2011年7月30日 (土)

ある老漁師さん

Imgp3679

ご無理をお願いし、漁師の刺網漁に同船させてもらう。
この船頭さん、一年のうち休むのは元旦のたった一日のみで、とにかく一人で海に出ていなければ気が済まないご高齢の寡黙な人である。
深夜に出港、数十分で漁場に到着の後、前日に仕掛けておいた刺網をドラムという巻き上げ機でどんどん引き上げにかかる。
この夏の時期はマカジカ、マカスペに混じりカレイ類ではマツカワが結構掛かっている。

そのマツカワは大きなものでは60cm前後の♀魚とペアでふた周りほど小ぶりな♂魚が刺網のほとんど同じ部位に引っ掛かって上がってくる。
こんな大物が釣竿に掛かればなんて妄想を抱きつつただ見させて頂くだけだがたまらなく面白い。

くわえ煙草で背筋をピンと伸ばした老船長は時々ドラムに掛からない大物を目の前で獲り逃がしてしまっても、また大きな横波をくらっても平然と作業を続行する姿に何十年と一人で体を張って勝負し続ける、北海道の漁師の男臭さが何処となく漂う。

3・11東北地震の時、当然ながら太平洋に面したこの漁港にも大津波が襲来したそうで漁港に停泊していた自船を沖へ向かって避難するのがあと数分遅れていたならこの船もろともやられていたと独り言の様に仰られていた。

漆黒の中、ただ黙々と続く刺網漁の後姿に命がけの仕事につく人間のみが持つ深い味わいはそうそう陸の上では見られそうもない、昨今、日本人は自信喪失、更にはさい疑的でニヒリズムにおちいり、時に未熟化してゆく中でほっとする人に出会えた。

Imgp3668

夕食のマカジカの三平汁は正に最高、日本人に生まれてよかったと感謝する一瞬でもある。特にマカジカの肝は鮮やかなミカン色を呈し、腫大しているのか、或いは天然の脂肪肝なのか、とにかく比類なきお味である。

病的なまでに食意地の張ったフランス人は悲しげなガチョウに無理やり不味い高カロリー餌を過食といよりは飽食させて人工的に脂肪肝を発症させる。それが若しや肝機能障害を合併しているのではという疑いが払拭できない食材にフォアグラがある。

愚生の貧弱な舌ながら頂戴したカジカの肝はフォアグラの比ではない、食感共々正しく絶品であり、第一級の食材であるのは間違いないだろう。
「ウメーゾ、喰ってみろ!」と朴訥な一言は大いなるプライドの裏返しでもある。

Imgp2408

暗闇の中、左舷側上方に設置された照明が煌々と照らす中、時おり飛沫と一緒に浮かび上がる船長の顔の輪郭は一瞬、レンブラントの光の部分を彷彿とさせ、ヘミング・ウェイ/Hemingwayがカリブの海に登場させた老漁師サンチャゴを想起させるには充分であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

生物学と医学のはざまで

Imgp2348

心移植の和田寿郎教授訃報を耳にし、今更口はばったいが生物学のはしくれに医学はあり、医師は医学者である前に生物学者であり、「人間学」を忘れてはならない事は科学者に限らない。

二つの生物体を止むを得ず一つにする時、当然ながら第三者を含む誰が見ても納得できるdonorの確実な死の証拠は大前提であり、若しそれがなければ殺人である。この単純な理屈をうやむやにして仮に成功したとして最大の被害者はdonorであり、又recipientも一生涯与えられた生命に疑問を持ち続けるのだろう。

1968年に行われたこの心臓移植という壮大な生物実験の後、生命のrespectを謳っているはずの札幌医大は組織ぐるみで証拠を隠蔽し、さらに小説「ダブルハート」、「白い宴」で学内より問題提起した当時の渡辺淳一医師を追放してしまった。

また和田寿郎教授は情けない事にその後の調べで移植に必須な免疫学の基本知識を欠いていた事が判明、従って免疫抑制剤すら知らずに心臓移植を行った事になる。その後、言を左右にして惨めな逃げの姿勢をとり続け、責任転嫁ともとれる行動を繰り返した。

Imgp2004

donor、recipient共々和田教授に執刀されずに別の治療法を選択したなら健康な人とほぼ同じ人生を歩んだ筈と多数の専門医の意見がある中、札幌地検、札幌検察審議会は殺人罪で起訴すべきものを証拠不十分として猶予してしまい、遂に和田寿郎教授は日弁連からの警告書一枚のみで逃げ切った。

donorは自発呼吸を行い、血圧は安定、瞳孔反射も正常にあったと各資料に残っており、特に初診の小樽病院では札幌医大に緊急輸送するほどの急を要する症状はなかったと担当した勤務医、救急隊員等の証言からも、札幌医大のプロ中のプロといわれた経験豊かで優れた専門医師団がどう常識的考えても生存の可能性大なる事を判らない訳がない。
つまり素人ですらも分かるdonorの生きているsign、言い換えるならdonorが必死で訴えた生還出来うるsignを無視して和田寿郎及びその心臓移植医師団は冷酷、無慈悲にも心臓を摘出したことになろう。
他にも多々疑わしい事実はあるが、この弁解の余地のない手術一つとっても現在の裁判員制度では明らかに有罪であろうし医師免許剥奪の可能性もあった筈である。

生存の可能性のあった生体にメスを入れ心臓を取り出す手術に和田寿郎教授並びにその医師団の誰一人として疑問を感じなかったとは絶対に言わせない。

Imgp2566

テクニッシャンが時に陥りやすい功名心、幼稚で浅薄な目立ちがり屋的心情が加わると往々にして発症してしまう病的な所業に対して和田寿郎は晩年、医の理念と心静かに向き合ったのであろうか、強弁を繰り返すのみで人としての精神世界、深い洞察を含んだ声はついに聴く事はなかった。

大変失礼ではあるが和田寿郎はどう客観的に見ても一犯罪者にしか過ぎない。

なにより医学の為に生物学があるのではない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

名もない温泉

Imgp8416

流れ込む無色透明の自然湯から析出された湯の花から勝手に想像するに鉄分、石灰、珪酸を含み、若干の硫黄臭は酸性なのか、その湯に浸かりながら地元漁師さん等と釣り談義もまた良い。

恵山御崎漁港に面した無看板の温泉小屋から対岸の青森尻屋岬の眺めは正に絶景でカナダ国境沿いから南方に眺めるシアトルに似ており、漁村に漂う硫黄臭は南十字星を眺めながら浸かったrotoruaの露天風呂を彷彿とさせる。

先ほどまで使っていたサクラマス釣り用のマスシャクリ仕掛けに談が及んだ所、同湯していた地元の老漁師も会話に加わり、
「俺等はテンテンと言うんだ、戦後、この町の花田民乃丞(民之丈?)という人が刀掛けの鹿の角を用いて造り、その結果が良かったので皆真似たんだ」と教えていただく。

聞くに、釣り竿を用いず腕の上下運動だけで行うそのマスシャクリ仕掛けに隠された臭い、形状、動作、色彩等は究極に凝縮されたオリジナリティの塊である事、また恵山の漁師等は各々自作し同じ物は一つとしてない等々楽しい釣り談義であった。
アングロサクソンが考案したとされる現代のルアーに比べてもはるかに深淵で、尚且つ芸術性を併せ持つ一品に日本人ならではの英知、技が見て取れる。

このマスシャクリ仕掛けは従来、日本海沿岸の何処かの漁村で考案されたとも噂されていたがひょっとして恵山御崎が発祥の地であるのかもしれない。
又、この仕掛けにやや重量感を持たせると南半球のヒラマサ釣りにも充分対応できるのではないかと一人合点がゆき、来年の宿題が一つ増えた。

1imgp3526

漁港に面したこの名もない温泉も夕刻になると地元の老若男女が一つしかない小さな湯ぶねに浸かり、暫し交流の場になるらしい。
今でも北海道の片田舎にこんな素朴でゆったりと時間の流れる所がある。我々現代人が忘れてしまった大事なものがこの小さな漁村には残っている、これが本来の秘湯なのかもしれない。

自利があたり前になってしまった今、世知辛く変性してゆくのが近代の宿命とは思いたくもないが、ひょっとして日本人はまだ失っていないかもしれない利他の心はこんな所から生まれたのか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

毛蟹の密漁

Imgp3355

数日前、船上でのほほんと釣りを楽しんでいた所、棘のある小さなカジカに混じって毛蟹が引っ掛った。よく見ると釣れたと言うよりは不真面目な釣り師にほったらかしにされた餌のエラコにちょっかいをだしたカニさんのはさみが絡まったみたい。

カニといったなら二人の巨匠が思い浮かぶ。
まず魯山人、ある意味一休と森侍者の関係の如くと言ったなら大げさにしても、蟹を食材、画題として好んで用いたとされ、その今に伝わる活々し、かつ飄々とした優れた陶器はまさに垂涎もので上等品はもはや愚生の手の届くところにはない。

かたやチビでギョロメのラッキョウと呼ばれた男がいる。その青っちょろい虚弱な若僧は天皇の軍隊に入隊する為の徴兵検査会場で仮病を演じ、期待した通りの不合格通知の後、父親の平岡 梓とともに脱兎の如く逃げ帰った光景とその対極に作家として成功した後、体を鍛え直し、自衛隊へ体験入隊、挙句にテレビカメラを用意させシナリオ通りに人生を閉じる劇を演じた相反する二つの光景を有している。

Imgp0543

遠い過去からのあまりにも奇異な儀式を想わせ、それ以降変遷するであろう思考を断絶させる無意味な生態をある人は茶番劇といい、ある人はエロスと言い切っていたが所詮評論家なんて気楽な商売でもある。

よく金箔付きの臆病者と揶揄されたご当人にとって蟹は何故か特別に恐ろしいらしく、しかも半端な怖がり方ではないらしい。澁澤龍彦は作家と蟹の間にその文学性のヒントがあるなどとあたかも正解があるらしきこと書くから読者はますます分からなくなる。

南半球、北島のパヒア(Paihia/NZ)の蟹、或いはシドニーの魚屋さん、大西洋岸メリーランドのBaltimore、NYのイタリア人街界隈で見かけた青っちょろい蟹、バンクーバーの港にいる黒い蟹、エリモの毛蟹も含めて愚生には形態の違いだけで単なる食材にすぎない。

エリモ岬の漁師はカニをガニと呼び、獲りたて、茹でたての大鍋に山盛りにされたガニを漁師の作業小屋から出してきて「ケエ、ウメーゾ」とよくすすめられた。
贅沢といえばこれ以上のものはないと思いつつ、もしも天才がエリモで生まれ育ったならもちろん都市の雑踏、フラッシュ、派手な商業主義もない中では衆目を集める行動も必要なかっただろうし、悪趣味な贋作も必要なかったに違いない。

日本人の幾人かは嫌い、大方は好んで読んだが時代を見抜いた鋭い切り口を活字に置き換える一連の作業にも満足し得なかったのか、或いはその創作力に陰りを感じたのかは分からない。
作家として名を成したことは所詮、薄い紙っぺら一枚に肩書きが一行増えた程度のものだったのか、突如としてどっからか拾ってきた天皇主義のおいしいところへとぶっ飛ぶ摩訶不思議な行動をして、精神病理医より自己愛性人格障害という立派な診断名を拝受している。

Imgp3235

生理と病理の間にある垣根を飛び越えたにしても又、如何程の副題が用意されても思考回路の根っ子に井戸のカエルの騒々しい論議の如く、生い立ち、嗜好、太宰 治、川端康成・・・を無理やりご登場願い論ずることはある意味、簡単であろう。

帰宅後、逃がさなければならない事を知ったが、愚生如きにはいまだその精神性に納得のゆく答を出せない40年前の宿題である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

スーパーサーモンついに登場

Imgp3275

日高山脈の山奥で出会うオショロコマ、イワナの美しさはしばし時間を忘れさせ、下手な釣り師の持つ釣り針にぶら下がった素晴らしい体型、斑文には太古のにおいを感じさせ、気品さえただよう。
同様にバンクーバー湾で釣ったピッカピカのキングサーモン、そして何となくブラウントラウト似のケベックのアトランティックサーモンも夫々美しい魚体を併せ持つがなんと両遺伝子にウナギ遺伝子を組み合わせたお魚さんがアメリカで出現した。

ここ、数日来、同属のサーモンを用いたスーパーフィッシュ登場にアメリカabc worldnewsは、franken-fish登場だの、monster-fish登場の過激な表現で遺伝子組み換え(genetically engineeredまたはgenetically modified)サーモン を取りあげている。

AquaBounty Technologies社の基本作製方法は大西洋のアトランティックサーモン由来の遺伝子を組み換え、それにウナギのanti-freeze遺伝子由来のdnaと、別の無関係な太平洋由来のキングサーモンから抽出した成長ホルモン遺伝子を人工的に結合させたと要約される。

このGE salmonはスーパーサーモンとも呼ばれ成長率は従来のシャケのなんと2倍、生殖能力は欠如、ペンの中でのみ養殖されるらしいが他メディアも揃ってsomething fishy?の大合唱と相成った次第。

211

FDAの法の不整備をかいくぐって飼料効率を追い求めた結果にしても、従来の牛肉、豚肉よりも鶏肉にほうが断然生産コスト安の論理同様に、究極の方法であろう’属の壁’を取っ払って人工的に造られた巨大魚、GEもしくはGMサーモンのご登場にホワイトハウス周辺では反対デモも行われているらしい。

仮に自然界では無害と証明されても、人体に対する確実な無害の証明など到底無理にもかかわらず、なし崩し的に将来FDAが認可すれば天然モノ、養殖モノに加えて遺伝子組み換えモノとでも表示され出回るのだろう。

21世紀以降、人口が100億人を超えるとなればなにやら沢山の怪しげな動植物由来の喰いモノとも共存せざるを得ないのかと少し妥協しつつも、BSEには何故かおおらかなのに対し、GEサーモンには厳しい姿勢で臨む食文化の欺瞞にアングロサクソンは自己矛盾を感じないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

思想がない

Imgp3228

大岡昇平が名付けたのか、青山学院の一場面で、女史は’思想がない’とジィちゃんに罵られた。そしてジィちゃんは具体例を女史に見せた。
それはみすぼらしい、薄汚いアパートに住む身の回りのことなど一切無関心でひたすら金をためる事に集中している守銭奴の金持ちマダムを引っ張り出した。
6畳か、8畳一間に小さな台所が付いていたが野菜などは置き場がないので各部屋の前の廊下に置かれていたらしい。
そのアパートの住民でもあったジィちゃんはその金持ちのマダムが廊下を通る時、各々の部屋前に置かれた葱を少しずつ抜いてゆく、要は盗む様子を隙間から女史に見せた。
「あれで今夜のお惣菜ができるんだ、思想とはこういうものだ、わかったか」と。

その後、くだんのマダムは病気で寝たきりの植物人間になったが算盤だけはしっかりしており今でも銀座にバーを何件も経営している。

以上、森 孝一著、ジィちゃんこと「青山二郎の素顔」のなかで白洲正子女史が語っている有名な一場面だ。

また、白洲正子著、「いまなぜ青山二郎なのか」では後々、巨匠と呼ばれる小林秀雄、中原中也、河上徹太郎、柳宗悦らがまだお尻が青い頃の事を鋭い視線で見抜き、そして’思想がない’に対する考察をあえて惚けた風にも読み取れる文章が何ともにくい。

天才、青山二郎に師事し、胃潰瘍を患いながら、懐が深くなった韋駄天お正女史もやるもんである。

深い、

どうだろう、鳩山兄弟?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

あるアメージンググレース

Imgp2162

大方の日本人が思い描く清教徒、ピューリタンとは17世紀、新世界に旅たった質素、無垢にして神の下の平等を説く、宗教心の清い人々、といったものか。
しかし、新大陸に入植したピューリタンの多くは「邪魔なインディアンは悪魔が創作したもの」と考え、それを抹殺する為、なんら躊躇いもなく天然痘に汚染された膿汁、痂皮を毛布にすり込み、ばらまき、そして理想郷を造った。

ナチのホロコーストはそのメソッドに選択肢は色々あったみたいだが、こちらは単純にして簡便、しかしご本人自らも感染し、返り討ちに会ってしまった。

一方、ここ北海道でもアイヌ語の’ぱ’(pa)は痘瘡、つまり和人が持ち込んだ天然痘(イモガサ)を指すことが知里真志保、J・バチェラーらのアイヌ語辞典にも記載されており、恐れられていた伝染病だったのだろう。

実際、種痘摂取の際にアイヌの中には山奥に隠れた者もいたと「静かな大地/花崎皋平著」には書かれているが、人痘法ではなく牛痘法だったはずである。

1imgp7861

後の1857年(安政4年)、函館奉行所の調査役、水野正太夫持場種痘済み候人数調書によると、志津内場所675人中437人種痘相済みで、実施率は68%と記されている。
<アイヌの国から/鷲塚鷲吾朗の世界 藤本英夫著>より引用

ピューリタンの隠れた残虐性、おぞましさは、今に通ずる民族のプロトタイプを見る様でもあり、「天然痘は神が与えてくれたアメージンググレース」と考え、そして割りきれるアングロサクソンに、唯一にして絶対神は存在しているのか。

或いはピューリタンという仮面の整合性の問題なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

イエローカード必携の頃

Imgp2566

中川五郎次の持ち帰った天然痘予防に付いて書かれた露語の種痘書は日本幽囚記byゴロヴニンの翻訳者でもあった馬場佐十郎の翻訳で「遁花秘訣」と名を変えるが、その原因を本書にはなんと書かれていたのだろうか。

1970年代に入り、ウィルス学が急速に発展するとその痘瘡苗に抗原として用いられたウィルスは、天然痘ウィルスと同属で、極近い牛痘ウィルスと考えらるようになる。
やがてそのウィルスは遺伝子配列よりまったく別ものとされ、今では自然界で野ネズミの間で継代されているらしいワクチニアウィルスと理解されている。

NY9/11以降、バイオテロの筆頭に上げられる天然痘に対する抗体作成にあたって、より安全性が高く、より強い免疫力をもつ改良型のワクチニアウィルスが再登場、またベクターの中には抗原遺伝子を複数作製する事が可能で、エイズワクチンとなりうる可能性も秘め、今ではバイオの世界で一躍、ヒーロー的ウィルスでもある!!

Imgp1473

昔の海外旅行は種痘接種を証明するイエローカード/国際予防接種証明書は必携であり、直前に決まった時などは急いで近くの検疫所に行き、接種してもらった記憶がある。
繰り返しになるが当時はまだ接種する側、される側共々、牛痘ウィルスと考えられ、それを信じた者、或いは信じなかった者も救われた時代であった。

ジェンナー、そして中川五郎次らは疫病に何某かの精神性を加味して考えていたのか。
それがナノの世界のウィルス戦だと知ればさぞかし驚く事やら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

おぬし、なかなかやるのー

Imgp1453

日本幽囚記、下巻、ゴロヴニン著、井上 満訳の中に艦長リコルドの手記がある。
お互いに大将と呼びあった高田屋嘉兵衛とリコルドのそれぞれ命、国運をかけた交渉事が最大にして、最高の読み所だろう。
司馬遼太郎も「菜の花の沖」執筆にあたり穴が開くほど読んだに違いなく、嘉兵衛に惚れ込んだのだろうか。

文中で1807年、エトロフ島で捕らえられ、シベリアに連行された船持ちとして登場する、良左衛門(レオンザイモ)という日本人がいる。
高田屋嘉兵衛はリコルドへ「良左衛門とは五郎次の事でアイヌの娘と一緒になった南部藩出身の門番で、船持ちではない」と説明している。

彼はオロシアに5年間拘束の後、日本で幽囚されているゴロヴニン艦長の交換要員として副艦長リコルドの船に乗せられ、再びエトロフ島の背信湾(泊湾)に連れて来られ、日本の島守とリコルドの交渉役として数回、露船ディアナ号と島の間を往き来させられ、最後に本船には戻らず、姿を隠してしまう。

ところが、後に松前藩で中川姓を給わり、オロシアで習い受けた種痘法を道南の大野の牛を用いて実施したらしい。
まず健康な牛に植付け、その痂皮より採取したワクチンを用いて函館、松前あたりで接種し、成功したと史書に記載されている。事実、明治初期に中川五郎次より直接接種された函館のお婆さんの明確な証言もある。
同時期、シーボルトも日本へ牛痘株を何度も持ち込み、種痘接種を試みているが、こちらはウィルス量の違いなのか、失敗している。

Imgp1732

ただ大きな疑問もある。
成功した中川五郎次はいったい痘瘡の苗をどのようにして見つけ、或いは入手したのか史書には書かれていない。

日本に公式に種痘が伝えられたのが1849年、そして緒方洪庵の除痘館開設より20年以上前、歴史のいたずらなのか、偶然、幸運の連続で奇跡的に死の淵より生還の後、北海道の片田舎での快挙、凄っごい男がいたもんだ、但し医者ではない。

ちなみに接種料金は2分、もしくはそれ以上とある、現在に換算すると間違いでなければ3万円以上となる。難しい定めなど必要ない時代、松前藩のお殿様より褒められたかな?

なお、文中には狡猾でしかも依怙地な良左衛門(レオンザイモ、五郎次)とオロシア側からの視点で人物像が表現されている。

私見、本邦では名誉回復があって然るべく申し上げ候成!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

二つの'J'

Imgp3332

内村鑑三が洗礼を受け、理想郷と信じていたアメリカに行き、目にしたのは差別、拝金主義、その現実に落胆しつつも、新渡戸稲造と同じく二つの’J’、つまりJesusとJapanを掲げて活動、新渡戸は後に「武士道」を発表する。

映画ベンハーでユダヤ人の主役Judah・Ben-Hurはジュダ、またはユゥダと呼ばれ、民族による発音の微妙な違いを正確に使い分けている。
ラストシーンでユダヤ人のキリストがゴルゴダの丘に連れてゆかれる時、ローマ人、ユダヤ人、アラブ人らの嘲笑、悲嘆など入り混じった豊かな表情の違いがとても印象的であった。

ところ変わって、日本海軍に攻撃された歴史を持つオーストラリアに行けば’J’の趣旨はまるっきり異なる。特にシドニー界隈で稀に見聞きする日本を卑下した韻語、落書きとしての二つの’J’はどうやらJapan&Jew<J&J>らしい。

それがオーストラリア環境保護団体等の演じる、幼稚でコミカルな反捕鯨運動とリンクするのか、否か判らない、しかし根底には侮蔑を込めた人種偏見を含んでいるのは明かである。

Imgp2185

日本捕鯨船が南洋で晒し者にされているにも拘らず、日本政府の及び腰の対応に忸怩たる想いを抱くのは愚生だけではあるまい。
病的なまでにナショナリズムを抑制しようとしているのか、或いはクジラ如きととらえ、主権の侵害がやがて放棄にも繋がりかねない状況ながら、毅然とした態度を示さない政治手法、加えてチャランポランな鳩山首相自らが「私はクジラを食べない」などと全く余計な軽口なども敵を利するだけで、そこから得られるものは何かあるのだろうか。

逆に曖昧で弱腰な'Jap'と見られた結果、理解困難なヒーロー気取りで、カルト的なシ-シェパードとやらの職業化したパフォーマンスは年毎に、より過激化、遊戯化ているのも事実であろう。

もうひとつの'J'は敵対する隣国の人口密集市街に平気で強力なミサイルを叩き込む事すら是とする、生き残らんが為、ラディカルなナショナリズムが生命線の国でもある。

イスラムの命は勿論だが、クジラの命も次第にナショナリズムというフィルターを通して見るようなご時世、しかもオージー、キューイの愚かなフィルターは徐々にぶ厚くなりつつある。

ここは日本国家として、厳格で凛とした主張、対応を見てみたい。

勿論ナショナリズム抜きで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧