフクロウが先ずはじめに鳴き、続いて若輩者のフクロウがその後に習い、それが延々と等間隔で繰り返され闇夜に響きわたる。
両者とも変化のない一定のリズム、音量、音の高低から察するにその位置どころか、顔の向きすらも変えていないのだろう。
あえて理由付けするなら、お互いの集音装置の微調整なのか、あるいは発音の授業中なのか分からないが太古から繰り返されている儀式なのかもしれない。

読みかけの本は山田 和著、「知られざる魯山人」。
魯山人のヨーロッパの芸術家をもうならせた作風と、白洲正子をもってして傍若無人、無知、無教養といわしめ、挙句には周囲に嫌悪感さえ抱かせた強烈な個性との乖離に疑問がわく。
芸術はその人間性に嘘はつけない筈だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

アイヌと巨木

Imgp0208

加藤周一らによると多神教の根っこにあるアニミズムとやらは森から自然発生的に生じたと推測している様だが、縄文人由来の巨木信仰を生活の中に取り入れてきた長い歴史はここ北海道では否定され、逆に北米に見られる様な一神教のカミサマが巨木を残すといった、おかしな逆転現象に北海道人は恥じを自覚しているのか、それすら疑問である。

古よりアイヌは巨木に神を棲まわせ後世に語り継ぎ、大事に残してくれたにも拘らず、良識ありと自任する善き文明人は西洋の文明なるものが東洋に入り込んだ時から近代化を勘違いしてしまい、100年足らずのうちに伐採し尽くし、取り返しの付かない大失態を仕出かし続けている。

’開発’の美名のもとで古木、巨木の類まで切り尽くし、挙句に田分けな田舎の首長さんにいたっては、近代化の遅れ等と空疎なスローガンを立ち上げ、昔からあった自然林を伐採し、アスファルトで覆った無人の公園を造る事を近代化と勘違いしている。

Imgp0129

イザベラ・バード女史は130年前、北海道のいたる所に自生していた巨木を見て驚き、感銘した事を書き残してくれたが、北海道人はアイヌ文化から何一つ学んでいないばかりか、無関心、無思考に加え政財管の巧妙なプロパガンダに盲従する大衆順応的思考に浸たりきっている。

原因なのか結果なのか、フランスの海洋探検家ジャック・クストーが南洋のとある孤島を訪れた所、極貧の中で虚ろな目をした老人しかいないその島の森林は殆ど切り倒され、はげ山状態であったと象徴的に述べている。

言い古された’やむを得ずの論理’を免罪符に、今以上に実現する便利さとは一体なんなのか。

森羅万象を見極めた古の賢人の英知を否定しまくっている現状にふと溜め息がでる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

静狩峠のイチョウの巨木

Imgp2916_2

北米の山奥にスチール、チヌークねらいで釣り竿を数本抱え、飛行機、フェリーを乗り継ぎ、パスポートを濡れない様しまい込み、ヴァドワイザー片手に山道を車で走ると北海道で釣り慣れた愚生にとって大きな二つの違いが目に付く。

一つは渓水の色が朽ちた古木の木質部から浸み出た?色素にも影響されるのか、薄い褐色化しいる事、そしてもう一点、北米では至る所に巨木が伐採されずに残っている事である。

一本の巨木を残す為、道路を変更する事さえ厭わない懐の大きい、ゆったりした文化が根付いている。アングロサクソンの食に対する欺瞞はさて置き、自然に対する畏敬の念は各所で目にする。

愚生にとって、羨ましい人生を送った旅行作家イザベラ・バード女史を兎角、セクショナリズムに毒されている現代の学者らはやれ民俗学者だの、地理学者だのと、のたまっているが本人が一番嫌っていることを貴本から読み取れないらしい。

Imgp2778

クソ度胸と子供の様な純真なる好奇心、感性に満ち溢れた心を持ち続け、世界中を旅して歩いたイギリス人のイザベラ・バード女史が生まれたのは産業革命後であり、既に近隣ヨーロッパも含めた自然林の多くは伐採され尽くされていた筈である。

女史が北海道旅行された130年前、正しくunbeaten track沿いには各所に大木が生え、素晴らしい手付かずの大自然、及び、数日寝食を共にしたアイヌの様子が生き生きと新鮮な喜びと驚きを持って書かれている。

平凡社出版「日本奥地紀行」の中で函館に到着後、日高の平取を往復した時、例えば、盲人と老人に対する思いやり、いたわりはイギリス人のどんな上品な振る舞いだって、優雅さと親切心では彼らにかなわないと当時のアイヌに付いて記している。

又、題41信、帰路、北海道噴火湾沿いの「礼文華から長万部に至る静狩峠に一本の大きな銀杏の木を見た。高さが地面から3フィートで8本に分かれ、どれも直径が2.5フィート以上あった」と記され、まさに巨木、奇木の類である。

時に女史の脚は鐙から外れ、鞍から後ろへずり落ちそうになりながら、必死にドサンコの尻につかまり、急峻な峠越えした様子等はとても危険だが、自嘲気味に書かれており、騎乗技術は可也のものだったのだろう。

ベットウ(馬子)を一人従えただけのこの逞しき女史の見た静狩峠のイチョウの巨木は果たして131年後の今でも、けわしい断崖沿いの旧道横に生えているのだろうか。

洋上で下手なカレイ釣りを楽しみつつ、木々の紅葉に混じって黄葉が観られれば望外の喜び・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

モデリングとリモデリング

Imgp2110

作り、片方で壊し、その破片を再利用して再び作る、実に見事な再生産方式を日本人は輪廻ともよんでいる。

生体内に限らず、森といわず川といわず、自然界でもありとあらゆる所で太古から繰り返された地球上の大原則であろう。

それをぶっ壊すのが’グローバリゼーション’なる猛毒、大航海時代、もっと遡ればシルクロード時代にも既にあったらしい。
例えば、正倉院御物の中にはイランからの材料も含まれグローバリゼーションは想像以上に古くよりあった事になり、現代人には到底真似出来ない、高度な天平の職人技がイノベーションの結晶として残されており、現代人に出来るかなと問うている様にも思える。

異論はあるにせよ気象学者によれば温暖化は止められないらしい。
地球はやがて、無生物状態になるどころか、生命の痕跡すらなくなる日を一日でも伸ばせというのが今の一般論らしい、だが危機意識がないのも奇妙でもある。

Imgp2112

物理、化学の天才であった天平職人に習い、ドラマチックな防止策が日本から発見されることを人々が期待し又、日本のリーダーシップを世界が期待している今、ドイツのボンで開催された国連気候変動枠組条約で日本が出したCO2削減目標があまりにも低すぎる為、会場はブーイングの嵐であったらしい。

こと温暖化に関しでは会戦前夜である、究極のモデリングとリモデリングが問われているにも拘らずこれが日本の実態である。

バッカヤローと言うのは簡単だが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

イトウ、タイメン、興安マグロ

Imgp2589

日本でイトウ、ロシアではタイメンと称され、釣り師を魅了する所か、釣り師の人生そのものまで変えてしまうお魚さんである。

漫画、釣りキチ三平の矢口高雄さんが中国ハン陽から列車で20時間、農耕車で湿地帯に分け入り、さらに4時間、最果ての川に日本で一番乗りと喜んでいたら、白いあごひげを蓄えた日本人に出会う、それが週刊釣り情報の小西和人であり、イトウを釣っていたとある。(朝日新聞より引用)。
常人では考えられないイトウ釣りの魔力は喩えるなら原理的シャーマニズムに近いものがあるのかもしれない(笑)。

Imgp2421

イトウ釣りでは開高 健が有名だが数十年前、神田古書街で入手した、今野 保著、「秘境釣行記」中公社出版の中にも朴訥な語り口ながら、イトウ釣りの度肝を抜く、凄まじい獲り込みの様子が詳細に紹介されている。

昭和16年、筆者は中国の奥地でどうにか手に入れた綿糸、オモリとなるナット、自製の釣り針、そして餌となるスズメ2羽を袋に入れ一人で馬に乗って深淵のあるハルハ河の支流に向かった。
綿糸を柳の枝に結び待つ事30分、そのスズメを餌にした仕掛けに巨大なイトウが掛かり、釣竿等はなく両手で紐を引っ張るがズルズルと川面に引っ張られる始末、やもうえず近くにいた愛馬の鞍にミチ糸ならぬ紐をくくり付けて引かせ、苦労した挙句にやっと浮いた魚体は2.3メートル位であったが獲り逃がしてしまった。
翌日、筆者は軍隊仲間数名と伴にトラックに乗り込み再度行き、今度は川で火薬を爆破させて浮いたイトウを仲間と伴に危険覚悟で手づかみにした。
捕えた中で最大のイトウは体長2.8メール、太さ2メール、それより大きいイトウは逃げてしまった。
そして脂ののったイトウを皆で刺身にして美味しく食べた。
この巨大魚を中国では興安マグロと呼ぶそうだが、著者には北海道に棲むイトウとしか見えなかった・・・・・以上、要点のみ抜粋。

Imgp2588

昨日の新聞紙上で、「幻の魚、イトウの保護条例が道央の南富良野町で制定」とある。
川を守る事は即ち木を、森を守ること、快挙である。

これが無規制で激減している渓流魚復活にむけた静かな革命のはじまりになればいいのだが。

釣り師は少しだけ、我慢しよう!
2メートル以上に成長する事を夢見て、応援しようではないか!

余談だが、キャッチ、つまり釣る技術以上に、リリースする技術のほうが難しい。
北米のある所では子供に対して、釣り挙げる技術より、針外しの方法、渓流への逃がし方を、そしてクーガ、熊から身を守るすべを最初に教えている。

今、オーストラリアニュージーランドに限らず北米でも在来の大型魚を乱獲から守り、生息数を増やし、世界中の釣りキチが集まって来て、一大産業が成り立っており、ネイティブインディアンのガイドも沢山いる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

アイヌとデルス・ウザーラ

1

昨夜、NHK,BSで放映された、史実を元に脚本された黒澤 明監督の「デルス・ウザーラ」に登場したご老人と、愚生の知っている北海道の昔のアイヌは地理的にも近く、昔から交易もあり、dnaレベルでも近似していて当然だろうが、改めて習慣も含めて、酷似している事に驚いた。

ソ連のシベリア沿海州に住み、天然痘で家族を失い、天涯孤独で、奢らない、朴訥、無垢な猟師のデルス・ウザーラが持つ研ぎ澄まされた五感、経験論をベースとして展開している。

北海道のアイヌも同様に、その昔は純朴そのもので、結核の集団感染もあり、悲惨な生活史も一部にあったが、大変優れた狩猟本能を持ちあわせている。
例えば狩猟の際、和人らが何人掛かっても捕獲出来ない熊を一人で単発銃一丁かかえて射止める能力、勇気があったと聞いている。

似たお話をアイヌの長老から伺った事がある。
真冬に、一人で雪深い山奥に入り、捕えた獲物だけで喰いつなぎ、数ヶ月後、沢山の毛皮と干し肉を引っさげ悠々と引き返して来る、たくましいアイヌが実際にいたというから日高版デルス・ウザーラである。

新田次郎著、「八甲田山死の彷徨」でも紹介されている遭難の際には、極寒、大雪の中で救出は困難を極めたらしいが実際に川水に浸かり、捜索したのは渡島から行った北海道のアイヌだったという記録も残っている。

Imgp9175

故黒澤 明監督の好きなキーワードである、火、風、山を人に喩えて表現していたが、それをアイヌは神に喩える独特な世界観がある。

先住民族の生活慣習を単純に、アニミズムだの、縄文文化などと言い表してしまっている、えせ文化人類学者らの活字が、時に誤った差別感情を助長している馬鹿げた図式も御地には見え隠れしている。

せめて北海道に住むアイヌの方々に、鹿猟、熊猟、鮭漁くらいは開放してもよいのではないかと、ふと考えもした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

エリモのウニ

Imgp1436

ウニ喰いたいな、ばあちゃん、

ウン、じゃー、明日来い、採っておてやる!

翌日、ウニが溢れんばかりに入っているカマス袋が、馬屋の入り口に無造作に置かれてあった。
.
貧乏学生時代からの夢、
一度でいいから取立てのウニを割って食べてみたかった。

馬のウンコの様なウニの殻を割って、ドンブリ7-8杯分を取り出すのに暫らく時間がかかったが、

ワサビ醤油をドンブリに上からぶっかけ、夢の様なおもいで一杯目!

勢いでガバガバと二杯目!

惰性で三杯目!

.

無理して四杯目!

.

五杯目、......見るのも嫌になっちゃった!!

20年位前、東洋の、海の見える丘の上で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧